マイナンバー制度とは?おさえておきたい3つのポイント

shutterstock_157833014済

2016年からマイナンバー制度が導入されますが、その詳細について皆様はご存じでしょうか?
本記事ではマイナンバー制度についてその仕組みや特徴、メリットについて説明していきます。

スポンサーリンク

1.マイナンバー制度とは?

全国民に12桁の番号が与えられる

マイナンバー制度は住民票を持つ人全員に12桁の番号を与える制度です。

日本国民であれば誰でも居住する自治体に住民票を持っているため、全国民に12桁の番号を付けるということになります。

この番号は原則として一生涯を通じて変更されないようになっています。

そのため、付与された番号は死亡するまで使うということになり、このマイナンバーを使うことで、行政上のサービスを受けたり手続きをしたりする際にスムーズに事を進めるようにする目的で導入されることが決定しました。

いつから始まるの?

2015年10月に、郵便局の簡易書留で居住する市町村から、自宅にマイナンバーを通知する書面が送られて来るようになっています。

この時点では自分の番号を知ることができるだけで、まだ使用することはできません。

2016年から税金や社会保険の手続きなどで、実際にマイナンバーを使うことになります。災害対策などでも使用することを予定しているため、マイナンバーを通知する書面は、紛失しないように大切に保管しておきましょう。

2.マイナンバー制度によってどうなるの?

個人番号カードの交付を受けることが可能

マイナンバー制度が始まることで、同時に個人番号カードの交付も開始する予定になっています。

これは、顔写真付きで住所や氏名とともにマイナンバーを記載したカードです。ICチップが埋め込まれており公的な機関が発行しているものであるため、身分証明書として使用することもできます。

この個人番号カードの交付を受けるには市町村に申請をする必要があります。2016年1月から申請の受付を開始するため、必要だと思う人は申請しておくといいでしょう。
また、住基カードと個人番号カードを両方持つことはできない仕組みになっており、住基カードを持っている人が個人番号カードの発行を受けた場合は住基カードを返納しなければなりません。

行政手続きがスムーズに

行政手続きを行う際には、これまでであれば本人確認書類のコピーを提出したり、住民票の写しを取ったりしなければならないことが多く、面倒で時間がかかりました。

しかし、マイナンバー制度が導入されてからは、12桁の番号で個人を識別できるようになることから、手続きを簡素化することが可能になります。

揃えなければならない書類の種類も少なくて済むことになり、一般の人にとってはこれが一番のメリットだと言えるでしょう。


スポンサーリンク

 

3.知っておきたいこと

勤務先や銀行、証券会社などもマイナンバーを取り扱う

マイナンバー制度は、税金や社会保険の手続きで使用することから、取り扱うのは国や自治体のみと考えている人もいるかと思います。

しかし、源泉徴収を行い年末調整において企業が従業員の所得税の手続きを行っています。

外部の業者に報酬などを支払った場合には支払調書を発行して、源泉徴収をします。証券会社なども特定口座を使用している人に関しては源泉徴収をしています。

こういった形で、民間業者も税金に関する業務を行っているため、マイナンバーを扱うことがあります。ただ、不当な使用は法律で禁止されており、業務を行う上での必要最低限での使用のみ認められています。

個人情報の閲覧履歴は自分で確認できる

マイナンバー制度の導入にあったって、多くの人がプライバシーはきちんと保護されるのかということが気になるようです。

そのため、自分の情報が閲覧された履歴とその目的を記録して、本人がインターネットでいつでも確認できる仕組みになる予定です。

もし、誰かが正当な理由がないのに、自分に関する情報を閲覧した場合には、それがすぐに分かるようになっています。そのため、不安な人は小まめに確認するようにしましょう。

 

あとがき

マイナンバー制度が導入されれば、時間のかかる手続きが簡素化されて便利になります。しかし、その反面でプライバシーに関して不安が残るという人もいるでしょう。制度をきちんと理解して、プライバシーを守りつつ、便利な制度として利用しましょう。以上「マイナンバー制度とは?おさえておきたい3つのポイント」でした。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

housyoku

housyoku

資産運用・税金についてレポートしています。 資産運用や税金といったイメージのしづらい難解なキーワードをわかりやすく、丁寧に伝えていきますのでどうぞよろしくお願いします。