福沢諭吉が一万円札の紙幣肖像画に選ばれた3つの理由

shutterstock_201475262

一万円札の肖像画といえば現在も一つ前のものも福沢諭吉です。歴史に興味がない方でも日本に住んでいれば必ず出会う福沢諭吉はなぜ一万円札の肖像として選ばれたのでしょうか。その理由を解説したいと思います。

スポンサーリンク

1.著名で親しみのある文化人であったこと

当時の肖像画は政治家が多かった

1984年の新札の発行の際には、それまで政治家が主に選ばれていましたが、当時ぐらいから文化人を肖像に選ぶのが世界的な流れとなってきていたため、日本でも文化人から肖像を選ぼうということになりました。

福沢諭吉といえば「学問のすゝめ」が有名な蘭学者、啓蒙思想家、教育者であり、近代日本において学問の普及に貢献した人物として特に日本国民に広く知られています。

福沢諭吉の功績

慶応義塾大学を含む慶應義塾の創設者であり、その他にも後の専修大学となる専修学校や後の一橋大学となる商法講習所などの創設にも尽力しました。

緒方洪庵に蘭学を学び、幕府の遣欧米使節にも3度参加し、『西洋事情』等の著作をするなど欧米文化の紹介にも力を入れてきました。

このように日本の近代化や学問の普及に欠かせなかった文化人として有名であり、親しみもあった福沢諭吉が一万円の肖像として選ばれる理由となったわけです。

2.特徴的で偽造しにくい肖像であること

年配の男性が選ばれることが多かった

お札で最も重要な事は偽造しにくいかどうかです。そのためにお札の肖像もルックスに特徴があり、偽造しづらい人物を選ぶ必要がありました。

特に人物の皺や髭などは描くのが難しいため、それらの要素が含まれやすい年配の男性の肖像が選ばれることが多い理由となっています。

福沢諭吉は髭こそありませんが、ほくろなど特徴的なルックスであったので、そこも肖像として選ばれる理由となりました。

現在では技術の進歩により女性も

現在のお札が発行された2004年においては各偽造防止技術が発達していて、肖像はそれほど重要視せずともよく、女性の樋口一葉なども選ばれています。

樋口一葉の選ばれた理由はこちら
▶︎樋口一葉が五千円札の紙幣肖像画に選ばれた3つの理由


スポンサーリンク

 

3.連続で選ばれた理由

発行枚数が多かったため

福沢諭吉は1984年の発行の際に選ばれ、現在の2004年に発行されたお札においても引き続きそのまま一万円札の肖像画となっています。

その理由として、新札発行は偽造防止が目的であって短期間で実施する必要があるため発行枚数が最も多かった一万円札の肖像は福沢諭吉のままにしたそうです。

これが公式の理由となっていますが、この理由については裏事情があったと考える人が多くいます。

慶應大学が関係していた?

というのも当時の総理大臣である小泉純一郎、財務大臣の塩川正十郎がともに慶応義塾大学出身であり、その他官邸や関係者にも慶應学閥が強く存在していて、その意向によって、福沢諭吉が再度選ばれたというものです。

あくまで憶測であり真偽は定かではありません。

発行枚数の多さが継続の理由としては公式なものになっています。

あとがき

このように福沢諭吉が一万円札の肖像に選ばれたのには様々な理由がありました。

興味があればお札の発行についてより深く調べてみるのも面白いかもしれませんね。

近々他の肖像画人物についても詳しく紹介していきますのでどうぞよろしくお願い致します。

以上「福沢諭吉が肖像画紙幣に選ばれた3つの理由」でした。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

▶︎野口英世が千円札の紙幣肖像画に選ばれた3つの理由

投稿者:

nishimura

nishimura

紙幣・硬貨、通貨をレポートしています。 幅広い知識と経験で質の高い記事を書いていきますのでどうぞよろしくお願い致します!