稼ぎの少ない家庭の夫が実践していること5つ

家庭を担う夫の稼ぎが少ないと、子どもが生まれ、子育てが始まると家計は圧迫されるばかり。それも、まだ夫が若かったり、正社員になったばかりなど理由はさまざまです。しかし、稼ぎが少ない男性陣は、少しでも家計を圧迫しないようにお小遣いの使い方に工夫をしているようです。

スポンサーリンク

稼ぎの少ない夫が実践している5つの事とは

1.飲み代を浮かせる

外へ飲みに行く場合

稼ぎが少ないと、必然的にお小遣いの金額も期待はできません。

しかし、そんな少ないお小遣いの中でも飲みには行きたいものですよね。

そこで居酒屋ではなく、立ち飲み屋で1回千円以内と金額を決めて、お酒を飲んで帰って来たりしています。

1回当たりの金額を節約することで、1週間に1~2回なら毎週でも飲みに行くことが可能です。

また立ち飲み屋で済ませることができれば夜遅くまで飲み歩くこともなく、家族に心配をかけることも、次の日の仕事に響くほど飲むようなこともないので安心です。

どうしても外で飲むとお金の浪費が多くなる

また、外で飲むとなるとやはり値段が高い場合が多いですよね。

そういった場合は、スーパー等で事前に安く買っておき、家で飲む方もいらっしゃいます。

そうすることでお金をかなり浮かすことが可能です。

また、一日一本などルールを決めておくことも大切ですね。

2.賢く副業をしている

副業は必ずしもNGなわけではありません。

おそらく会社の就業規定を見ても、会社の仕事に影響が出る範囲まで副業を頑張りすぎてしまうことをNGとしているはずです。

しかし、年末調整時に、副業による収入がばれてしまわないかと最初のうちはヒヤヒヤとしてしまうことでしょう。

そこで、副業を始める時から子育てにお金を回したいからなど上司に事情を話し、許可を得て副業を始めるのも一つの手です。

家計が苦しいことを相談して、副業を許可しないということはほとんど考えられません。

またもし副業をするのであれば、会社の名前を出して顧客を掴もうとすることなど、会社に迷惑をかけないように行う必要があります。

この辺りの内容をしっかりと会社側にも伝え、納得してもらってから始めるのであれば、余計なストレスを抱えずに副業を始めることができます。

夫の稼ぎが少ない家庭がすべきことをご紹介!
▶︎夫の稼ぎが少ない家庭がすべきこと5選

3.資産を運用する

貯金や収入だけでは、はっきり言って大きく増やすことはなかなか難しいことです。

しかし、資産を運用すると思わぬ収入が入ってくる場合もあります。

その中でも株は気軽に手が出せる存在として、人気を集めています。

しかし、この時注意をしなければいけないのが、余裕ある資金で運用するというところです。

財産を増やしたいから高額な費用を費やしてしまう人や、借金をしてまで資産運用をするような人は必ず破産の道を歩みます。

また株をゲーム感覚で楽しむような人も、リスクは高まることでしょう。

しっかりと勉強をして、ほんの少しずつでも確実に増やせる方法はないか、いかにマイナスとなった時に大きく損をしないかを考えて、賢く運用する必要があります。

投資について知りたい方はこちらを
▶︎初心者が知っておくべき投資をはじめるときのテクニック


スポンサーリンク

 

4.外貨貯金を始める

外貨も安定はしていないので、大きく損をしてしまうこともあります。

そのため、限られた費用で貯金を行い、銀行よりはほんの少し利回りUPを狙う程度であれば、マイナスになった時のリスクを低下させることができます。

アベノミクス効果により、円安に進むと言われている現在は、外貨貯金に手を延ばそうとする人が増えています。

しかし、リスクの伴う貯金方法は、資産運用同様に余裕ある資金で行わなければ、大きくマイナスを出した時に後悔だけでは済まされないようになります。

増やすつもりがどんどんマイナスになっていくなんてことにならないように、最大限の注意をしておきましょう。

借金の前に!専業主婦におすすめの借金の対策について
▶︎お金がない専業主婦におすすめの借金の対策5選

5.共働きの道を考える

こちらは最も多い考え方です。

今は共働きをしている家庭が増えています。

その理由は、一人では少ない給料であっても、二人で稼げば稼ぎも増え、安定した生活が送ることができるからです。

そこで共働きを考えるわけですが、子どもがいる世帯であれば、話しは大きく変わってきます。

奥さんは家事、育児、仕事に追われるわけですから、旦那さんの手助けが非常に必要となります。

そんな中で男性がいかに女性を支えていけるかも、鍵となります。

もし男性が上手く女性をサポートすることができ、働きやすい環境を作ってあげることができれば、きっと女性も働きやすくなり、稼ぎを増やすことができるようになるでしょう。

そこで共働きを考えるのであれば、最初のうちに家事の分担範囲なども決めておき、毎日の生活をスムーズに進めていけるようにしておきたいですね。

専業主婦がお金を貯めるためにしている事とは
▶︎専業主婦がお金を貯めるためにしていること4選

まとめ

どんな家庭であれ、将来の子供のために、自分たちのために貯金をしよう、節約をしようという考えを持っている方が非常に多いです。

稼ぎが少ない理由にも、新入社員であったり、正社員になったばかりであったり、年齢的に若かったりとさまざまでしょう。

家族がいるわけですから、やはり生活の工夫が必要になる事は当然の事です。

将来を考えて、少しずつでいいんです。自分の生活を見直してみてください。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。