年収150~200万でもしっかり貯金する5つの考え方とテクニック

シングルの方は、一人で子供を育てなければいけないので、残業なども上手くできずにパートなどで働く人が多いですよね。そんな中でもしっかり貯金するには、一体どうしたら良いのでしょうか。

スポンサーリンク

年収150~200万でもしっかり貯金する5つの考え方とテクニック

貯金はいつまでが貯め時?

子供の一生の中で一番お金がかからないと言われているのは、幼稚園と小学校の時期です。

この時期は、学費もそんなに高額ではないですし、子供の携帯電話などの余分な費用だって、削ろうとすれば削ることが出来ます。

貯金を行うにはこの時期が一番良いとされています。

使わない努力が一番

年収で考えると、やはり節約なしには貯金をすることが厳しいです。

そこで、まずは使わない努力が一番優先されます。

まとまった額の貯金はなかなか難しいけれど、日々の少しの小銭でできる買い物などを減らすことは簡単です。

そして何も減らすことばかり考えるのではなく、『お菓子は買わずに手作りに変えてみる』などでも良いですよね。

例えば、ホットケーキであればケーキミックスを買わずに小麦粉で作れば、3倍以上の量を作ることが出来るわけです。

このように、少しの工夫でお金を使わないようにすることは簡単に出来ることなのです。

年収300万円の独身女性がしっかり貯金するためのテクニックについて
▶︎年収300万円の独身女性がしっかり貯金する4つのテクニック

学資保険をかける

高額な学資保険をかけるのは厳しいにしても、月々1万円以下の学資保険であれば、月々の支払いも難しいことではありません。

学資保険には、生命保険の様に病気やケガの備えがついているタイプの商品もあります。

この商品であれば、入院期間中に日額〇円のように支払われることになりますよね。

しかし、気を付けておかなければいけないのが保険内容です。

母子医療などに入っている場合は、実際に病院で支払った分のみを受け取れる制度の保険はかけ損のような状態になってしまいます。

また、なるべく年間金利の高い商品を選んで、長く持つことを考えることも大切です。

貯蓄として利用するおすすめの学資保険をご紹介!
▶︎貯蓄として利用するおすすめの学資保険4選

家賃の見直しを考える

生活をする上で、家賃ほど無駄なものは無い!なんて、考えることはありませんか?

上手く市営団地の様なところに入ることができれば良いのですが、抽選に当たらなければ入ることは出来ません。

そこでなるべく家賃の安い家を探す必要があるわけです。

住み慣れた土地が良くて、少し高いけど我慢して借りているような家であれば、迷わずに新しい家への引っ越しを考えることが一番ですよね。

家賃の為に、副業までしなければいけないようになっては本末転倒です。

たった5000円高いだけでも、年間を通すと大きな出費となります。

子供が小さい場合は、校区が決まる前に、引っ越しを考えることをオススメします。

年収400万円の新婚家庭がしっかり貯金するためのテクニックについて
▶︎年収400万円の新婚家庭がしっかり貯金する4つのテクニック


スポンサーリンク

 

朝の交通手段はJRに変更する

JRは所得が少ない一人親家庭の人向けに通勤定期を半額で販売しています。

パートやアルバイトの場合は、通勤定期を自分で購入しないといけない人も多いですよね。

半年定期や1年定期になると割引されて、月々に購入する金額よりも少し安価で販売されることになります。

さらに、母子医療書などの提出により半額で購入ができ、大変安価に通勤定期を手に入れることが可能です。

少し自宅から離れているような場合であっても、この制度を利用するだけでお金を浮かすことができ、貯金へと回すことが可能になるのです。

年収500万円でしっかり貯金できる!4つの考え方についてご紹介
▶︎年収500万円でしっかり貯金できる!4つの考え方

最後に

子供がいると何かと物入りなので、中々貯金にまで手が回せない人が多いです。

また一定額を貯金しようと決めてしまうと、金額が満たなかった場合に、必ず貯金をする意欲がそがれてしまいます。

なので、月にたった5000円程度だったとしても、毎月必ず行うことが重要になります。

少しの節約で浮いたお金は、他のことに回すことなく、コツコツと貯金していくことを心掛けましょう。

年収600万円でしっかり貯金する!4つのテクニックをご紹介
▶︎年収600万円でしっかり貯金する!4つのテクニック

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。