年収300万円の独身女性がしっかり貯金する4つのテクニック

shutterstock_219246718済

独身女性で実家暮らしの場合、300万円程度の年収があれば、余裕を持った生活ができますよね。結婚してしまうと思うように貯金に回すお金が浮いてこなくなるので、将来に向けてしっかりと貯金しておきましょう。

スポンサーリンク

テクニック1.月々に必要なお金を把握する

まずは現状確認

月々に必要になるお金を常に把握しておくことは、とても大切なことです。

このお金を把握できていなければ、貯金に回すお金の目標額を立てることができなくなってしまいます。

独身女性で実家暮らしであれば

  • 生命保険代
  • 携帯電話代
  • 親に渡す生活費
  • 美容にかける費用
  • 会社の交通費
  • 昼食代
  • 交際費

最低限必要となるお金はこのようなものですね。

家計簿をつけよう

1,2ヶ月でも構わないので家計簿をつけてみて、大体どの程度の金銭が動いているのかを確認してみましょう。

美容にかけるお金や交際費用などは、ある程度把握しておかなければどんどん使ってしまい、手元にお金が残らない人が多いはずです。

テクニック2.項目別に必要な金額の目安を決めておく

とにかく細かく決めること

月々に最低限度必要なお金の額を確認した後は、項目ごとに使える範囲を決めておきます。

  • 生命保険代 → 1万円
  • 携帯電話代 → 1万円
  • 親に渡す生活費 → 3万円
  • 美容にかける費用 → 1万円
  • 会社の交通費 → 5千円
  • 昼食代 → 1万円
  • 交際費 → 2万円

この中でも生命保険代などは、決まった額を毎月支払うことになるので変動しない金額となりますが、問題は交際費などです。

交際費について

イベントシーズンになると、どうしてもお金は普段以上に必要になります。

そこである程度の枠を決めておくことで、この決めた枠よりも多く使いそうになった場合には、遊びに行く回数を減らすなど積極的に節約しようと思えるようになります。


スポンサーリンク

 

テクニック3.必要なお金を項目別に封筒に入れておく

封筒を上手に活用しよう

1ヶ月に使える枠を決めることができたら、この枠を越えないように努力することが大切になりますよね。

そこで封筒を活用するようにしましょう。

まずは項目別に名前を書いた封筒を用意します。

そこへ1ヶ月に使用できるお金を入れます。

例えば交際費は2万円なので、交際費と書いた封筒に2万円入れておきます。

余分な銀行引き出しを減らす

そしてこの2万円以内で1ヶ月遊ぶことになるのですが、節約しながら遊ぶと2万円も使用しない月も出てきますよね。

その場合は、残った金額をそのまま封筒に入れておくことで、交際費が2万円では足りない月にまわすことが出来ます。

こうすることで、余分に銀行からお金をおろすことがなくなりますね。

テクニック4.自動積み立て機能を利用する

余ったら貯金は危険

貯金は毎月コツコツとすることが大切です。

しかも余ったお金で貯金をしようとしても、貯金に回すお金が浮いてくることはありません。

もちろん月々の貯金額を決めておくことは重要ですよね。

でもこの貯金をお給料が入ってくる口座で管理していたのでは、実際にどの程度を貯金に回したかの把握が出来にくい状況になります。

自動積立を利用しよう

そこで銀行で行なっている、自動積み立て機能を利用しましょう。

月々決まった日にちに指定した銀行口座から一定額を定期預金に回してもらえる設定にしておくと、必ず毎月決まった額を確実に貯金に回すことが出来ます。

そして定期預金にまわったお金は、もともと無かったお金と考えるようにしましょう。

あとがき

この4つの方法を見ていると「こんな面倒なやり方をしなくても、しっかりと貯めることはできる!」と思う人も出てくることでしょう。しかし今まで貯金をする習慣の無かった人には、実は思っている以上にお金を貯めることは難しいことなのです。もし面倒に思うのであれば半年ずつに分けて、頭の中だけで計画を立てて行なう貯金と、この4つのテクニックを実践した貯金とで、貯まる額を比較してみてください!このテクニックを利用した半年間は、驚く程しっかりと貯められていることに、気が付くことになります。以上「年収300万円の独身女性がしっかり貯金する4つのテクニック」でした。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

berryberry

berryberry

貯金・預金、投資、資産運用をレポートしています。 主婦の視点から様々な情報をお届けします。どうぞよろしくお願い致します。