注意すべき日で間違いない!縁起の悪い日~仏滅~

仏滅の日は縁起が悪いとされ、この日には結婚を行うことや、大きな賭けに出ることは控えるべきとされています。しかし皆さんは、仏滅の本当の意味をご存知でしょうか?今回は、仏滅に関する情報をまとめてみました。

最新の2016年金運カレンダーを更新!
【2016年/平成28年】金運(吉日)カレンダー、縁起の良い日まとめ

スポンサーリンク

縁起の悪い日である仏滅について

仏滅とは

仏滅はもともと中国から伝わってきたもので、現在の日曜日の様な存在です。

もともとは『全てが虚しい日』と言う意味を持っていたそうです。

しかし、六曜に基づき、暦を6種類の吉と凶に区切った時に、仏滅は暦の中で最も悪い日であると定められたことから縁起の悪い日だとされています。

また、本来は仏滅ではなく、物滅という漢字を用いられていたようですが、時代の変化と伴に漢字も変化してきたようです。

ちなみに、仏滅である2月15日に偶然にも釈迦が他界したことで、縁起の悪い日であるという説が日本でも広く浸透することとなったようです。仏教とは全く関係はありません。

全てにおいて縁起の悪い日

仏滅の日には
・入籍
・結婚式
・通夜
・葬式
これらの行事は控えた方が良いと言われています。

結婚式であれば、仏滅に式場を予約する人が少ないことでも、この日のみ料金が低価格にて提供されているくらいです。

入籍や結婚式に対して、通夜や葬式に関しては、仏教とは一切関係のないものであるため気にしなくても良いとも言われています。

どこまで六曜を信じるかによって、その日に行事を行うかどうかは全く異なってくるのです。

仏滅の日の考え方について

賭け事に失敗をしたり、何かに失敗をした時は、人は何かのせいにしたくなるものです。

おそらく仏滅の日に何かを行い、失敗をするようなことがあれば、仏滅の日なんかに賭けに出るものではなかったと考えることでしょう。

しかし、中国から伝わったと言われているものの、発祥元も実際は定かではないものです。

どこまでこの日を信じるかは、個人の価値観のように感じられると話す人もたくさんいます。

ただ、やはり多くの人が縁起の悪い日だと忌み嫌っているわけですから、何かを始める上では不安がつきものです。

そこで、最初からこの仏滅の日に物事を始めることは避けた方が良いと言えるでしょう。


スポンサーリンク

 

年配の人の方が重要視している

この日に縁談を組むことは避ける方が良いなど、年配の人の方がこの仏滅の日が不吉であると考える人が多い傾向にあるので、これから結婚などを考える上ではなるべく気をつけたいポイントです。

結婚式場が安く手配することができるからなどの理由により決めることは良くありません。

家族を交えて何かを行う時は、自分達の年代以外の考え方も導入されてしまうことを考慮して、仏滅の日は避けた方が無難だと言えます。

ただし家庭によっては全くこだわらない家庭もあるようなので、この辺りは家族で話し合いが必要だということになりますね。

あとがき

仏滅の日に、大きな行事や大事な決断は避けた方が良いのは間違いありません。

大きな賭けに出たり、縁談を組んだりなど、人生を左右するほどの行事なのであれば、少しの後悔もしたくはありませんよね。

物事を始める日というのはとても大切で、始めた日が悪く、ずっと不運が続いてしまう人もいるのです。

個人の価値観にもよりますが、『他の日にスタートを切れば、出だしも快調で、こんなことにならなかったかもしれない』なんて考えることのないように、不安要素や後悔をするような要素はあらかじめ取り除いておき、無難な道を選んでいくと良いでしょう。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。