金メダルの報酬金が低い競技3選

shutterstock_228878062済

オリンピックの報奨金はメダル獲得と共に注目されている話題ですが、報酬金が高い競技もあれば低い競技もあります。
本記事では日本で報奨金が低い競技を紹介していきます。

スポンサーリンク

1.体操

体操競技は金メダルが50万円、銀メダルが30万円、銅メダルが20万円になります。
金額だけ見ると、体操の報奨金は割と安いという印象を持ってしまうと思います。

他の競技では何千万円という報奨金が与えられる競技もあるのですが、この体操はサラリーマンの月給並ですよね。それは日本が体操競技において、非常に強いということも関係しているような気がします。

報奨金は選手への頑張りに対するご褒美という意味もあれば、今活躍できていない競技に対する激励の意味もあるのでしょう。特定の競技は全然成績が奮わないが、報奨金を大きくして、今後は是非頑張ってもらいたいという意味合いもあると思います。

つまり、すでに世界的に見ても日本の体操競技は相当なレベルで、中国と共に2強と言われています。
したがって、体操競技にそんな大きな報奨金を設定する意味がそれほどないという表れであるかもしれません。

2.柔道

柔道は日本オリンピック委員会から金メダル300万円、銀メダル200万円、銅メダル100万円が支給されることになっていますが、全日本柔道連盟からの報奨金は0円として、ここが話題になったこともありました。

これは「日本の選手がメダルを取るのは当たり前」という考えが理由のようで、日本の選手をそれだけ評価しているとの表れでもあるそうです。

しかし、海外の選手も強くなっていますし、日本のお家芸といえどもメダルをとって当たり前という期待は逆に選手にプレッシャーを与えて、力を発揮しづらくしている面もあるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

 

3.女子サッカー

なでしこジャパンはワールドカップやオリンピックでは好成績を収めているのですが、オリンピックでもらえる報奨金の金額はさほど高くはありません。

オリンピックを通じて貰える金額は、金メダル150万円、銀メダル100万円、銅メダル50万円です。

この金額が日本サッカー協会から支給されるようですが、女子サッカーの場合はチームスポーツなので、余計に低く感じるかもしれません。
ただ、選手ごとに貰える報奨金もあるようで、それは1試合勝つごとに1人あたり30万円が支給されるとのことです。

なでしこジャパンの場合は、こうした国際大会では、毎回良いところまでいっていますから、メダル獲得は十分期待できるでしょう。
また、試合に勝つごとに貰える報奨金もそれなりに加算されれていくと思われるので、トータルでの金額はかなりのものになるでしょう。

最高でも150万円の報奨金も、500万円に増やす可能性を示唆する報道もありましたし、今後さらに選手のモチベーションが上がる可能性もありますよね。

あとがき

オリンピックの報奨金の高い競技は話題になりますが、低い競技はそこまで話題にならないですね。話題になるとしたら、少ないことに対する同情のコメントが寄せられるケースが多く、可哀想だという声もあります。それぞれの競技の実力の高低や考え方があるので、競技によって報奨金に高い、低いの差がうまれてしまうのは、ある程度仕方のないことなのかもしれません。以上「金メダルの報酬金が低い競技3選」でした。ここまでご覧頂き誠にありがとうございました。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。