縁起の良い日を学ぼう~寅の日~

shutterstock_161741036済

「寅の日」というものは皆さんご存知でしょうか?寅の日は、「金運によい日」であると言われています。そもそも寅の日とは?金運がいいというのは何故?
本記事では寅の日のあれこれを、解説いたしましょう。

スポンサーリンク

1.寅=虎=金運!

寅の日は、十二支のひとつ、虎……つまりタイガーになぞらえて、捉えられていました。

虎は、黄色いですが、黄色は金運の色です。加えて、虎は走るのがとても速く、スタミナもありますね。「千里を駆ける」といいます。ですから、お金がお財布から出て行っても、一瞬で戻ってくる! として、金運に最適な日だと考えられていたわけです。

寅の日は、12日に1度やってくる計算になりますので、1ヶ月のあいだにも2回~3回、必ず寅の日がある、ということになります。

2.寅の日には何をするの?

寅の日には何をするといいかというと、「財布の購入」「使いはじめ」などが主に挙げられます。これらの他には、金運のパワースポットへ行く、金運の神社に参拝する、なども良いでしょう。

特に、お財布の購入、使い始めについては、注意事項もあります。財布というのは不思議なもので、「使いはじめたときの状態」を覚えているものなのだそうです。ですから、財布を使い始めるにあたっては、単に寅の日に使い始めればいいというわけではありません。

寅の日に財布を使い始めるといっても、その寅の日が「本当に、財布を使い始めるに相応しい吉日なのか」を見極めて行いましょう。

寅の日は金運の吉日と言われてはいますが、どの寅の日でも良いとは限りません。金運の神社や、パワースポットにお詣りするのなら、どの寅の日でも良いでしょう。しかし財布の使い始めの吉日だけは、よく選ぶべきなのです。どういうことかは、次の項目で詳しく解説しますね。


スポンサーリンク

 

3.財布を使い始める正しい方法

まずは、その日が「寅の日」であること。これは大前提ですね。

それから、月齢を参照しましょう。

「新月」ならばベストです。そうでなかったら、「新月から満月のあいだ」を選ぶべきであって、「満月から新月のあいだ」に財布を使い始めてはなりません。何故ならば、月が満ちるように金運も満ち、月が欠けていくのと同時に、あなたの金運も欠けていくものだからです。

余裕があれば、その日が「三隣亡」「仏滅」のいずれかに当たっていないかを調べ、どちらにも該当していなければ、それは財布を使い始めるベストな日だと言うことができるでしょう。

今月の寅の日はいつかを確認しよう!

あとがき

昨今ではネットショッピングも普及して、財布の購入日と使い始める日が一致しなくなりました。寅の日にネットショッピングして、配達後は少し眠らせ、さらに寅の日に開封することができればベストだと言えますね。知らなかった方は是非気にしてみてくださいね。以上「縁起の良い日を学ぼう~寅の日~」でした。最後までご覧頂き誠にありがとうございました。