株式投資を理解する5つのポイント

shutterstock_227037067

株式投資は日本で昔から活発に行われていた投資です。そんな中、株式投資に興味を持っているんだけどイマイチよくわからない…そんな方も多いのではないでしょうか?
本記事では投資初心者の方でもわかりやすく株式投資について説明していきます。

スポンサーリンク

1.そもそも株式投資って?

株式とは、株式会社が資金調達をために発行する有価証券のことです。会社の所有権といってもいいかもしれません。この有価証券を持つことにより株主となります。

2.株でどうやって利益を得るの?

株を所有していると、配当金と株主優待という特典を受けることができます。

  • 配当金は会社が株主に利益を還元するお金
  • 株主優待は会社から株主に贈られる商品券など

株を持っているだけでこのような特典を受けることができるんです。
売った場合の利益は買った時の金額と売った時の金額の差が利益となります。株価が安い時に株を買い、株価が高いときに株を売ることで、利益が生まれます。

3.株はどこで買えるの?

株は「証券取引所」という場所から購入することができます。 株式で取引するためには

  1. 証券会社の口座を作る
  2. 開設した口座に入金
  3. 株を注文

これらのステップが必要です。


スポンサーリンク

 

4.株を売買するときの注文方法

  • 成り行き注文
  • 指値注文

株を売買する時の注文方法には、これらの注文方法があります。成り行き注文は値段を決めないで売る、指値注文は値段を決めて売ります。

5.注文方法それぞれの特徴

<td rowspan=”2″>指値注文

メリット デメリット
成行注文 すぐに売買できる 株価に影響される
手数料が安い 希望の値段になるか不明
希望の値段で売買できる 売買に時間がかかる
変動に振り回されない 手数料が高い

あとがき

株式投資での株の購入は意外と簡単に行うことができます。

注文方法のメリットとデメリットを知っておくと、取引の際にとても役に立ちます。

投稿者:

rock

rock

投資・資産運用についてレポートしています。 「初心者の方でもわかりやすく」をモットーに頑張りますのでよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です