【2016年/平成28年】金運(吉日)カレンダー、縁起の良い日まとめ

2016年度(平成28年)の縁起の良い日をまとめた吉日カレンダーです。縁起が良いと言われている「大安、一粒万倍日、天赦日、鬼宿日」金運と関わりが強いと言われている「寅の日、巳の日、新月」をまとめました。

起業を考えている方、また結婚や引っ越しを考えている方は是非以下の吉日カレンダーを参考にしてください。

スポンサーリンク

【2016年/平成28年】金運(吉日)カレンダー

起業したり開店をするのに縁起の良い日

s_shutterstock_171682469

大安

「大安」とは、六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の中で一番縁起の良い日とされている日です。

日本では六曜が一番有名で、カレンダーや手帳にも記載されているものが多いです。それだけ信頼性が高く一般的です。

結婚式は大安の日に挙げる人も多く、物事を始める時も大安の日に始めるという方が日本では多く見られます。

大安についてはこちら
▶︎縁起の良い日を学ぼう~大安~

一粒万倍日

「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍実る稲穂になるという意味で、一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、起業、仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。

逆に借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされていますので要注意です。

一粒万倍日についてはこちら
▶︎縁起の良い日を学ぼう〜一粒万倍日〜

天赦日

「天赦日」とは、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日であると言われています。年に5~6回しかない非常に貴重な開運日なのです。

結婚はもちろん、引っ越しや開業などには最適な日となっております。数少ない天赦日ですが、カレンダーで事前にチェックして予定をしっかりと立てておきましょう。

天赦日についてはこちら
▶︎縁起の良い日を学ぼう〜天赦日〜

鬼宿日

文字だけ見ると縁起が良い日にはとても思えませんが、実は中国の天文学・占星術で用いられれた二十八宿という暦のなかであらゆることに対して何事も上手くいくと言われている日なのです。

ただし、婚姻などになどに関しては吉日となってしまうためお気をつけ下さい。

鬼宿日についてはこちら
▶︎縁起の良い日を学ぼう~鬼宿日~


スポンサーリンク

 

金運、お金と密接している日

s_shutterstock_159578156

寅の日

「寅の日」とは十二支の寅に当たる日のことです。
寅は黄色と黒の縞模様から金運の良いと言われ、財布を新調するのに適した日でもあります。

寅の日についてはこちら
▶︎縁起の良い日を学ぼう~寅の日~

巳の日

「巳の日」とは十二支の巳に当たる日のことです。蛇は芸術や財運に密接な関わりのある弁財天と使いとされています。

こちらも寅の日と同様に財布を新調するのに適した日と言われています。

巳の日、己巳の日についてはこちら
▶︎縁起の良い日を学ぼう~巳の日~
▶︎縁起の良い日を学ぼう〜己巳の日〜

新月

月齢と呼ばれるように、月は満ち欠けがあります。新月から満月の間、月はどんどんと太って行き、逆に満月から新月に向かって、月はどんどんと痩せて行きます。

実は金運もこれと連動していて、月が太っていく間はお金は貯まりやすくなり、月が痩せていく間はお金は出ていきやすくなるのです。

つまり貯金をする時は新月から満月の間に、逆にお金遣いをセーブしたいときは、満月から新月の間に我慢をしましょう。

新月についてはこちら
▶︎縁起の良い日を学ぼう〜新月〜

あとがき

「縁起が良い」「金運に結びつきの強い」と言われている日をご紹介させて頂きました。

これらは決して科学的根拠があるわけではございません。

しかし、これから会社を経営されたり、お店を開かれるなど、大きな転機を迎えようとしている方にとっては非常に大切な要素になると確信しております。

このカレンダーを参考にして下さった皆様が大きな成果を得られる事を心より祈っております。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。