生活が苦しい理由をパターン別紹介。離婚に繋がることも?

生活が苦しい理由

生活が苦しい理由をパターン別に紹介していきたいと思います。

専業主婦で生活が苦しい

以前フルタイムの仕事をしていた時期もありましたが、子供と触れ合う時間があまりに少ないということに危機感を抱き、3年ほど勤めた後に夫婦で話し合って私は仕事を辞めました。

当たり前ですが、専業主婦になって収入が夫だけというのは心もとないときがあります。特に主人の給料が少ない月は「今月大丈夫かな・・・」と不安になります。

ただ、主人はあまり仕事を休めず、また現在事情があってどちらの実家にも頼れない為、今は私は仕事をすることができません(万一子供が熱を出したりしても見てくれる人がいない)。

とはいえ今後は子供達も大きくなってきて教育費等かかってくることが予想されます。

今後働くのであれば、多少残業したり子供が熱を出したとしても留守番できるであろう、子供が中学生くらいになったタイミングかな・・・とは思います。

なので、まだ子供達が小学生の現在はなんとか内職をしたり、単発バイトなど(もしあれば)で稼ぐしかないかとは考えています。

 

住宅ローンの支払いで生活が苦しい

現在月に8万円強の住宅ローンがあります。

やはり少なくない金額(家にこだわって建てたので、この辺りの賃貸住宅の家賃平均より弱冠月の支払いは高いです)が今後30年以上続くというのは、かなり心理的につらいものがあります。

今は苦しいながらもなんとか支払えてはいますが、今後何か急な出費があったり、主人の収入が減ったりという場合があったらピンチだな・・・などと妄想してしまうと恐怖です。そういう心理的負担は正直大きいですね。

少し住宅ローンが今より高いときに借りたので、今後はもしできれば借り換え等もできれば検討したいです。

それでも出来れば家は手放したくないので、今後はもっともっと家計を見直して節約を頑張らないといけないと思っています。

 

義理実家にお金を使うことが多くて苦しい

義理実家があまりお金に余裕がないので、何かとこちらがお金を使うことになるのが辛いです。

例えば一緒に食事に行ってもお金を出すのは全てわが家、何かものを買ってきて、と頼んでくるのにお金はくれない(まぁ、私も「お金ください」と言えばよいのでしょうが・・・やはり嫁の立場からはそんなこと言えません)。

主人もやはり親孝行がしたいようで、できるだけ親にお金を使ってあげたいと思っているよう。でも、こっちにも家庭があるんだよー!と言いたい。

どうしてもお金がないときは主人にその旨言いますが、そうすると主人が自分のお小遣いから出すことがあります。それを見ていると、「そこまでして親にしてあげたいんだな」と思い、「あまり義理実家にお金を使いたくない」とは言えないんですよね。

ということで最近は色々と理由をつけて、義理実家にはあまり行かないようにさえしています。行かなければとりあえずお金を使わなくて済みますので。

 

子供の教育費が増えてきて苦しい

2人いる子供達はそれぞれ習い事を2つずつしていますが、やはりレベルが上がっていくとお月謝も増えていきます。今後どんどん増えていくのかな・・・と思うと、払いきれるかどうか不安になるときもあります。

しかも、1人の子供は「もう1つ習い事を増やしたい」と言っています。

確かに2つやっている習い事は宿題や練習もきちんとこなしているし、もう1つ増やしても本人のキャパ的には大丈夫そうです。ネックは金銭的に大丈夫かどうか・・・ということだけです。

また、今後中学受験等ももしかしたらするかもしれません。そうなってくると学習塾にも入れないといけないのかな?と思うこともあります。

でももしそうなったらさすがに習い事は減らすことになるかとは思います。

ただ、習い事や学習塾など子供の教育に関しては極力後悔のないようお金はできるだけ出したいとは思っているので、今後足りなくなったらどこかを削ってもそこに充てたい、という強い思いはあります。

 

レジャー費用がかかって苦しい

子供達がまだ小学生なので、週末や長期休み期間はあちこちに連れていかないといけません。

そうなると、自然にレジャー費用もかかってきます。レジャー施設への往復の交通費、入場費用、昼食などの飲食費用・・・1日に数千円飛んでしまうときも!

でも私自身も子供の頃には親にあちこち連れていってもらってとても楽しかった思い出があるので、「なるべく出かけない」という選択肢は今のところ考えてはいません。

やはり一緒に出かけられるのはあと数年しかないだろうと思うので、今のうちに一緒にあちこち行って楽しい思い出を作ってあげたいのです。

とは言え、お金はたしかにかかります。ということで、今後の目標としては「できるだけお金をかけずにレジャーに行く」ということです。

公園などや無料のイベントなど、お金がかからないけど楽しめるところをもっと調べたいと思っています。また、お昼は外食ではなく、できるだけお弁当を作ろうと思っています(その為に最近ランチボックスを買いました)。これでかなりレジャー費は節約できるはずです。

 

生活が苦しくて離婚に繋がることもある

お金がなく生活が苦しいと、最初は仲が良かった夫婦の仲も悪化してしまい、最終的には離婚に繋がるというケースが多くあるようです。

「旦那の手取りが10万円代でとても子供を育てていけない」、「給料が安いにも関わらずパートナーが無駄遣いばかりして、将来が不安」などという理由で離婚にまで繋がってしまうケースがあるようです。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

お金がないサラリーマンにおすすめの派遣アルバイト3選 

お金がない!そんな時に行う主婦の行動パターン6つ

遊びたいけどお金がない!お金を使わない遊び5つ