無理のない投資のための4つの考え方

株の購入で株主優待、ネットショッピングでポイント集めといったわかりやすい「特典」商品と違い、投資商品はお金を増やす知識が必要です。そのための大事な考え方を説明しましょう。

スポンサーリンク

無理のない投資を考える!4つの考え方!

1. 投資家と言われる人たちがやっていること

プロフェッショナルと呼ばれる人たちの中に「投資家」がいます。アメリカの有名な投資家といえば、ウォーレン・バフェットです。

1930年生まれの現役投資家であり、アメリカ最大、最強の投資家と言われています。

その資産規模は50兆円にも上ると言われており、世界中の投資家憧れの的です。

彼がなぜ莫大な財産を作るようになったのか?

それは、常に「余裕をもった投資」と「正確な情報」に集中してきたからだ、と言われています。

例えば、お金を儲けたいと考える人は「少ない元手で多くの財産を手早く作ろう」と考えるものです。それも、1年後はいくら儲けよう、5年後はこれだけの収入を得ていようなどと急ぐ傾向があります。

株が儲かりそうだ、と思えば株を買う。そうかと思えば、FXもやってみる、投資信託にも手をつける。

つまり、一通りの投資話には興味を抱いて、結局自分の「タイプ」の投資商品に戻ってくる。こうした人たちが非常に多いのが現実です。

しかし、様々な投資商品に手を出すのではなく、ポートフォリオを眺めてみる。プロは、ここから始めるわけです。

2. ポートフォリオを考える

ポートフォリオを説明します。

これは、1つの投資項目を用い、そこから資産を分散して投資する。それらをまとめたものとしてポートフォリオと言います。

今月の生活出費で、電気代、ガス代、様々な領収書などをジャンルごとに分けてファイルにしまう方がいるように、まさにポートフォリオはこうした「生活出費の項目別ファイル」にも当てはまります。

ポートフォリオは、バランスのよい投資として欠かせないものなのです。分散することでリスクを抑えることが出来ます。これは、お金を投資する上でとても大切な事だと言えます。

投資をはじめる方必見!
▶︎初心者が知っておくべき投資をはじめるときのテクニック


スポンサーリンク

 

3. 投資を行うなら、全資産のどの位まで良いのか

投資には「株式」「債権」「外国為替(FX)」「投資信託」など、様々あります。

これらの中で、毎月コツコツ買い続けるのなら、株式はおすすめです。

理由は、株式は企業の「成績表」がしっかり公表されていることです。

運営資金、不動産などの固定資産、借金、今期の売り上げ、利益、従業員の数といった数字は一覧表になって年に数回公開されます。

通常は第一四半期、第二四半期…と一年を4期に分けて企業の公式HPでわかるようになっています。

この会社は、一株500円だけど、1,000株単位でしか買えない。そうなると50万円が必要になります。

いきなり50万円を投資するのが難しいとなれば、「ミニ株」という買い方もできます。一株を分割して他の人と共同所有するような買い方で、これは証券会社の公式サイトでよく説明されています。

また、今貯金が500万円あるという方の場合、この500万円を倍に増やそうと考えてはいけません。

まずは、自分で投資に掛ける金額をはっきりさせます。約20%に決め、この範囲内で購入していくのです。

この株価は安いから買うというよりは、この企業は魅力的なファクターが多い(新商品が売れている、自己資本率が高いなど)と考えて、株を購入すべきです。

そして、20%を超えない約束を自分ではっきりさせましょう。

株式投資についてはこちらを!
▶︎株式投資を理解する5つのポイント

4. マンション購入も、実は投資の一種

マンションやアパートを購入し、経営することで、自分の資産が増加していくという投資の仕方もあります。

要は、自分が常に動き回るタイプで、スマホで情報をキャッチしながら、いろいろな業界に出入りしたい人、あるいはじっくりと家に落ち着いて収入を増やしたい人など、生活スタイルや趣味の持ち方で、投資のスタイルを決めていけばよいということになります。

投資の世界は、実は誰にでも行えるものであって、お金が増えることの楽しみは格別。

だからこそ、増えて、減ってを繰り返しながら5年10年と長くお金と向き合い、一歩ずつ進むことで確実に成功することが出来るのです。投資は急がば回れと言えます。

投資で失敗しないためのポイントを紹介!
▶︎投資で失敗しないための3つのポイント

おわりに

投資の初歩は、無理なく、無駄なくが基本。ですが、いきなり大きく儲けようと考えず、自分の生活スタイルや行動パターンを考えて、どの手段を用いるかを考えてみてください。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。