東京オリンピック開催にかかる費用を計算してみた

shutterstock_150180902済

東京オリンピックの開催に向けて非常に莫大な費用が投入されているというのは皆さんご存知かと思います。しかし実際にはどれくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか?本記事では東京オリンピック開催にいくら使われるのか、個人的な予想を踏まえて計算してみました。

スポンサーリンク

1.国立競技場の改築

費用のうち、1番に費用がかかるのは施設や競技場の建設費だといわれています。特に国立競技場は、以前から改築がされるとアナウンスされており、この新国立競技場の建設にあたって投入される費用は約1800億円。

新国立競技場は東京オリンピックの主役になるであろう会場であり、開会式・閉会式は恐らくここで行われることでしょう。オリンピックの開催後も使用されることになると思いますが、1800億円という金額はとてつもない莫大な費用です。

賛否両論あると思われますが、これだけの費用をつぎ込むからには相当立派なものが完成することでしょう。オリンピックの開会式と閉会式が行われるシンボル的存在ですから、総予算のうちかなりの部分がここに投入されるということになりそうです。

2.臨海部の開発

2020年の東京オリンピックまでに完成を目指して、臨海部の開発が着々と進められています。

詳しい内訳は

  • 夢の島ユース・プラザ・アリーナ:事業費364億円
  • オリンピックアクアティクスセンター:事業費321億円
  • 有明アリーナ等の建設:事業費176億円

となっており、3つの施設を合計すると、約850億円の費用がかかっていることになります。新国立競技場程とはいかないまでも、莫大な費用がかかっているのですね。これらも是非、有益な使い方ができるような人気スポットになってもらいたいです。

2020年までに東京の海辺の地域の姿が大きく変わることでしょう。オリンピック終了後も観光名所や多くの人たちのレクリエーションの場となり、長きにわたって東京のシンボルになることに期待させられます。


スポンサーリンク

 

3.その他競技場の改築、建設

オリンピックでは非常に多くの競技が開催されるため、そのための競技場が絶対に必要となります。

そのための競技場は

  • 既存のものをそのまま利用する
  • 既存のものを改築する
  • 新たに建設する

上記3つのパターンが考えられますが、新たに建設する施設が多いとそれだけ多くの費用がかかってしまいますよね。

日本はスポーツ大国であり、先進国ですから新たに建設しないといけない施設が多いとは思えません。
既存の施設を改築、拡充するケースが最も多く、新たに建てる施設としては新国立競技場が中心で、それ以外の大規模な施設、競技場の建設は行われないのではないか?と予測されます。

全部で37会場、そして後は選手村の建設にもお金はかかってきますが、選手村は大会終了後には民間の住宅となるようです。

(iruka)

あとがき

今後の予定はまだ不明な点も多いですが、東京オリンピックの総予算を考えてみれば数千億円は投入されるだろうと予想ができます。東京オリンピックの総予算は全部で4500億円とされていますが、会場費に加え各種人件費もかかりますのでこれでは足りないのではという意見も出ているみたいです。本記事では東京オリンピック開催にかかるであろう費用を個人的な見解を踏まえて紹介致しました。これから開催に向けて具体的な金額について随時更新していきますのでどうぞよろしくお願い致します。ここまでご覧頂き誠にありがとうございました。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。