主婦なら目指すべきやりくり上手な専業主婦の特徴4つ

専業主婦でも褒められたい。専業主婦は自らの収入がないため、やりくりで家計を支えることになります。ここではやりくりが上手な専業主婦にはどんな特徴があるのか解説して行きます。

スポンサーリンク

やりくり上手な専業主婦の特徴とは

1.家計簿をきちんとつける

家計簿をつけている主婦とそうでない主婦がいますが、やりくりが上手な主婦の場合には、家計簿をきちんとつけている人が多いという特徴が見られます。

家計簿をつけることで、どんな出費があったのかを後から把握できるためです。

無駄な出費があった場合には、見直すことができます。

必要な出費と無駄な出費を見分けることができるため、来月以降は無駄な出費を減らすことができるのです。

家計簿をつけていないと、「なんか今月はお金がなくて厳しいなぁ」で終わってしまいます。

そうなると、無駄な出費を減らすことは難しくなります。

こういったことが積み重なると旦那さんの収入が同水準でも、貯蓄額に大きな差が出て来ます。

家計簿をつけるのには少し時間もかかりますが、専業主婦であれば必ずつけるようにしましょう。

家計簿アプリなどもあるため、データが蓄積されればより細かく分析することが可能です。

2.スマートフォンは格安SIMを使って通信費を節約

スマートフォンの普及により家計の通信費が上がっています。

スマートフォン代に1ヶ月で1人1万円以上かかるというケースも少なくありません。

夫婦2人なら2万円子どもに持たせればさらにかかるでしょう。

しかし、自宅外でネットをどのくらい使うかどうか検討してみると、それほど多く使わない人が多いのです。

自宅で使うことの方がずっと多いでしょう。自宅外ではとりあえず繋がれば不便しないという人がほとんどです。

そのため、格安SIMを使うと通信費を大幅に節約することができます。

自宅外での通信量や通信速度は制限されますが、自宅に無線LANルーターを置いておけば、自宅にいるときには自宅の固定回線を使ってスマートフォンをネットに接続できます。

そうすれば、不便することはほとんどなくなるでしょう。

やりくりの上手な専業主婦の多くは格安SIMを使っています。

専業主婦で借金していることがバレた時の対処法とは
▶︎専業主婦で借金をしていた事が夫にバレてしまった!専業主婦がとるべき対処法


スポンサーリンク

 

3.旦那さんの昼食は愛妻弁当

旦那さんは昼食は何を食べているでしょうか。

社員食堂がある会社に勤務しているのであれば、弁当を持参しなくても昼食代はあまりかかりません。

しかし、社員食堂がない会社なら、外食をしたりコンビニ弁当を買って食べることになります。

毎日それをやっていると、かなり大きな金額になります。

そこで、やりくりの上手な専業主婦は旦那さんに愛妻弁当を作っている人が多いという特徴が見られます。

手作りの愛妻弁当なら、昼食にかかるお金をかなり節約することができます。

外食やコンビニ弁当と比べて栄養バランスも良くなるでしょう。

健康面でも効果があり、結果的に医療費の節約にも繋がります。

旦那さんが社員食堂がある会社に勤めている場合でも、週の半分くらいは愛妻弁当を作るようにすると節約になるだけでなく、旦那さんも喜んでくれます。

4.非常食を買い溜めておく

東日本大震災以降、非常食を用意しておくことの重要性を強く意識する人が増えています。

やりくりが上手な主婦の多くは、非常食を常備しておく特徴が見られます。

そのため、震災のときに役に立ったというケースもかなりありました。

そして、非常食を常備しておくことは節約にも繋がるのです。

缶詰などを非常食にするケースが多いですが、賞味期限が非常に長いです。

そのため、安売りをしているときに買い溜めておきます。

それを非常食ということで分けて保管せず、普段から使うというところに大きな特徴があります。

最近の缶詰は非常に味に優れていますのでおすすめです。

やりくりの下手な専業主婦の特徴とは
▶︎注意したいやりくりの下手な専業主婦の特徴

まとめ

このように、ちょっとした工夫で余分な支出を抑えることが可能になります。

その中でも家計簿をつけるというのが基本中の基本であるため、やりくり上手になる第一歩と言えます。

専業主婦がお金を貯めるためにしていることをご紹介!
▶︎専業主婦がお金を貯めるためにしていること4選