日本人におすすめのタックス・ヘイブンの国3選

shutterstock_109642826済

税金が非常に安かったり免税されているタックス・ヘイブンと呼ばれる国や地域は多くあります。その中で5つの地域を厳選してみました。我々日本人や日本企業とどう関わっているのかも踏まえて見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.身近なタックス・ヘイブンとして知られる香港

タックス・ヘイブンと呼ばれる税金の負担が軽く地域に現地法人を設立した、有利に事業を進める企業が増加しています。
タックス・ヘイブンは世界各地にありますが、法人を設立するということで地理的になるべく近い地域の方が利用しやすいと言えます。そして日本企業にとっては、香港がタックス・ヘイブンとして特に重要度が高いと言われています。

タックスヘイブンの国や地域の中には、法人税や事業税が無税のところも存在しますが、香港では無税とまでは行かなくても、法人税率が日本の半分以下の水準であり、身近なタックス・ヘイブンとして注目されています。また税非課税方式による二重課税の排除がなされており、香港以外の地域で得た所得に関して香港で課税されることがない仕組みになっています。

さらに税制そのものが日本よりも簡素で分かりやすい仕組みであることや、英語が通じることなどから、日本企業や日本の資産家がタックス・ヘイブンとして最も利用しやすい地域だと言えるでしょう。

2.東南アジアのシンガポール

南太平洋には小さな島がたくさんありますが、それらの島々の中にもタックスヘイブンと呼ばれている国や地域が多く含まれています。

マレー半島の南端にあるシンガポールは東南アジアの国の中でも、特に経済が発達している国であり、タックス・ヘイブンの国としても知られています。こういった地域は香港ほどではありませんが、日本と地理的にそう遠くないことなどから、日本企業の多くがタックス・ヘイブンとしての利用を検討していたり、現地に法人を設立する動きが見られます。

シンガポールは法人税が毎年段階的に引き下げられており、現在では香港とほぼ同水準になっていることから、タックス・ヘイブンの国として注目されています。土地や有価証券の売却益にかかる、いわゆるキャピタルゲイン課税がないことなどからも、タックス・ヘイブンとして魅力的な国だと言えるでしょう。また香港と同様に英語が通じることなども、日本企業にとっては利用しやすい要素の1つです。


スポンサーリンク

 

3.イギリスもタックス・ヘイブン

タックス・ヘイブンと聞くと発展途上国の国々を思い浮かべる人が多いかも知れませんが、先進国であるイギリスも法人税率が20パーセントと比較的低い水準であり、タックスヘイブンとして捉えられています。

実際に最近では、世界各国の富裕層の人たちがイギリスに移住するということが起きています。

また、イギリス本国とは異なりますが、南太平洋にあるケイマン諸島や北大西洋にあるバミューダ諸島がイギリス領であり、タックス・ヘイブンとして知られています。これらの地域は法人税率が低いということではなく、無税であるというのが大きな特徴です。
バミューダ諸島は地理的に日本から遠いため日本企業がタックス・ヘイブンとして利用するのは難しいかも知れませんが、ケイマン諸島は比較的近いため多くの日本企業が注目しています。

あとがき

本記事では日本人におすすめのタックス・ヘイブンを紹介しました。タックス・ヘイブンは税制面で大きな魅力があり、ここで挙げられている香港、シンガポール、マレーシア、タイ、イギリス領の島々などを中心に法人を設立する動きが見られます。しかし、現地での活動実態がないと、租税回避行動とみなされて節税することができなくなってしまうため注意が必要です。近々タックス・ヘイブンにおいて気をつけることを詳しく紹介する予定なのでどうぞよろしくお願い致します。ここまでご覧頂き誠にありがとうございました。

投稿者:

housyoku

housyoku

資産運用・税金についてレポートしています。 資産運用や税金といったイメージのしづらい難解なキーワードをわかりやすく、丁寧に伝えていきますのでどうぞよろしくお願いします。