お金を貯める!年収150万円から600万円までの貯金のまとめ

貯金したい人が世間には沢山いますが、正直中々出来ないのが現状です。将来のために、貯金をすることはとても大切な事です。そこで、あらゆる年収に対する貯金のまとめなどをご紹介します。

スポンサーリンク

年収に応じた貯金のまとめをご紹介!

・まずは年収150~200万のシングルの方に向けての記事です。

シングルの方は、一人で子供を育てなければいけないので、残業なども上手くできずにパートなどで働く人が多いですよね。

しかし、パートとなると多くのお金を稼ぐことが難しいですし、その中で貯金を考える事は尚更できないと思っている人が多いでしょう。

実際に自分と子供の生活で精一杯という方がほとんどです。

しかしながら、子供が小さいうちはあまりお金がかからない良いかもしれませんが、中学生、高校生とあがって、さらに大学生となると莫大なお金がかかる事から避けることは出来ません。

皆さんもご存じでしょうが、今のご時世、大学進学が当たり前の時代になってきました。

これも納得いく話で、高校から就職するのと大学から就職するのでは生涯をわたって稼ぐお金が全く異なり、昇進スピードも同様です。

それほど知識のある者、良識のある者が求められるご時世なのでしょう。

少しでも子供のために、子供には負担をかけたくないというのが親というものです。

年収が少ないとはいえ出来ることはあります。

年収150~200万のシングルの方が貯金するための方法はこちらです。

▶︎年収150~200万もしっかり貯金する5つの考え方とテクニック

こちらの学資保険も大変おすすめです。

やはり自分で貯金となると難しい部分がありますが、保険会社に任せるとなると安心して将来の子供のためにお金を貯蓄することが出来ます。

▶︎貯蓄として利用するおすすめの学資保険4選

・次は年収300万円の独身女性の方に向けての記事です。

年収300万円となると実家暮らしであればお金に余裕ができ、一人暮らしであれば少しお金に余裕ができるかといった感じですね。

しかし、やはり貯金はしておきたいですよね。

貯金がないよりあるに越したことはありません。

ただやはりお金に少しでも余裕が出てしまうと少し贅沢をしようといった気持ちになるのはわかります。

しかし、いざ以前から付き合っていた人と結婚となるとお金はかかりますし、思うように貯金が出来なくなります。

結婚した後より結婚前の方が貯金はしやすいです。

それもそのはず、結婚してしまうとお金の使い道が自分のためだけではなくなるからです。

貯金をお考えの独身女性の方は、こちらをご覧ください。

▶︎年収300万円の独身女性がしっかり貯金する4つのテクニック

・次は年収400万円の新婚家庭の方々に向けての記事の紹介です。

新婚ということで、これから二人でともに生活をし、支えあっていかなければなりません。

その中で、やはりお金を貯めておくことは非常に大切です。

これから生まれてくる、または生まれたお子さんのためにお金は不可欠になります。

それも、子供が小学生、中学生、高校生と進学していく上で、多くのお金が必要になってきます。

子供が公立の学校や国立の学校に行くならお金は安く済みますが、私立へ行くとなると多くのお金が必要になります。

さらに今、大学進学や専門学校への進学が当たり前になってきています。

大学や専門学校へ行くとなると、莫大なお金がかかります。

奨学金という制度はもちろんあります。ただ、それはお子さんの借金であり、将来お子さんは借金を返済し続けなければなりません。

奨学金を返済しきれない方が増えてきているのはご存知ですか。

お子さんや、自分たちのためにもしっかりお金を貯めるための努力をしましょう。

▶︎年収400万円の新婚家庭がしっかり貯金する4つのテクニック

お金が中々貯めれないという方はこちらもご覧になるといいですね。

貯めたいけど、貯めたいけど貯めることが出来ない。

それには、まず自分が貯められない社会人の特徴に当てはまっている可能性があります。

▶︎お金を貯められない社会人の特徴5選


スポンサーリンク

 

・次は年収500万円の方に向けての記事です。

年収500万円となると手取りは30万円以上といったところでしょう。

しかし、家族がいるとなるとやはり出費が重なり貯金も出来ない人が多いです。

たとえ家族がいないとしても、外食を増やしたり、物に対する出費が増えたりすれば貯金は思うように出来ないものです。

それでも将来を考えて貯金をしておきたいものですよね。

家族がいる方は、やはり将来の子供のために少しでもお金を貯めておきたいですよね。

子供が私立の学校や大学に行くとなると、多くのお金がかかることは避けられません。

たとえいない方でも、いざ結婚して子供が出来た時、お金がないでは困ってしまします。

そこで、年収500万円の方がしっかり貯金するための方法を下にあげていますので、こちらをご覧ください。

▶︎年収500万円でしっかり貯金できる!4つの考え方

主婦で家庭や子供のことで頭がいっぱい、それでも貯金は出来ます。

それも難しい話ではありません。少し貯金に対する考え方を変えればいいんです。

主婦でも貯金をしたいという方はこちらをご覧ください。

▶︎飽きが来ない!主婦がしっかり貯金できる5つの習慣

・最後は年収600万円の方に向けての記事です。

年収600万円で一人暮らしなら問題なく貯金できますし、ゆとりもあるでしょう。

しかし、家族を持つとやはり中々貯金をするまで頭が回らないことが多いです。

それも、一つ一つの生活を見直せば出来ることなのですが、貯金はやはり難しいですね。

よく考えてほしいのは、先程から申し上げていますように、子供が私立の学校に通うことになったり、大学進学することになった時に必ず多くのお金が必要になります。

子供が必ず公立、国立の学校を常に歩み続けるとは限りません。

さらに、グローバル化が進んでいる中で、留学が当たり前の時代となっています。

留学は日本の大学よりもさらにお金がかかるのです。

確かに、お子さんが優秀なら無償でお金をくれる場合もあります。お金を借りることも可能です。

しかし、借りればそれはお子さんの借金となり、将来何十年もかけて返し続けなければなりません。

そのような負担をお子さんに与えないためにも、将来の自分たちの生活のためにも貯金は大切です。

そこで、年収600万円の方々がしっかり貯金するための記事がこちらです。

▶︎年収600万円でしっかり貯金する!4つのテクニック

将来のために貯金するのは決して子供のためだけではありませんよね。

将来、必ず年金がもらえる時代ではなくなってきています。

それも高齢化社会により、高齢者を支える一人当たりの割合が増えてきているためでもあります。

これからは、自分で自分たちの将来を考えて貯金をしなければなりません。

その時に有効なのが大手保険会社に貯蓄を任せることです。

詳しくはこちらをご覧ください。

▶︎貯蓄として利用するおすすめの養老保険4選

こちらの年金保険もおすすめです。

年金保険だからといって決して老後のためだけではないのがこの年金保険の特徴ですね。

ぜひ検討してみてください。

▶︎貯蓄としてみる年金保険とおすすめプラン5選

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。