初心者必見!FX投資を理解する5つのポイント

shutterstock_165509396済

夜寝る前の30分、あるいは午後の空いた時間に投資でお金を増やしたい…そうした人たちに人気なのが外国為替を利用したFXです。
本記事ではその仕組みや特徴、メリット、また初心者におすすめなミニFXについても説明していきます。

スポンサーリンク

1.まずFXとは?

注目が集まる人気の投資

最近は芸能人のブログでも「FXやってます…」というのが定着してきました。さらにはオンラインゲームのように、スマホやタブレットで気軽にFX取引をしているOLさんや会社員などが増えています。

一説によれば、パチンコに通っていた人がFXに鞍替えした…という話もあるくらい。

つまり、FXは日本社会にすっかり溶け込んでいる「投資」といってよいでしょう。

「お金」で「お金」を売買するFX

仕組みを単純に説明しましょう。

FXは通貨である

  • 米ドル
  • ユーロ
  • ポンド

などを交換する時のレートが、毎日変わることに目を付けた金融商品。

例えば、1ドル=100円で1,000ドル買ったとします。そのレートは10万円で1,000ドルです。

市場が開いて、1ドルが120円になった場合、逆に1,000ドルを売って円を買うと、12万円が戻ってくるわけです。

つまり、ここで2万円の利益が生まれます。

最大25倍ものお金が動かせる

ただ、今日1ドル100円で、翌日は120円になるということはまずありません。せいぜい1円から1.5円程度の変動が多いのです。
これなら利益は1日1,000円程度となりますから、あまり儲けるような気がしませんね。

ですが、もし1,000ドルでなくて100,000ドルならどうでしょうか?

そうです、FXは元手の最大25倍ものお金を動かすことができる商品。そのため、少しのお金で大きなお金を取引できる魅力があるのです。

2.どうやって始めるの?

ネットで証券会社を探す

では、FXはいったいどこで、どうやって始めればよいのでしょう?

まず、ウェブ上で「ネット証券」と検索し、気になった証券会社のサイトにアクセスしてみましょう。

まずはデモトレードがおすすめ

サイトではいきなり「新規口座開設」ではなく「デモトレード」に登録してみるのがおすすめです。

そこでは、取引をするために必要な知識や画面操作などが実験できます。

気になるネット証券ですが、選び方は自由。口座開設で1万円のプレゼント…というところでも構いませんし、取引量に応じて「お肉のプレゼント」という会社でもOK。

また、街中にある老舗の証券会社のネット画面でも構いません。


スポンサーリンク

 

3.証券会社を選ぶ基準はこれ!

大事なのは手数料だけではない

ネット証券を選んだら実際に口座を開設します。

この際に注意したいのは「手数料の安さ」ではありません。

実は、多くのサイトでは「取引手数料」「スプレッド」を低く設定しているところを勧めています。

これは、日本円で米ドルを買った場合の「手数料」や証券会社が独自に「為替レートに載せている取引コスト」が小さいことを言います。実際には取引手数料は0円、スプレッドは数「銭」という非常にわずかなものになっているのです。

約定のスピードも大事

もう一つは「約定(やくじょう)」の確実さとスピード。

これは「ドルを買う、ユーロを売る」といった取引を、タブレット端末やスマホで瞬時に行うときの決算を言います。

インターネットはいつなんどきシステムが途切れてしまったり、つながりにくい状態になるかはわかりません。「今、このレートで買う!」と指令しても、うまくいかなければズルズルと買うタイミングを逃して、損をする可能性もあります。

ですから、システムがしっかりしている会社でないと、意味がないのです。

コールセンターの対応も忘れずに

そして、一番大事なことは「コールセンター」が対応してくれるかどうか。

どの証券会社もネット環境に力を入れて、素早いトレード環境や約定力の正確さやスプレッドの低さではなく、「丁寧で親切な電話対応」があるかどうか、なのです。

もし取引のときにわからないことがあった場合、あるいはこれから売り時か買い時か…といったことに答えてくれるかどうか、これがポイントと言えます。

4.ミニ FXから始めてみる、投資の世界

まずは10万円の用意

FXを始める場合「10万円は用意しておく」、これが初心者の鉄則。

例えば、円と米ドルの取引を行おうとしましょう。口座を開き、1ドル100円で「一口」買おうとします。通常のFXならば10,000通貨単位が一口です。

つまり10,000ドルを買うために100万円を用意しないといけない…ということになります。が、実際にはその数分の1でもOK。

リスクを減らすミニFX

実際の元手の何倍ものお金を動かす倍率を「レバレッジ」といい、日本の証券会社では、最大で25倍ものレバレッジが認められています。

計算上は、4万円足らずで1万ドルを購入できるわけです。

ですが、主婦層に人気なのは、実は1倍、2倍からでもできる取引。そして、通貨単位も100通貨、1,000通貨単位でも売買ができるものがあり、これを「ミニ」といい、100ドル購入、1,000ドル購入というものなのです。

レバレッジの罠に気をつけて

FXのブログを見てみましょう。「一日で500万円儲けた!」という人もいれば「借金7,000万円を背負った…」という人など実に様々。

特に、悲しい例では、25倍のレバレッジで大きく儲けようとしたところ、逆に損が膨らんでしまい、そこで損切りできずに借金転落になっていくこと。

実は、FXでは元手を口座に入れ、その範囲内で売買をするのですが、損が膨らむと証券会社が自動的に取引停止を強制してしまいます。もし、そうなった場合は潔く退場。それが怖い場合は「ミニ」でこつこつ取引経験を積むことが大事なのです。

5.電話で相場を聞くことも実は大事

決して勧誘だけではない

ネット証券を利用する人の多くは「証券マンの勧誘電話がうるさいので、ネット取引をする」傾向が強いと言われます。

ですが、実際には証券会社の人間ほど為替の動く「理由」や「原因」を心得ています。

ですから、「1ドルが119.2円になったら買います」と注文して、証券会社に投げっぱなしの人がいます。もちろん、手数料は余計にかかりますが、その方が安心があるし、損が少ない…というのが理由です。

プロのアドバイスを聞き逃さない

為替変動も、株式売買取引も、実は世界のどこで景気がどうなっているのか、天気がどうなっているのか…というような話が根拠です。

ネット上では誰かが間違った噂を流すこともありますが、証券会社は自分たちの給料がかかっていますから、真剣味が違うのです。

ぜひ、市中の証券会社口座を利用し、電話注文するのもよい方法でしょう。

あとがき

証券会社は街中に店舗を構えるところ、あるいはネット専業など様々です。ですが、大事なのは小さい取引からこつこつ行うことです。最初は失敗するのが当たり前…そう考えずに、専門家の情報をしっかりキャッチして儲けにつなげましょう!以上「初心者必見!FX投資を理解する5つのポイント」でした。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

endo

endo

投資・資産運用・貯金についてレポートしています。 保険会社に勤めていた経験を生かして皆様のお役に立てる情報をお伝えしていきます。