FXにおける初心者のレバレッジ設定のポイント

FXの初心者にとって、取引するときのレバレッジを何倍に設定するかというのは悩みどころです。今回は初心者のためにレバレッジ設定のポイントについて解説しましょう。

スポンサーリンク

FXにおける初心者のレバレッジ設定のポイント

●ポイント1. レバレッジはどうやって決まる?

そもそもレバレッジとはどのように決まるものなのでしょうか。

レバレッジはFX会社に保有している口座の資金と売買に必要な資金との割合で決定されます。

例えば、口座に100万円保有していて1ドル=100円のときに10万ドル=1000万円の買い注文を出すと、レバレッジは10倍に設定されたことになります。

レバレッジの計算式は
「注文に必要な円換算値÷口座に保有している資金=レバレッジ」
で計算することができます。

上記の例で言うと「注文に必要な円換算値」が1000万円であり、それを口座資金である100万円で割って、レバレッジ10倍という数値が出てきたことになります。

無理のない投資のための考え方についてはこちらを!
▶︎無理のない投資のための4つの考え方

●ポイント2. ロスカットとは

FXで一定以上の損失が発生した場合、「ロスカット」されることがあります。

ロスカットとは、損失が大きくならないように自動的に決済される機能のことです。

証拠金維持率が30%〜50%を超えるとロスカットされる場合が多いです。

口座に必要証拠金を100万円預け、証拠金維持率を50%に設定したとしましょう。

相場が変動すれば証拠金維持率も変動しますが、相場が予想以上に下落して証拠金維持率が50%を割ると、強制的に決済されて損失が確定されてしまいます。

投資はFXだけではない!日経225オプション取引について!
▶︎投資はFXだけではない!日経225オプション取引とは

●ポイント3. 証拠金維持率とは

FXで取引する上で、日本の個人口座を使うとレバレッジは最大で25%まで設定することができます。

また取引する上で証拠金を口座に預けなければなりませんが、レバレッジ25倍ならば取引額の4%の証拠金が必要になります。

これを必要証拠金と言います。

取引をするとその時点での「評価益」「評価損」が出ますが、必要証拠金からその評価益・評価損を差し引いたものを「有効証拠金」と言います。

「(有効証拠金÷必要証拠金)×100=証拠金維持率」

この計算式で証拠金維持率を算出することができます。

証拠金維持率は高く設定するほどロスカットされる確率を下げることができます。

なので、できるだけ多くの証拠金を口座に保有しておくと良いでしょう。

初心者が知っておくべき投資をはじめるときのテクニックについて
▶︎初心者が知っておくべき投資をはじめるときのテクニック


スポンサーリンク

 

●ポイント4. 初心者は1倍からはじめてみる

端的には高いレバレッジを設定するほど、ロスカットされやすいということです。

初心者の場合は、最初からうまく取引できないのが一般的です。

最初からたくさん儲けたいと考える人がほとんどでしょう。

しかし、まずは低いレバレッジで練習してから、徐々にハイレバレッジへと設定を変更していくのがベストです。

初心者ならば、まずは1倍からはじめてみることがおすすめです。

1倍レバレッジならばロスカットされる心配はありません。

レバレッジ1倍での取引ならば、長期的に外貨を保有し続け、スワップポイントで利益を稼ぐ取引の方法を使うことができます。

通常の外貨預金をするとりも取引手数料が安くなるメリットがあります。

FX投資を理解する5つのポイントについて
▶︎初心者必見!FX投資を理解する5つのポイント

●ポイント5. ハイレバレッジのリスク

レバレッジが10倍を超えるような取引は、かなりリスクが大きいです。

ベテランのFX投資家でも、二桁以上の取引で利益を出し続けている人は多くいません。

なぜならば、ハイレバレッジではすぐにロスカットされてしまうからです。

①なぜハイレバレッジではロスカットされるのか

例えば、1ドル=100円の相場で1万ドルを買い建てるポジションをとったとします。

ここから1ドル=99円50銭まで下落すると、5000円の損失が発生したことになります。

証拠金を1万円入金していたと仮定すると、必要証拠金は1万円、有効証拠金は5000円となり、証拠金維持率は50%になってしまいます。

たった50銭の下落でここまで証拠金維持率が減ってしまうのです。

②証拠金維持率は高いほどいい

しかし、同じ条件でも口座に入金する資金がもっと多ければ証拠金維持率の変動も小さくなり、ロスカットは避けることができます。

証拠金維持率は100%以上に設定するのが一般的であり、理想的には200%〜400%程度あると安定的な取引を行うことができるでしょう。

投資で失敗しないためのポイントはこれだ!
▶︎投資で失敗しないための3つのポイント

あとがき

今回は初心者のためにレバレッジ設定のポイントについて解説しました。

初心者は、いきなり大金を稼ごうと思う方が多いですが焦ってはいけません。

まずは低いレバレッジから始め、徐々にハイレバレッジにシフトしていきましょう。それが成功への近道です。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。