住信SBIネット銀行を選ぶ4つのメリット

shutterstock_120544894済

ネットバンクの中でも住信SBIネット銀行は、振り込み手数料が安いネットバンクとして人気を集めています。実は他にも様々なメリットがあることはご存知でしょうか?
本記事ではそんな住信SBIネット銀行の様々なメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.振り込み手数料が安い

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資してできたネットバンクです。

新しいネットバンクだけに斬新なサービスを提供しています。

特に振り込み手数料は同じ銀行間なら金額に関わらず無料になっており、他行宛ての振り込み手数料も金額に関わらず月3回までは無料になっています。4回目以降は料金がかかりますが、それでも一回当たり150円程度です。

振り込み件数の多い人なら絶対に口座を作っておき、振り込み手数料を節約したいところですよね。

2.ATM利用手数料について

現金の取り扱いが多い人ならATMを利用して出金することも多いはずです。そんな人には住信SBIネット銀行がおすすめです。

まずセブン銀行では無制限で無料で利用できます。コンビニセブンイレブンは全国にありますし、主要駅やショッピング街にも必ず見かけるはずです。利用場所が多ければ、急に現金が必要になったときにも頼もしい味方になります。

他にはローソンATMやイーネットでも利用できます。合計で月5回までは無料で利用でき、それ以降は1回108円の手数料がかかります。

ローソンや他のコンビニでも引き出すことができ、またゆうちょ銀行ATMでも無料回数が5回以内で利用できます。これでほぼ全国のATMをカバーしているともいっていいでしょう。


スポンサーリンク

 

3.特色ある預金があり高金利が適用される

定期預金の金利こそ平凡ですが、利用内容によって金利が数倍にも跳ね上がる預金が住信SBIネット銀行の特徴です。

例えば、SBIハイブリッド預金は、SBI証券の投資用資金と連動する預金で、株式投資を行う人なら通常普通預金の4倍程度の金利がついてきます。その他元本割れの可能性はありますが、仕組預金(コイントス)もあります。円建で預金し為替相場により円や外貨で償還される預金です。

仕組預金(プレーオフ)は定期預金に満期日を延長できる特約がついており、いずれも普通預金金利よりも高い金利が適用されています。仕組みを理解すれば、預金も安全でより有利に運用できるといわれています。

4.FXや外貨預金も取り扱っている

ネットバンクを利用するときに検討したいのが、株式投資やFXなどの積極的な資産運用です。

NISAも始まり税制上の優遇措置も受けられることから、証券口座を開設する人が増えています。できればネットバンクで口座を開き、証券口座と連動させることで、資金のやり取りもスムーズになりますし、より有利に資産運用ができますよね。

その点、住信SBIネット銀行は、SBI証券と銀証連携サービスを行っています。投資信託や外貨MMF、FXの取り扱いもSBI証券を通じてできるようになっています。

また、外貨預金の取り扱い通貨も主要8通貨とポイントを押さえていますし、為替手数料もネットバンク中最低額の片道9銭です。リアルタイムでの外貨預金取引ができますから、タイミングを逃すことがないでしょう。

あとがき

住信SBIネット銀行は、後発で登場してからはまだ新しいネットバンクです。しかし振り込み手数料の無料枠が広かったり、ATMの利用手数料も無料であったり、使えるATMの場所が全国になっているから現金の入出金も楽です。特色ある預金で仕組みを理解すれば金利もお得です。銀証連携サービスでSBI証券と連動で証券口座も開くことができ、外貨預金も十分に使える内容になっています。以上「住信SBIネット銀行を選ぶ4つの理由」でした。最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

投稿者:

masariya

masariya

投資・実物資産・貯金・預金についてレポートしています。 投資は情報戦、皆様が得したと感じてもらえるような情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願い致します。