ソニー銀行がどんなサービスをしているのか調べてみた

SONYは3つの金融部門を持つ「ソニーフィナンシャルホールディングス」を連結対象に保有しています。その3つの金融部門には銀行、生保、損保といった金融事業が存在します。そのうちソニー銀行のサービス内容について解説していきます。

スポンサーリンク

ソニー銀行はどんなサービスをしているのか

ポイント1.ネット銀行でも高い顧客満足度を誇るソニー銀行

ソニー銀行といえば、金融自由化の波に乗って新しく登場した後発のネット専業銀行です。

ネット専業銀行なので多くの営業マンを必要とせず、顧客の満足度に注力した結果、ネット銀行で最も顧客サービスの質が高い銀行としての地位を確立することができました。

銀行の主力商品でもある住宅ローンは、ソニー生命からの顧客からも獲得することができ、その数も全体の3分の1近くを占めています。

ネット銀行は、誰も介さずにインターネットからの申し込みのみで終わるので顧客満足度が計れるようには見えません。

しかし、ソニー銀行が顧客満足度が高いことには秘密があります。

その秘密は、銀行業界の国際機関のサポート部門の認証を受けたコールセンターにあります。

銀行業界には、サポートサービス業界の国際機関「ヘルプデスク協会」があります。

ポイント2.既存の銀行にはないソニー銀行の顧客志向とサービスに対するこだわり

ヘルプデスク協会の認証によりソニー銀行のコールセンターは、Webサポートポータル部門で「五つ星センター」と呼ばれる評価を得ています。

既存の銀行といえば、窓口も午後3時には閉まってしまいますし、振込受付も当日の振込の受付も早い時間帯になっています。

こうした企業側の都合を重視せず、常にお客様に対してのサービスや利便性を重視した営業手法が多くの顧客獲得につながったというわけです。

まだ保守的な銀行業界にあって、銀行設立当時からメーカーのSONYの顧客志向が根づいていた証拠だと言えます。

銀行サービスにおいても、マニュアル対応を改め顧客に応じた応答やサービスの向上を目指しています。

コールセンターであっても高度なスキルが要求されるため、ソニー銀行のコールセンターは一流と呼ばれています。

ソニー銀行を選ぶ5つのメリットについて!
▶︎資産運用におすすめ!ソニー銀行を選ぶ5つのメリット


スポンサーリンク

 

ポイント3.見えない顧客に対してサービスの質をいかに向上させていくかが鍵

ネット専業銀行だからこそ、顧客サービスは目に見えにくく、お客様との接点も間接的なものが多くなります。

ソニー銀行のコールセンターもスタッフだけではなく、管理者も同じ共通の目標を持ち、お互いのコミュニケーションがうまく取れているため、顧客だけではなくヘルプデスク協会からも高評価を得ているのです。

スマホが普及しつつある現在では、さらに若い顧客の獲得を狙っています。

主要顧客は、30代から40代といったところですが、預金や資産運用に興味のある若い世代を増やすことも今後の課題となっています。

口座数も100万件といったところで、メガバンクと比べてもまだまだこれからの銀行です。

まだ今後の口座数獲得増加も見込めるでしょう。細やかな顧客対応ができるソニー銀行だからこそ成長が期待できます。

投資信託におすすめのネットバンク!5選
▶︎投資信託におすすめのネットバンク5選

まとめ

SONYの金融部門でも主力となりつつあるのが、ソニー銀行です。

ソニー銀行は他のネット専業銀行にはない高い顧客満足度を誇ります。

ヘルプデスク協会から「五つ星センター」としての認証を受けたコールセンターは、既存の銀行にはない細やかなサービスを行っています。

マニュアル対応をさらに進化させた顧客対応は、メガバンクや他のネット銀行の追随を許さないでしょう。

ソニー銀行で口座を開いている数もまだ100万件ですので、スマホの普及が進めば若い層にも広がっていくことでしょう。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。