東京五輪の費用はどこからでているの?理解する3つのポイント

shutterstock_69078241済

2020年に開催される東京オリンピックは直接的な予算3,400億円に加え、インフラ整備予算など合わせると約8,000億円ほどのお金が必要になると言われています。

一体そのお金はどこから調達するのでしょうか?本記事では費用がどこから出てくるのかという謎について解明していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.8000億円の内訳について

直接的なものと間接的なものにわけられる

直近のソチ冬季オリンピックの約5兆円という莫大な開催費に比べて、東京の8000億円というのは予算としては少なく見えますね。

東京2020立候補ファイルによると

  • 競技会場
  • 選手村などの賃貸費用
  • パラリンピック大会運営
  • ITやインターネット関連人件費
  • 警備
  • 宣伝

などの直接的な予算が約3,400億円と見積もられています。またその他に競技場や選手村の建設やインフラ整備などの間接的な予算が約4,800億円ほどかかると見られています。

先行投資としての見込み

実際にはこれだけのお金を使っても、各国からの観光客や選手が東京に集結することで、商業施設や飲食、観光、ホテル、交通機関などが潤い、その予算の何倍もの大きな経済効果が見込まれます。

先行投資としては充分に期待できるのではないでしょうか。

2.誰がそのお金を負担するの?

成功ばかりではない過去のオリンピック

多額の税金を投入することで国家が揺らいだり、大きな負債を抱えてしまったりと、過去のオリンピックでは問題となってきた経緯もあります。

世界的なスポーツの祭典という性格から、本来は非営利で運営されるべきものとの見解をIOCも出しているものの、これだけ巨額のお金が動くとなるとビジネス抜きには成り立たない側面もあるようです。

税金だけに頼らない運営

近年のオリンピックでは、税金に頼らなくても運営出来るようになってきているようですね。

収入の3本柱は

テレビ放映料
スポンサー契約料
チケット売上げ

と言われています。

▶︎オリンピックの開催費用について気になる4つのこと

▶︎東京オリンピックによって起こる4つの経済効果


スポンサーリンク

 

3.収入の3本柱

テレビ放映料

オリンピックの放映権はIOC(国際オリンピック委員会)が管理しています。

IOCの下部組織でIBC(オリンピック放送機構)が国際放送センターを設置して映像を配信しており、各国テレビ局はIOCに放映権料を支払うことで、IBCより映像の配信を受けることが出来るというわけです。

こうして集められたお金がIOCより開催国に半分分配される仕組みとなっています。

東京オリンピックにおいても、IOCからのテレビ放映料の分配金を790億円と見込んでおり、予算の約23%を占めています。生中継が基本、スポンサーがつきやすい、高視聴率が見込めるというオリンピックの放映料も高騰の一途をたどっているようです。

スポンサー契約料

1業種1社であり最高位であるTOPスポンサーとして、コカコーラやマクドナルド、GEなどとともに、日本企業ではパナソニックが名を連ねています。

2016年からはブリジストンが、2017年からはトヨタもTOPスポンサーとして契約することになっているようです。

またTOPスポンサー以外にも、ゴールドスポンサー、オフィシャルサプライヤー/サポーター、オフィシャルライセンシーなどのスポンサーによる収入も大きな比率を占めています。

東京オリンピックでは、各スポンサー企業からの収入を1250億円ほど予算として計上しています。これは全体の約37%となり、テレビ放映料と合わせると約60%となります。

チケット売上げ

東京オリンピックでは、772億円(約23%)の収入計画を立てています。やはり日本で開催されるとなると行ってみたいと思う方も多いでしょう。

2012年のロンドンオリンピックでは約2,500円~259,000円までの幅があったようです。競技や年齢によってもチケット代金は異なるようですが、一番高いのは開会式というのはどの大会も同じようです。

東京オリンピックのアナウンスによれば平均7,700円

開会式25,000円~150,000円、
陸上や水泳の決勝30,000円、
その他は4,400円以下のチケット代金となりそうです。

チケットが売れるということは人が動き、お金が動きます。移動や宿泊、飲食などその相乗効果も無視できないところですね。

あとがき

いよいよ間近に迫ってきた東京オリンピック。ロンドン、北京、ソチなどに比べてコンパクトな予算となっています。極力お金をかけなくても立派に開催できるというお手本を示して欲しいですね。以上「オリンピックの費用はどこからでているの?理解する3つのポイント」でした。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

▶︎東京オリンピック開催にかかる費用を計算してみた

▶︎オリンピックの報酬金が高い国ベスト3

投稿者:

taka

taka

投資、資産運用、オリンピックについてレポートしています。 他とは違った視点で皆様に新しい情報をお届けしていきます。どうぞよろしくお願い致します。