わかりやすい!2016年4月から開始される電力自由化のまとめ 

2016年4月から電力自由化が始まります。電力の自由化によって自分の好きなところから電力を購入できるようになります。そして今、続々と電力を変えようと変更の電話をする方が非常に増えています。では、電力自由化のまとめを紹介します。

目次

スポンサーリンク

2016年4月から開始される電力自由化のまとめ

電力自由化には二つの意味がある

電力自由化といっても、うまく理解できずそのまま今の電力会社のままにしてしまいがちな方がいます。

しかし、電力を変更することによって得をする場合が多いからこそ注目が集まっているのです。

一つ目の意味「売る電気」の自由化

電気は「発電」と「変電」、「小売」の3つに分かれています。

発電は、全国各地にある電力会社と発電事業者2社によって行われます。

発電された電力は、政府認可の電力会社の変電所に送られ、最後に小売業者が電気を買い取り各家庭と契約します。

つまり、電力の自由化のひとつは「小売」です。

今までは地域独占だった電力事業者の電気を、小売業者が販売することで、コストを下げることが可能になるということなのです。

今まで以上に電力の競争が増え、電気料金がさらに安くなることが予想されます。

二つ目の意味「つくる電気」の自由化

もうひとつは、「電気をつくる」自由です。

再生可能エネルギーと言われる太陽光、風力発電事業者などがつくった電気を、最終的に家庭で使用することも可能になります。

もちろん、火力発電の電気も風力発電の電気も、電気には変わりありません。

ただ、作られた電気も、最終的には電力会社の変電所を通ります。

結果的に、生産者の「生産量」と「販売量」だけを判別して、自由に売買できるようになるということになります。

変更は至って簡単で、電話やwebから変更を申し込むことができます。

▶︎注目が集まっている電力の自由化!

電力自由化のメリットとは

誰もが気になるのがメリットです。

電力自由化で最も大きなメリットとは、やはり今まで以上に電気料金を安く抑えることが出来るようになることです。

今までは、基本的に地域で決まっている東京電力や関西電力など大手電力会社に申し込むことが普通でした。

しかし、2016年4月から始まる電力自由化によって、自分の好きな会社に変更が可能になります。

それも、電話や携帯電話会社のように3社、4社といった数ではなく、10数社、あるいは30も40もの会社から選ぶことが可能になるのです。

だからこそ、料金の価格競争が始まり、今まで以上に電気料金が安くなります。

▶︎4月から始まる電力自由化のメリット4つ

電力自由化のデメリットとは

電力自由化が全て良い事ばかりではありません。

今までは、地域の大きな電力会社が、長年積み重ねた経験をもとに電力の供給を行ってきたため、安定した電気の供給が可能でした。

しかし、電力の自由化によって参入するその他の会社の発電の設備等が優れていない、異なるなどさまざまな問題があります。

発電の設備等がしっかりしていない場合、電力の供給に不具合が生じる可能性があります。

一時停電または大規模な停電が起こる可能性も考えられます。

▶︎良い事ばかりではない!電力の自由化のデメリット4つ


スポンサーリンク

 

今より電気代が安くなる可能性は?

電気代が安くなる可能性は高いと言えます。

それも参入する会社の価格競争が加速するからです。

しかし、決して参入する会社が多いから価格が必ずしも安くなるわけではありません。

電気代が今までより安くなる条件は、契約数が多いことや発電コストが安いことなどが求められます。

また、環境に良いものとして太陽光発電や風力発電などが挙げられます。

残念ながら環境には良いものの、電気代が安くなることは考えにくいと言えます。

それは、いまだ電力発電の安定性に欠けていることが原因です。

▶︎電力の自由化によって電気代は安くなる?

電力自由化にさきがけておすすめできる会社は?

電力自由化にさきがけて続々と電力会社を変更する方が増えています。

決して今まで通り地域の電力会社に頼る必要がなくなるわけです。

しかし、先程お伝えした通り、契約数が多いことや発電コストが安いことなどが電気代が安くするための条件になってきます。

おすすめできる会社の一つとして、新日鉄住金エンジニアリング株式会社(発電)が挙げられます。

この会社は設備を作るだけでなく、ガスなどの燃料の効率的なエネルギー生産システムと、メンテナンスを得意としています。

安く電気を作るノウハウと、作り続けるノウハウがありますので、結果として元売り発電会社としては、非常に大きな力を持ちます。

販売に関して、子会社がどこまで変電所からの家庭契約数を伸ばせるかが期待されています。

他におすすめできる会社をこちらに載せています。

▶︎変更続々!電力自由化でおすすめする電力会社

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2016年4月から始まる電力自由化は徐々に今年の注目の一つとして話題に上がってきています。

続々と変更している方が増えているのも事実です。

前もお伝えしたように、変更も複雑ではなく、電話やwebから簡単にできます。

自分に合った電力を検討してみましょう。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。