企業型と個人型どちらがいいの?確定拠出年金を比較してみた

shutterstock_199922927済

確定拠出年金は、企業型と個人型があります。選べるとしたらどちらに入るほうがいいのでしょうか?実際にはこの2つにはケースバイケースで同時に入ることも可能ですが、本記事では2つの違いや入るべきタイプについて解説していきます。

スポンサーリンク

1.ご自身の年金の状況を確認しよう

確定拠出年金は、サラリーマンだと仮定して今勤めている企業がどんな年金制度を採用しているのかを知ることから始まります。

確定給付型の企業年金を採用しているところであれば、会社のほうで全て掛け金をかけており、年金資産の運用管理も全てお任せになっています。その場合は条件付きで確定拠出年金に入ることができます。

自営業者や年金制度のない会社に勤めていれば、個人型の確定拠出年金に加入するほうが将来は何かと有利になるかと思われます。

2.企業型確定拠出年金について

企業型確定拠出年金は、確定拠出年金を実施している企業に入社すれば、加入することができます。

掛け金の上限が決まっていて、企業年金を実施していない場合は、最大で月額55000円となっています。企業年金を実施している場合は、月額27500円です。

ただ、お金を出す人は会社になっていますので、給与天引きといった形での拠出になります。企業によって全員加入する場合と希望者のみが加入できる場合があります。またマッチング拠出も新たに始まり、利用者も400万人以上になっています。


スポンサーリンク

 

3.個人型確定拠出年金について

個人型確定拠出年金は、自営業者や企業年金に入っていない会社の従業員が対象です。公務員や専業主婦は入れない場合もありますので、確認しておましょう。

掛け金の上限額は、月額68000円です。企業年金がない場合の会社の従業員は、月額23000円が掛け金の上限額です。

個人型の場合は全て掛け金を自分で出さなければなりません。そのため、加入者は15万人程度とかなり少なくなっています。加入義務もないことから、制度のことを知らない人や入っていない人のほうが多くなります。節税目的で加入する自営業者も多いようです。

4.退職時や転職時の企業型確定拠出年金の取り扱い

企業型確定拠出年金は、退職時や転職時に少し取扱いが複雑で予想もしなかったことが起こることがあります。

例えば、会社の在籍期間が3年未満であれば、運用していた確定拠出年金が自分のものとならず、会社に取り上げられてしまうこともあります。これは退職金制度と同じようなものです。

自分自身で掛け金を出していたわけではないので、仕方のないことですが運用がプラスになっていれば、個人の持ち分になることがあります。転職時や退職時は、移管を行ったり、脱退一時金の請求を行うことになります。

5.転職後、再び雇用される場合の注意点

一度、企業型確定拠出年金に加入し会社を辞めたり、自営業者で個人型確定拠出年金に加入した後、再び厚生年金基金などが存在するような会社へ転職することになった場合、確定拠出年金は移行することができないという問題点があります。

このケースでは、転職先の厚生年金基金などに加入することになり、確定拠出年金の追加での入金ができなくなります。その代わり運用指図を行います。しかし、口座管理手数料はいくらかかかります。節税効果も使えなくなりますので転職時には要注意です。

あとがき

企業型と個人型の確定拠出年金について詳しくみてきました。今の加入している年金制度の状況をしっかりと確認し、確定拠出年金なのか、従来の確定給付年金なのかによっても対応が変わってきます。また、自営業者で転職の予定がないなら、個人型確定拠出年金に加入することも考えてもいいでしょう。以上「企業型と個人型どちらがいいの?確定拠出年金を比較してみた」でした。ここまでご覧頂き誠にありがとうございました。

投稿者:

masariya

masariya

投資・実物資産・貯金・預金についてレポートしています。 投資は情報戦、皆様が得したと感じてもらえるような情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願い致します。