南米初の五輪、ブラジルとはどんな国なのか

shutterstock_156266879済

2016年のリオ五輪も迫ってきています。日本とも歴史的になじみの深いブラジルですが一体どんな国なのでしょうか?
本記事ではブラジルの魅力や日本との関係、気になる治安についてもご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

1.ブラジル連邦共和国の概要

  • 南アメリカに位置する連邦共和制国家である
  • 首都はブラジリア、世界最大のポルトガル語使用人口を擁する
  • 人口は約2億人で世界5位、国の面積も南米最大で世界5位
  • コーヒー、砂糖、とうもろこしなどの輸出額は世界一
  • 新興産業国「BRICS」の加盟国であり、石油採掘や航空機製造企業も盛んである
  • 低緯度なため気候はとても温暖である

2.ブラジルの自然、観光的魅力とは?

膨大な自然

orig_Brazil9B
出典:http://moniquestudio.net/photos/brasil09.html

最大落差が80メートルもあり、世界3大瀑布で有名な「イグアスの滝」や、ブラジル第2の都市で今回五輪開催に沸くリオデジャネイロに眼を向けるとリゾートで有名な「イパネマ海岸」や高さ30メートルのキリスト像が建ちそびえる「コルコバードの丘」などがあります。

リオのカーニバル

そして何といってもブラジルと言えば、リオのカーニバルを思い浮かべる方が多いでしょう。

毎年2月の5日間に渡って開催されるキリスト教の謝肉祭なのですが、期間中は国中、徹夜でサンバのリズムにのって踊りまくります。世界的に有名で多くの観光客を呼ぶ一大イベントとなっています。

ただし、華やかなカーニバルの裏では飲酒による交通事故や喧嘩などで、死者が多い祭典としても知られています。


スポンサーリンク

 

3.ブラジルの食文化

移民が多く色んな国の料理が楽しめる

欧州からの移民や日本人をはじめとするアジア系の移民、多くの人種が混在していることもあり、イタリア料理や日本料理、中華料理など各国料理が味わえます。

中でもドイツ料理には定評があるようです。

ブラジルで愛される料理

Churrasco_carioca
出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/シュラスコ

またブラジル特有の料理としては、シュハスコ(日本ではシュラスコと言いますね)、豚肉、牛肉と豆の煮込み料理であるフェジョアーダが有名です。

またブラジル風にアレンジされたストロガノフもよく食べられているようです。

飲料では、ビール、ワインの生産はもとより、ガラナ飲料、アサイー、グァバ、アセロラなどフルーツ系飲料も好んで飲まれています。
そして忘れてならないのが、コーヒーの輸出量世界一と言うことです。特にサントスという豆が国内ではポピュラーなようです。

4.犯罪率が高い

日本の数十倍の犯罪発生率

治安は非常に悪いと言われており、殺人事件に発展するケースも多いようです。

犯罪の発生率も高く、人口10万人あたり日本の数十倍から数百倍と言われています。

警察がストライキを起こすことも

2012年の統計では、日本に比べて、殺人で34倍、強盗は315倍の発生率という結果が報告されています。

特に貧民街では、麻薬取引組織の抗争が日夜を問わず頻発し、多くの市民が犠牲になっているほどです。

あまりの犯罪の多さゆえか?ブラジルでは警察がストライキを起こすことがあり、当然ながら無法地帯となった国では犯罪が多発すると言う悪循環となっています。

5.日本との関係

その歴史とは

日本との外交関係派1895年に始まり、1908年6月の「笠戸丸移民」を皮切りに日本からの本格的な移民が始まったと言う経緯があります。

その後、第二次世界大戦時の一時断交などがあったものの良好な外交関係は続きます。1950年代に政府支援の移民が打ち切りになるまでブラジルに渡った移民の子孫が現在5世、6世となっています。

現在でも日本との関係は深い

現在ブラジルには、世界最大規模の日本人街「リベルダージ」を中心に、約150万人もの日本人が在住して、国外最大の日本人社会を形成しています。

それ以外にも

  • 日本航空
  • トヨタ
  • 東芝

をはじめとする日本企業も数百社進出しており、日本人学校も有数の規模で存在しています。
いずれにしても日本にとってはかかわりの深い国であることは間違いないでしょう。

あとがき

五輪開催で世界中の注目を集めるブラジルについて、そのお国柄を考察してみました。日本にとっては遠くて近い?存在であるブラジル。陽気な国民性で五輪をおおいに盛り上げてもらいたいですね。以上「南米初の五輪、ブラジルとはどんな国なのか」でした。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

taka

taka

投資、資産運用、オリンピックについてレポートしています。 他とは違った視点で皆様に新しい情報をお届けしていきます。どうぞよろしくお願い致します。