バイオマス発電における3つのメリット

shutterstock_83814199済

皆様はバイオマス発電という言葉をご存知でしょうか?低コストで電気が作れてCO2問題をクリアした画期的な発電方法として今、注目を集めています。本記事ではそんなバイオマス発電の魅力についてまとめみました。

スポンサーリンク

そもそもバイオネス発電とは?

仕組みについて

発電と聞くとどうしても難しいイメージをしてしまう分野ではありますが、バイオマス発電はとても簡単な仕組みになっています。

バイオマスとは、動物や植物等の生物から作られるエネルギー資源で、化石燃料を除く総称としています。

企業から大量に出される木材(植物)や家畜糞尿(動物)を材料としてそれらを燃やしたり、発酵させたりすることでガス(エネルギー)を作り、そのガスでタービンを回し電気をつくるシステムです。

いつもは捨てていた家庭の生ごみやお庭の雑草を資源として発電に利用するイメージです。

日本のエネルギー事情

現在、日本の電気は化石燃料から作られる割合は4割と非常に多くを占めています。

しかし、石油産出国の情勢や相場は不安定であり、この先ずっと日本が買い取れる保証はどこにもありません。

そこで本来は廃棄していた有機資源から電気を作るバイオマス発電が注目されているのです。

1.バイオマス発電はCO2を出さない!?

バイオマスは環境に優しいの?

「ちょっと待って!有機資源であっても燃やせばCO2は発生するでしょ!?」と思われる方もいらっしゃるはず。

CO2は地球環境に大きく影響を与える為、将来的にも問題を心配されています。

しかし、バイオマス発電はトータルで考えるとCO2を発生させていないという定義が成立しているのです。

それは「カーボンニュートラル」というあまり聞き慣れない定義書によって説明されています。

カーボンニュートラル

バイオマスの材料である木くずなどを燃やすと、当然CO2は発生します。

しかし、もともとCO2は植物が大気中から吸収したものなので、総合的に考えると燃焼させてもCO2の量は変化しないという考えが「カーボンニュートラル」の定義です。

化石燃料もバイオマス資源と同じように燃焼すれば、CO2を発生させます。

しかし、この場合は何億年も前のCO2を現代に放出させるという点を考えますと、増やしているという結論になります。
バイオマス発電は現在のCO2を吸収し、また、現在に同じ量戻すという理論から化石燃料とは違う点がメリットなのです。

昔のCO2か、現代のCO2かという問題ですね。


スポンサーリンク

 

2.日本のお財布に優しい

バイオマスは発電は低コスト!

どんなに地球環境に良くても、どんなに素晴らしい行いであっても採算が取れない事であればちょっとナンセンスですよね。

やはり、将来の子どもの為に!と高らかに宣言しても、何百億円も借金では「おい、おい」と思わず文句も言いたくなるもの。

しかし、このバイオマス発電の素晴らしさは低コストで電気をつくれる可能性が非常に高いのです。なんと言っても、今までは捨てていた有機物から電気を作るという発想から生まれているからなのです。

私たちが毎日必ず出す生ゴミから電気が生まれて、その結果、地球環境も良くなり、経済的にも良いなら、GOODですよね。

どのようなものが材料になるのか

  • 建築廃材
  • 木くず
  • 家畜の糞尿
  • 家庭の生ごみ
  • 下水汚泥

などが挙げられます。

また、サトウキビの不要になった皮などを発酵させて、アルコールを作り燃料にすることもできます。

家畜の糞尿などの処理に困っていたものが価値のあるものへ変わる。これはゴミから宝が生まれると言っても過言ではありません。しかも、海外原料に頼らない、純国産のエネルギーという響きも嬉しい限りです。

3.自然とは違い、安定型の発電方法

自然エネルギーは安定性に不安が

自然エネルギーも素晴らしい発電方法なので、これからも利用していきたいのものですが、自然は時に気まぐれな側面を私たちに見せることがあります。自然は常に安定していません。

風力は風が吹かなければ動きませんし、太陽も曇りではエネルギーは取れません。

私たちの生活で発生させる資源から電気が取れるのであれば、自然エネルギーとバイオマス発電ダブルで安心な電気の供給システムが期待できます。

バイオマス発電はまだまだこれから

もちろん、安定的な有機資源を確保・資源の保管場所などの問題はまだまだありますが、その点をクリアしていけば、後々、電気の心配が少ない日本に生まれ変わる可能性も十分にあるのです。

また太陽光発電・風力発電・水力発電は設置場所に条件が多いのですが、バイオマス発電は比較的、人の住める場所に発電所を置け、設置場所に自由があり電気の地産地消の考えが成立しやすいのです。

あとがき

低コスト、安定性といった面で注目されるバイオマス発電ですが、今後ますます目が離せませんね。近々バイオマス発電における課題点を説明していきますのでどうぞよろしくお願い致します。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。