お金を貯められない社会人の特徴5選

サラリーマンのみなさん、働いているのに貯蓄できないと嘆いていませんか。貯蓄できないのはご自身に原因があるのかもしれません。

以下のものに一つでも当てはまる方は要注意です。

スポンサーリンク

1、仲の良すぎる友達が多い

友人がたくさんいることは大変良いことだと思いますが、
お金が貯まるかどうかという観点から見たら明らかにマイナスです。
友人が多いとそれだけ飲み会や遊びなどのお誘いも多くなり、結果出費も多くなります。
1週間の飲み代で万札が消えることなんて普通にありますから。
またこれから独身の友人がどんどん結婚していきますので、ご祝儀だけでも馬鹿になりません。
20代のご祝儀の相場はおよそ2~3万円程度と言われていますから、年に5人も結婚したら軽く10万円を超えてしまいます。
これまでの関係を壊したくないならご祝儀を出さない訳にはいきませんし、なかなか厳しいものがありますね。

2、財布の中身が千円札や硬貨ばかり

財布の中に千円札や硬貨がばかりの人もお金が貯められない人です。
人間と言うのは不思議なもので、コンビニでの買い物で1万円札などは簡単に使えません。
その一方、千円札や硬貨はあるだけ使ってしまう傾向にあります。
硬貨は入っているだけで財布が重くなり、早く使ってしまいがち。
財布を軽くするためコンビニのレジ前に置いてある安いお菓子などをついでに買ってしまうのです。
またコンビニでの1回当たりの購入金額は755円(2012年マルハニチロ調べ)であり、
千円札を使いやすい金額となっています。
できるなら万札を財布に入れておき、硬貨などは貯金箱とかに入れておくようにしておきましょう。

3、飲み物をよく買う

眠気覚ましや気分転換にコーヒーを良く買う人もお金が貯まりにくいです。
1本120円のコーヒーでも、それを毎日買い続けると凄い金額になります。
サラリーマンの平均就業日数が年間250日ぐらいですから、120円×250=30000円になってしまい、これが1日2本になると60000円に。
まさに塵も積もればという訳ですね。
またコーヒーを買いにコンビニなどによるとコーヒー以外の商品、例えばスポーツ紙やお菓子なども買っていませんか。
これではお金が貯まる訳ありません。
ちょっと早起きして水筒にインスタントコーヒーを入れて持っていくだけでもかなり出費を抑えられますよ。


スポンサーリンク

 

4、整理整頓や片付けできない

時間が無いことを理由にして片付けや整理整頓を怠る人もお金が貯まりにくいです。
整理整頓や片付けができないと必要なものが必要な時に利用できないことも。
せっかく前もって用意していても、いざ必要な時に使えなければ宝の持ち腐れです。
また必要な時に使えないだけならまだしも、結局再び購入しなければならず、
購入した後に前に購入していたものが出てきたりしたら自己嫌悪に陥ってしまいます。
20代独身サラリーマンが仕事や恋愛関係等で忙しいのはわかりますが、
週に1度くらいは部屋の整理整頓や片付けをやるように心がけてください。

5、ディスカウントストアでまとめ買いをする

ディスカウントストアに行ってまとめ買いする人もお金が貯まりにくいようです。
普通のスーパーやコンビニより商品の価格が安いので、
お金が貯まりやすいのではと思われるかもしれませんが、
つい、安いためいらないものも買ってしまいがちに。
まとめ買いにしても買ったことを忘れてしまい、
気付いたら使い切らないぐらいの量をストックしていることがよくあります。
またディスカウントストアは郊外にあることが多く、そこまで行くのに交通費が余計にかかってしまうことも。
ディスカウントストアに行くのならまとめ買いをしようとせず、
必要なものだけを買うようにしましょう。
あと交通費がいくら掛かるか考えて行くかどうか判断してください。

まとめ

お金を貯めることは心がけ次第でいくらでも出来ます。1日500円ずつ貯金する、飲み会の数を減らす、ついつい行ってしまいがちなコンビニを極力控える等、心当たりのあることがたくさんあるのではないでしょうか。または、上記で述べた事をやってしまいがちではないでしょうか。自分なりにもう一度生活を改めてみてください。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。