投資信託におすすめのネットバンク5選

shutterstock_175924274済

投資信託は多数の人からお金を集め、あるテーマごとに株を購入し、パッケージにして販売しているものです。初心者や資金の少ない投資家でも投資を行うことができる仕組みで、ネットバンクでも販売しています。
本記事では投資信託におすすめのネットバンクを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.楽天銀行

投資信託は同じ商品であれば、販売しているのがネットバンクでも証券会社でも同じです。

しかし、売買手数料は販売する会社が決めるので、証券会社で購入したほうが手数料は安くなります。まずはここを押さえておきましょう。

基本的にはノーロードの投資信託を多数取り扱っているネットバンクが一番いいでしょう。また、分散投資が基本ですから、取扱い銘柄の数だけではなく、種類にも注目してください。楽天銀行は、取扱い銘柄の数も種類もネットバンクでは多くなっています。

銀証連携サービスを利用するなら楽天証券で間違いないでしょう。

楽天銀行 公式ホームページはこちら

2.住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、銀行業界でも5年連続で最も顧客満足度が高いネットバンクとして知られています。

振り込み手数料の無料サービスを行っていますし、SBI証券との連携もスムーズで銀行預金と株式、投資信託の資産管理がまとめてできるようになっています。

こちらも銀証連携サービスを利用することが前提です。証券会社利用であれば、投資信託の取り扱い銘柄も格段に増え、選択肢も増えます。住信SBIネット銀行をメイン口座にして、豊富な種類の中から投資信託選びをすれば、ベストな銘柄選びができるでしょう。

住信SBIネット銀行 公式ホームページはこちら


スポンサーリンク

 

3.新生銀行

新生銀行は実店舗もある金融機関ですが、ネットバンクとしてもその地位を確立しています。

顧客満足度も全金融機関の中で3年連続1位を獲得するなど、ネットバンクの中では大変優良な銀行として知られています。

新生銀行は銀証連携サービスを行っていませんが、利便性の高いネットバンクとして使い勝手もいい銀行です。現金の入出金も郵便局やセブン銀行ATM、ローソンATMと時間帯も365日24時間対応で、手数料も無料です。

ネットで全てを行うことができるから、メイン口座として開設しておきたいネットバンクです。

新生銀行 公式ホームページはこちら

4.じぶん銀行

スマホがauで携帯電話やモバイルを積極的に使っている人に大変人気なのがじぶん銀行です。

スマホ、ケータイ、パソコンなどのデジタル機器をよく使う人なら、その場でいつでもどこでも、口座振替や定期預金、外貨預金、投資信託の購入ができます。

auとセットになっていますので、携帯番号で振込ができたり、口座開設も簡単にできます。
じぶん銀行の場合はシンプルな操作性で、投資信託の購入も気軽にできる点が大変なメリットになっています。投資初心者向けのネットバンクだともいえますね。

じぶん銀行 公式ホームページはこちら

5.ソニー銀行

外貨預金金利も高く、総合的に資産運用を考えているなら、ソニー銀行がおススメです。

住宅ローンの金利や返済などサービスや金利・保証料の優遇にも力を入れており、さらには他の金融機関の口座情報をまとめて表示できる「人生手帳」というお金管理ツールに定評があります。

ソニー銀行に口座を開く方は投資に積極的で積立投資やNISAなどを活用しながら、自分自身で資産運用を進めて行ける方が多いといわれています。

ソニー銀行で投資信託を買うか、証券会社で買うべきか、どちらが有利かもよく比較して購入するために資産管理ツールをうまく活用してください。

ソニー銀行 公式ホームページはこちら

あとがき

投資信託は手持ち資金の少ない投資家でも株式等を購入できるようにしたものです。たいていのネットバンクで取扱いがありますが、できれば、銀証連携サービスを行っているネットバンクでネットバンクと証券口座を同時に開くほうが何かとメリットが多くなります。以上「投資信託におすすめのネットバンク5選」でした。最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

投稿者:

masariya

masariya

投資・実物資産・貯金・預金についてレポートしています。 投資は情報戦、皆様が得したと感じてもらえるような情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願い致します。