金運を引き寄せる!財布を替える頻度によって金運に大きな差

財布はどういう時に買い替えるべきなのでしょう。古くなったとき?ボロボロになったとき?欲しい財布が見つかったとき?金運を引き寄せるためには、いつでも自由に財布を替えていいわけではありません。では、財布を替える頻度と、金運との関係について詳しく説明していきましょう。

目次

スポンサーリンク

財布の変える頻度によって金運は天と地の差だった

財布と金運が密接な関係であることは皆さんもご存知のはず。

財布は直接お金を入れる場所ですので、金運と関係しているのは当然です。

金運を無視しては、お金の運に見放されます。

では、本題に入りましょう。

ズバリいつ財布を買い替えるべきなのか。

中には、ボロボロになるまで使う方、1年に1回替える方もいらっしゃるでしょう。

1.長くても1000日が限界

財布の寿命は、実は長くても約1000日とされています。

金運を呼び起こすような財布でも、1000日も使い続ければその効果がなくなってしまうのです。

1000日なので、約3年と思っていただければ結構です。

1年ごとに替えても決して悪いわけではありません。

金運に恵まれていないと思えば、金運に最適な色の財布に買い替えたりすることができます。

しかし、約3年が経過した時点でまだ使えるような財布でも、思い切って次の財布に切り替えることは非常に大切。

3年経過した財布は、運を引き寄せる効果が消えてしまっているからです。

もしその財布がお気に入りであるのなら、捨てずに保管しておき、新しい財布に買い替えてしまいましょう。

2.使う年数は奇数年

1年おきではなく、2年おきまたは4年おきに財布を買い替えるという方もいます。

また、長く使う人であれば6年おきという方も少なからずいます。

しかし、残念ながら偶数年おきに財布を買い替えるのはあまりよくないと言われています。

金運アップには、奇数年おきに財布を買い替えるのが望ましいのです。

壊れてしまったり、汚くなってしまった場合には、2年目で買い替えるのも仕方ありません。

壊れた財布をもう1年使い続けるよりは、金運を逃さないで済みます。

しかし、特にこれといって理由がない場合には、使い始めて偶数年目に買い替えることは避けた方がいいです。

金運が逃げてしまいます。

財布の寿命も考慮すると、やはり3年で買い替えるのがベストだと言えるでしょう。

3.壊れた場合はどうするの?

運悪く財布のファスナーが壊れてしまったり、小銭を入れる部分のポケットが破れてしまうことがあるかと思います。

ちょっと我慢をすれば、使えないこともないですが、壊れたまま使い続けることはできるだけ避けましょう。

金運がどんどん逃げて行ってしまいます。

もし使い始めて1年という場合には、ちょうど奇数年ということもあり、買い替えても問題はありません。

まだ1年も経過していないようであれば、修理をして使い続けるという選択肢も有効です。

使い始めて1年未満であれば、金運を呼び寄せる力がまだ残っています。

ただ、壊れた部分からお金が落ちてしまった場合には、もうその財布には金運を呼ぶ力は残っていません。

そのため、1年未満でも買い替えてしまいましょう。

4.これほしい!とピンと来る財布を見つけたら?

偶然見かけた財布をみて欲しくなることもあります。

では、自分にとって良さそうな財布を見かけたらどうするでしょうか。

今持っている財布を買ってから、奇数年、または3年であるなら、そのまま購入して帰っても問題ありません。

しかし、持っている財布を買ってから偶数年の場合は、今までの話しをたどると、多くの方が新しい財布に替えてはいけないと思っていることでしょう。

実は、これだとピンと来る財布を見かけたら、それは金運を呼び寄せる効果が強い財布なのです。

偶数年で買い替えるのはあまりよくありませんが、それを考慮しても強い金運に恵まれます。

デパートなどの実店舗だけでなく、ネット通販においても同様です。

まとめ

財布を買い替える頻度によって、寄り付いて来る金運は大きく変わって来ます。

基本的に3年で買い替えるのがベストですが、壊れた場合やピンと来る財布を見つけた場合には、3年を待たずに新しいのを買ってしまってください。

ボロボロになった財布を5年も6年も使い続けている人は、なるべく早く買い替えることで金運アップにつながります。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。