増え続ける消費税の使いみち4選

shutterstock_146163374済

2014年4月に消費税率が5%から8%に引き上がり、さらに、2016年4月には、8%から10%に引き上がることが決定しました。
本記事では家計に影響のある消費税の増税分の使いみちについて説明していきます。

スポンサーリンク

1.基礎年金の安定財源

消費税の増税分は、ほとんどの部分が、基礎年金の国庫負担割合の引き上げに伴う財源の補填になります。

基礎年金とは、通常の会社員が加入している厚生年金や公務員が加入している共済年金の基礎部分の事を言います。
この基礎年金の財源が不足しています。

これはなぜでしょうか?

それは2004年の法律改正前は、全国民に対する基礎年金の国庫負担割合は3分の1だったのですが、平成21年度の法律改正により基礎年金の国庫負担の割合が2分の1に引き上がることになったのです。

よって将来の年金の仕組みを維持するための部分に使われることになります。

ご存じのように、日本は世界に類を見ない高齢化社会に突入しています。高齢化による社会保障費が自然に増していくことが予測され、この支出負担にも、消費税の増税分が使われます。

消費税率が10%に引き上げる際も、増税部分のほとんどが、この基礎年金の国庫負担割合の引き上げに伴う財源の補填と高齢化による社会保障費の支出負担に使われる予定となっています。

2.子供・子育て支援制度

消費税の増税分は子供・子育て支援制度目的として使われます。

少子高齢化時代の今、必要なのはこの子供・子育て支援制度目的ではないでしょうか?

なぜなら、若者が高齢者を支えなければならないからです。子供・子育て支援制度の具体的な使い途は、量的拡充と質の改善になります。

量的拡充とは、認定こども園や保育所、地域こども、子育て支援事業の量的拡充になります。お子さんをお持ちのかたにとっては、この問題は切実ではないでしょうか?

また質の改善とは認定こども園や保育所で働く職員給与の改善や小規模保育の充実などになります。
せっかく、子供を預ける認定こども園や保育所が増えたとしても、預ける場所の環境が良くなければ、安心して、子供を預けれらないですよね。

この量的拡充と質の改善には、かなりの予算が必要とされますが、消費税の増税分を充てても、半分が不足しているいわれ、さらなる資金を確保して子供・子育て支援制度に使う必要があるといえます。


スポンサーリンク

 

3.医療介護サービス

消費税の増税分は医療介護サービス目的として、使われます。

医療介護サービスの具体的な使い途は、地域医療介護総合確保基金、平成27年介護報酬改定における介護職員の処遇改善、市町村による在宅医療や介護連携となっているようですね。

地域医療介護総合確保基金とは、介護施設等の整備に関する事業、介護事業の確保に関する事業に使われます。

また、平成27年介護報酬改定における介護は、職員の処遇改善とは、中程度の要介護者や認知症高齢者等の介護サービスの充実になり、市町村による在宅医療や介護連携は、認知症に対する施策や生活支援の充実や強化になります。

これらの医療介護サービスは、高齢者がよりよい生活を維持していくために、必要なものではないでしょうか?

医療介護サービスは、医療や介護の必要な高齢者であっても、自分が住み慣れた地域に住み続けることを目的としているのです。

4.国民健康保険の財政基盤拡充

消費税の増税分のうち、国民健康保険の財政基盤拡充として使われます。

なぜなら若者を中心に非正規労働者が増えており、これに伴い低所得者が増えているのが原因なのです。

通常の会社員であれば、厚生年金に加入しているので、半分は会社が負担してくれますが、非正規労働者が加入する国民健康保険は、全額を負担しなければなりません。
そのため、年金と同様に国民健康保険の負担は低所得者にとって厳しい負担になっています。

これに対して国は、国民健康保険や後期高齢者医療の保険料の軽減判定所得基準を平成26年に見直し、国民健康保険の軽減対象が拡大されたのです。
よって国民健康保険の財政基盤を拡充する必要が生じ、消費税の増税分が使われることになります。

あとがき

消費税の増税分は、ほとんどが基礎年金の安定財源と高齢化による社会保障費の支出負担に使われます。この基礎年金の負担は、高齢者の増大から、消費税の増税で賄える範囲を超えています。つまり年金の仕組みそのものを変える必要があるといえるのではないでしょうか。また、少子化の問題も切実な問題です。現状に高齢化問題をクリアするために、少子化問題を解消していく。このサイクルを実現するために、消費税の増税分が使われていくと考えていけば、消費税の増税の必要性を感じることができるのかもしれませんね。以上「増え続ける消費税の使いみち4選」でした。ここまでご覧頂き誠にありがとうございました。

投稿者:

housyoku

housyoku

資産運用・税金についてレポートしています。 資産運用や税金といったイメージのしづらい難解なキーワードをわかりやすく、丁寧に伝えていきますのでどうぞよろしくお願いします。