財布選びは金運アップだけに止まらない!色ごとに財布が招く運は何?

財布を購入するときに、金運アップに良い色を選ぶ人は多いと思われます。実は、金運アップはもちろん、自分の仕事や立場、したいことなどによって財布の選び方が異なってくることはご存知ですか?ここでは財布の色と、どのような運を招き、どのような人に向いているのか説明していきます。

目次

スポンサーリンク

財布選びは金運アップだけではない!色ごとに財布が招く運は何?

1.黄色系統の財布

・黄色の財布

黄色の財布は、金運を呼びよせるのに絶大な影響力をもっています。

しかし、黄色の財布はお金回りを良くする財布でもあるため、お金が手元から離れていくのも早くなります。

濃いければ濃いほどお金の入りが良くなる一方で、浪費や出費が増え、プラスマイナスゼロに近い状態になる可能性があります。

まずはお金が欲しいという方に黄色の財布はおすすめできます。

しかし、お金も欲しいけど貯金もしたいという方は黄色を選んではいけないのかということになりますよね。

そこで、おすすめの財布の色がパステルイエロー、または茶色がかった黄色の財布です。

・パステルイエローの財布

パステルカラーは、黄色がより明るくなった色、または薄くなった色とも言えます。

黄色と違って、自分で働くことによって金運が上がり、安定してお金が入ってきます。

その稼いだお金は、黄色より浪費や出費を招きづらいと言われており、貯金をしたい方、または仕事をしながら貯金をしたい方におすすめの色の財布になっています。

・茶色がかった黄色の財布

茶色には、お金の使い過ぎを抑制する効果があると言われています。

それは、土が根っこから木を支え、安定させるように、茶色は安定をもたらすと言われているのです。

黄色によって金運を招き、そこに茶色が加わることでお金の浪費や出費に抑制がかかり、安定した貯金につながります。

つまり、黄色は基本的に金運をもたらす色であることがわかったと思いますが、黄色に近い金色では運的にどうなのでしょうか。

・金色の財布

金色の財布は、金運を引き付けることはもちろん、貯金するのにも効果的であると言われています。

しかし、賭け事が好きな人が持つと、貯金につながりやすい金色の財布も一変し、浪費や出費につながります。

賭け事好きな人は金色の財布を持つときには注意が必要です。

また、出世運や社会的地位の向上などを招きます。

出世したい、社会で活躍したいといった方におすすめできる財布です。

賭け事を除き、金色が引きつける運は絶大であると言えます。

2.ピンク色の財布

・他力本願の金運を引き寄せる

ピンクの財布は女性に人気がありますよね。

金運アップに良いとされているピンク色の財布は、女性によく似合い、他力本願の金運を呼び寄せます。

自分の金運を上げるというよりも、自分の身近な人の金運を上げる効果の方が高いのです。

既婚女性の場合には、旦那さんの給料やボーナスのアップを招いたりします。

・人間関係の良好に導く

ピンク色の財布は、人間関係を良くする効果も期待できます。

人間関係が良くなると、自分の気持ちにも余裕が出てきて、全体的な運の底上げにつながります。

例えば、会社の同僚や上司の人間関係が良ければ、自分の評価にもつながり、出世が出来る可能性も生まれ、金運につながるのです。

・ ピンクでも色の濃さによって効果が違う

薄いピンクは、女の子にとって欠かせない美容効果や癒しにつながり、自分から積極的にならなくても人間関係が非常に作りやすくなります。

濃いピンクの場合は、自らを積極的にさせ、人間関係が次第と増えていきます。

そして、先ほどのいった通り自らの運の底上げにつながり、金運も招くようになります。

3.黒色の財布

・今の地位や状況の維持につながる

財布の色としては比較的無難とされる黒色は、守る効果があるとされています。

既にある程度の財産や地位を築いている方に向いていると言えます。

現在持っているものをしっかりと守る効果があるからです。

・無駄な出費や浪費を抑える効果がある

黒にはもともと金運効果はありませんが、お金の出費、浪費を抑える抑制効果があります。

だからこそ、徐々にお金を貯めることができ、安定した生活を送ることができるようになるのです。

これ以上欲しいものはほとんどないが、現在持っているものを失いたくないという人にもピッタリです。

ただし、もっとお金を稼いで上を目指したい人や、もっと欲しいものがたくさんあるという人にはあまり向いていないと言えるでしょう。

4.茶色の財布

比較的年齢の若いサラリーマンや、これからビジネスを始めようとしている人の場合には、茶色の財布がおすすめです。

明るめの茶色なら黄色に近い効果が期待できます。

金運がアップし、さらに勝負運も強くなることが期待できます。

昇進がかかっているときなどに、明るい茶色の財布に買い替えると良いかと思います。

また、焦げ茶色の財布は見た目が黒に近いことから、寄り付いてくる運気も黒に近いものになります。

ただ、黒ほど守りに徹することはないため、上を目指す人を後押しする効果も期待出来るでしょう。

安定思考が強めで、向上心もあるという人にも向いています。

5.紫色の財布

紫色の財布は金運だけでなく出世運も強くする効果があるとされています。

単にお金持ちになりたいというだけでなく、出世して偉くなりたい、高い地位を得たいという考えの人におすすめです。

ただし、出世運がある分、金運だけで見ると黄色や茶色などよりも弱めです。

そのため、紫色の財布は、お金よりもステータスを優先したい人に向いていると言えるでしょう。

6.青色の財布

青は水をイメージする色です。

水が流れるようにお金も流れてしまうということで、金運にはあまりよくないとの見方もあります。

しかし、濃い目の青色の財布なら、お金を貯める方向での金運が寄り付いて来ると言われています。

そのため、貯金をしたいと考えている人なら、青色の財布という選択もありでしょう。

ただ、薄めの青色の場合は、流すという意味合いの方が勝ってしまうため、避けた方が無難です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

財布を持つときに、ワンポイントだけ違う色がはいっている財布でも効果はあります。

財布に使われている素材によっても金運効果が変わってきますので、財布を買うことを検討している方は、「素材で一番はこれだ!金運アップでおすすめする財布の素材」も見てほしいですね。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。