サラリーマンが副業で月5万円稼ぐおすすめの方法

あと、5万円あったら自分も欲しいものが買えたり、旅行に行けるのに…そんな願望を叶えるなら、やはりネットで方法を探すのが一番簡単でしょう。ここでは、ほかの方法も大まかにご説明します。

目次

スポンサーリンク

サラリーマンが副業で月5万円稼ぐおすすめの方法

1.リスクもあるがやはり株式投資が鉄板!

株式とは様々なものがあります。

東京証券取引所上場の株式、非上場株とも同じ株式購入です。

また、ストックオプションという自社株を買うこともあるでしょう。

ですが、株式売買には元手が必要です。

もし、月々30万円の売買利益を出そうと考えた場合、少なくても300万円の元手があった方がよいでしょう。

ですが、月々5万円だったら、100万円ほどの資金を集めましょう。

ネット証券でも構いませんが、やはり窓口取引が固いです。

つまり、平日お昼時の10分ほどの時間に、株式情報を集め、証券会社の担当者に電話をして取引のヒントを貰うのです。

電話での取引は、ネット取引と違って証券会社のアドバイスがあります。

2.デジカメで休日カメラマン!意外に稼げる趣味に変身

最近はデジタルカメラの性能が、凄まじく進歩しています。

それも、デジタル一眼レフといわれる「レンズ交換式」のカメラが3万円代から購入することができます。

こうしたカメラをち、様々な趣味のグループの写真や動画を撮ることでお小遣いを稼ぐやり方です。

こうした仕事は本来「カメラマン」が行っていましたが、本業とするには「安い仕事」になってしまっています。

プロは新聞社や雑誌社などと契約しなければ仕事になりませんが、アマチュアであれば逆に好きな写真でお金を稼げるのです。

例えば、子供のスポーツチームの試合や、音楽のグループの演奏会、発表会の撮影を行い、それがきっかけで色々なグループから声がかかるようになれば、月5万円は軽く稼ぐことができます。

これには、徹底的に趣味のサークルに付き合うことが必要となります。

ですが、好きなことならば、苦にはならないもの。

デジカメ一台で楽しみながらお金を稼ぐのは非常におすすめです。


スポンサーリンク

 

3.修理に関する仕事!意外に儲かるのが時計やオーディオ

時計は言うまでもなく「腕時計」の修理がほとんど。

それも機械式時計は、日本・スイス・ドイツなど世界中で生産されていますが、やはりそのムーブメントが壊れやすいのが難点です。

高級といわれるスイスの腕時計の場合、せっかく購入しても、3年ほどで修理に出した場合、ひとつきは手元にない時間が出てくる可能性もあります。

機械式時計とオーディオは修理技術者が足りない

機械式時計を持つということは、それだけ「財力にも時間にも余裕」がなければ付き合えません。

ですから、修理代金は技術料金そのものなのです。

もし、修理に興味があるならば、その技術を生かしてお金を稼ぐことは可能です。

もう一つはオーディオです。

オーディオ機器はネットワークシステムだけでなく、デジタル以前の機種も使える環境にあります。

特に、アンプは真空管を利用したものがおしゃれなショットバーでも人気ですが、やはり修理できる人は一握りです。

こうした技術は、実は専門学校があるのでもなく、自己流でもしっかりと身につけられます。

それは趣味だからと言えますが、月5万円という目標で始めれば可能でしょう。

あとがき

月5万円稼ぎたい…それにはネットでの稼ぎ方の場合は、スマホだけではなく、PC環境も常に最新式にしなければなりません。

しかし、実は機械式時計の修理も、オーディオ修理も、デジタルカメラも、やはりネット環境があってこそです。

インターネットでの情報のやりとりは、あなたの趣味や才能をお金に変える力があります。

ですが、一番大切なのは「月5万円」の意味です。

ガツガツ稼ぐなら、しっかり本業で頑張っていくこと。

それがあってこそ、趣味もどんどん深く追求できます。

いつの間にか月5万円が知らない間に入ってくるような「仕掛け」は、稼ぎ以外の「楽しみの要素」も必要、だということなのです。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。