金メダルの報酬金が高い競技ベスト3

shutterstock_82551610済

オリンピックの報奨金は国ごとにも違いますが、同じ国でも競技によってそのスポーツ団体からもらえる報酬金に大きく差があります。報酬金が高い競技とは一体どういったものがあるのでしょうか?本記事ではそんな各スポーツ団体からもらえる報酬金が高い国ベスト3を発表します。

スポンサーリンク

1位.水泳

日本は水泳競技で金メダルを獲得すると、3200万円の報奨金が出ます。これは日本水泳連盟から200万、さらに日本代表公式パートナーであるGMOクリック証券から3000万という内訳になっています。

3000万円という金額は非常に大きなもので、これは選手のモチベーションアップにつながることは間違いないですね。

水泳は大半が個人競技ですのでそれだけの人数×3000万円が支給されることになります。
競泳において金メダルを狙える選手は少なくありません。スポンサーとしてはメダルラッシュなどの状況になれば、ある意味嬉しい悲鳴を上げることになるのかもしれませんね。

2位.自転車

自転車競技は、日本ではあまり脚光を浴びるケースは少ないかもしれません。
テレビ中継などもあまりされませんし、ややマイナー競技という扱いなのかもしれませんが、報奨金は非常に高いです。

日本の場合ですが、金メダルをとると日本競輪選手会から3000万円が選手に支給されます。

これには理由があり、オリンピックの代表に選ばれるとメダル獲得を目指して合宿が行われます。オリンピック開催の数か月前から競輪の選手達は通常の競走を欠場した上で参加しているため特別な配慮がされているそうです。


スポンサーリンク

 

3位.陸上、バドミントン、卓球

このあたりの競技は日本だと、報奨金は1000万円と、非常に高額ですね。
特に陸上競技については、やはりオリンピックでは花形競技になりますから、注目度は凄まじいです。
陸上競技と一言にいっても種目数は多く、メダルを十分狙える競技もあります。日本の場合は、マラソン等の長距離走、ハンマー投げ、4×100mリレーなどの競技はメダルが狙える可能性は十分にあるでしょう。

また、バドミントンや卓球についても、メダルは十分狙えると思います。
特に卓球については、若い選手が多く活躍しているので、そういった選手が今後報奨金を獲得する機会が増えるのではないでしょうか?
女子の卓球については、スポーツニュースで報道される機会が多くなってきましたから、今後の東京五輪に向けても期待は大きいはずです。

あとがき

日本の場合は、以上のように各競技によって報奨金の金額は割と区々です。他の国でも競技によって報奨金の金額は異なると思いますが、公式機関からの支給のみではなく、スポンサーなど、その競技を応援している人からの支給もあるため、差が広がっている面もあります。こうした報奨金を良いモチベーションにしてほしいですね。近々報酬金が低い国も紹介する予定ですのでどうぞよろしくお願い致します。ここまでご覧頂き誠にありがとうございました。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。