みずほ銀行が唯一宝くじを取り扱う4つの理由

3大メガバンクの中では少々控えめですが、全国都道府県や政令指定都市には必ず店舗があるため、何かと見かけることが多いのがみずほ銀行です。みずほ銀行といえば、宝くじ業務を行っています。

これも合併前の第一勧業銀行が取り扱っていた業務を引き継いだものです。ここではみずほ銀行の宝くじ業務にスポットを当てて解説していきます。

スポンサーリンク

みずほ銀行が唯一宝くじを取り扱う4つのわけ

ポイント1.歴史も古く、合併を繰り返してきたみずほ銀行

みずほ銀行は大変歴史が古く、前身は日本初の商業銀行である第一銀行と政府系の日本勧業銀行が合併してできた第一勧業銀行が主体です。

そして、金融再編時には、旧第一勧業銀行と旧富士銀行と旧日本興業銀行とが合併し、三菱東京UFJ銀行と並ぶほどのインパクトを持って誕生したメガバンクです。

重化学工業向けの長期融資が得意な旧日本興行銀行と安田財閥系の旧富士銀行との合併劇は、大変無理のあるものでしたが、こちらも各銀行の特色を活かした経営を行っています。

みずほ銀行がメガバンク中で唯一宝クジを扱うのも、旧第一勧業銀行が行っていた業務を引き継ぐ形となっているからです。

そして、全国都道府県と政令指定都市に存在するのも、宝くじ協議会から市長の名で銀行に委託する形になっているからです。

ポイント2.宝くじの歴史は旧第一勧業銀行の歴史でもある

現みずほ銀行の前身、旧第一勧業銀行は、1971年に合併した旧第一銀行と旧日本勧業銀行が合併してできた銀行です。

宝くじ業務は、旧第一銀行が行っていた業務です。

宝くじは終戦後に販売されましたが、発売元は各都道府県と政令都市になっています。

当初から旧第一銀行が委託されていた業務のため、その流れをそのまま引き継いでいることになります。

宝くじは発売元の収益金が大きく、他の金融機関も取り扱うことができないため、利権となっているのも周知の事実となっています。

今後もみずほ銀行以外の銀行での取り扱いはない思われますが、みずほ銀行は販売を委託されているだけであって、発売元は都道府県や政令都市だということも複雑さを倍増しているといっていいでしょう。

メガバンクのみずほ銀行が全都道府県になぜ支店をおくのか!
▶︎みずほ銀行が全都道府県に支店をおく4つの理由


スポンサーリンク

 

ポイント3.宝くじはみずほ銀行の独占業務だと定められている

宝くじは、それほど儲かるような業務ではありません。

宝くじの販売金額は年間にして約1兆円にものぼりますが、そのうち46%が当選金、40%が発売元の収益金、そして、14%が販売経費として公表されています。

みずほ銀行は、あくまでも業務を委託された銀行です。

発売元は都道府県などの公共団体ですから、あくまでも公共性の強い事業として考えられます。

みずほ銀行には、売上の約7%程度の手数料が入ります。

1兆円以上売り上げたとしても、たった7%程度しか収益が上がらないとなれば、あまり旨味のある事業とは言えません。

みずほ銀行が宝くじ業務を独占しているといっても、他の金融機関が実施するメリットが少ないことも長期間の独占の理由になっています。

みずほ銀行がなぜ店頭サービス満足度1位なのか!
▶︎みずほ銀行が店頭サービス満足度1位の理由

ポイント4.旧財閥系ではなく、みずほ銀行は自治体業務に強い銀行

みずほ銀行の宝くじ販売は、各都道府県や政令都市が発売元であることから、公共性が強い事業です。

みずほ銀行にも旧安田財閥系の旧富士銀行の歴史があります。

しかし、重化学工業への融資の多い旧日本興業銀行もあり、旧第一勧業銀行も政府系の金融機関としての使命がありました。

みずほ銀行へと合併するにあたり、政府系のカラーはすぐに解消するわけではなく、宝くじ業務を継続して行っているところを見ても、自治体とのつながりが強いのは当然だと考えられます。

全国の都道府県や政令都市に支店があるという理由も、採算性を重視しているわけではありません。

これは、社会的使命のある銀行としての存在するみずほ銀行の特色をよく表しています。

三菱東京UFJ銀行が堅実経営と言われる理由とは!
▶︎三菱東京UFJ銀行が堅実経営といわれる3つの理由

まとめ

みずほ銀行は店舗やATMなどでも宝くじを取り扱っています。

全国の都道府県や政令指定都市に必ず支店があり、みずほ銀行が登場する前から「宝くじ」の銀行として知られていた旧第一勧業銀行が独占的に委託され販売していました。

宝くじは公共性の強い事業であり、みずほ銀行の収益にそれほど貢献していないことも覚えておきましょう。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。