一体何色にすべき?金運アップにつながるおすすめの家の壁紙

家の壁紙を貼り替える際には、どうせなら金運アップに良い色や模様が良いと考えている人は多いでしょう。ここでは、金運アップに繋がる家の壁紙について説明して行きます。あなたの金運に影響を与えるだけでなく、室内の雰囲気もだいぶ変わって来ますよ。

目次

スポンサーリンク

一体何色にすべき?金運アップにつながるおすすめの家の壁紙

1.金運アップなら黄色系の壁紙

黄色という色は、お金を呼び寄せる効果があると言われていて、財布なども黄色を選べば金運を呼ぶと言われています。

しかし、財布の場合は黄色を選べば良いというわけではありません。こちらの「この色は禁物?!金運アップでおすすめする財布の色は何?」で紹介しています。

黄色は「金」のエネルギーが詰まっていて金運の象徴とも言える色です。

これからお金を貯めたいと考えている人にピッタリの色でしょう。

そして、家の壁紙も黄色が金運アップには最適だと言われています。

ただし、家中の壁紙を全部黄色にすればいいのかというと、そう単純にも行きません。

あえて黄色以外の色の壁紙を使用した方が、金運アップに繋がる部屋などもあるのです。

西側の部屋は黄色の壁紙が適している

まずは必ず壁紙を黄色にした方が良い部屋を紹介しましょう。

ぜひ黄色の壁紙を使用したい部屋は西側の部屋です。

西という方角は金運を呼び寄せる方角であるからです。

金運アップに効果のある黄色の壁紙との相乗効果が期待できます。

西側の部屋の壁紙を黄色にすることで、給料がアップしたり、臨時収入が得られたり、昇進につながったりする可能性が高くなると言われています。

西側の部屋にバナナやレモンなどの黄色い果物を置いてみるとさらに効果がアップするでしょう。

トイレは黄色ではなく白の壁紙を選ぶべき

次は黄色の壁紙にしてはいけない部屋ですね。

壁紙を黄色にしない方が良い部屋として、トイレが挙げられます。

トイレは積極的に飾るよりは、悪いものを浄化し清潔感を保つのが良いとされています。

そのため、金運も積極的に求めるよりも、金運ダウンを防止するのに徹するのが望ましいでしょう。

それには白の壁紙が最適です。白は清潔感を強調すると同時に無難な色でもあります。

白色はトイレの壁紙の色としてはピッタリなのです。

実際に、トイレの多くが壁紙は白であることが多いです。

トイレも黄色の壁紙にしてしまうと、せっかくの金運も逃げてしまう可能性があるため注意が必要です。

2.家の壁紙全体のバランスも考慮しよう

黄色が金運アップに良いということが分かったら、なるべくどの部屋も黄色の壁紙を貼りたくなるでしょう。

トイレだけ白にして、家中の壁紙を黄色にしようと、張り切っている人もいるかと思います。

しかし、壁紙でも全体のバランスを考えることも大事です。

あからさまに、黄色ばかりを使っていると、かえって金運が逃げてしまうこともあります。

そのため、西側の部屋は譲れないとして、黄色以外の色の壁紙を使う部屋もあった方が望ましいです。

その際には、金運以外に縁起の良い色を選ぶのが良いでしょう。

ピンク色やオレンジ色がおすすめ

例えばピンク色。ピンクといっても薄目のピンク色の方が壁紙としては見た目にも良いでしょう。

ピンク色は恋愛運が良くすると言われておる、特に女性にはピッタリと言えます。

恋愛だけでなく、人間関係も良好に導く色でもあります。

またオレンジの場合、明るさや暖かさを意味するため、バランスを維持しつつ、幸運を取り入れることができると言われています。

3.自然素材の壁紙ならさらに金運アップ

壁紙は文字通り紙でできているものが大半です。

特に素材にこだわっていない場合には、紙製の壁紙を使用する人が多いように思われます。

しかし、自然素材の壁紙というのもあり、コルクやシルクなどでできている壁紙です。

コルクやシルクは紙ではないため、多少違和感を感じる人もいるかも知れません。

しかし、人工物である紙と異なり、自然素材のコルクやシルクは金運アップに好影響を与えるとされています。

外観がオシャレで断熱性にも優れているという点も評価できるでしょう。

4.楽しそうな模様を選ぶことでさらに好影響

壁紙は、色や素材に加えて模様や柄も重要です。

楽しそうな模様の壁紙なら、さらに効果的であると言われています。

無地の殺風景な壁紙では、金運アップに繋がるとされている黄色でも、大きな効果は得られないかもしれません。

そのため、なるべく楽しそうな模様のものを選ぶのが望ましいです。

ただし、トイレに関しては浄化するという意味合いが強いことから、無地でも差し支えありません。むしろ無地が適しています。

まとめ

西側の部屋に黄色の壁紙を貼り、トイレに無地の白にするのが良さそうです。

他の部屋はオレンジやピンク、白などがいいでしょう。

部屋が多い場合には、もう1つくらい黄色の壁紙の部屋があった方がより良いでしょう。。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。