ハワイの再生可能エネルギーへの取り組みがすごかった

日本人が海外旅行へよく行く場所にハワイがあります。常夏の島ハワイとも呼ばれますが、そのハワイで革新的な取り組みが始まっています。その取り組みとは、再生可能エネルギーを100%にするというものです。

それも掛け声だけではなく、ハワイ州議会で決まりました。「2050年までに消費電力を100%再生可能エネルギーでまかなう」といったものです。35年後のハワイの未来はどうなっているのでしょう。

スポンサーリンク

ハワイの再生可能エネルギーへの取り組み

ポイント1. アメリカ初のハワイの再生可能エネルギーの環境への取り組み

アメリカのハワイ州では、年間40億ドルが、自動車のガソリンであったり、発電に必要な石油燃料の輸入に使われています。

つまり、化石燃料の依存度がとても高い状態です。

そこで、化石燃料に代わるクリーンな代替エネルギー源を開発することに決めました。

ハワイは、数年前から連邦エネルギー庁などと共同で「ハワイ・クリーン・エネルギー計画」を推進しています。

具体的には、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーを大幅に増やすものです。

ハワイは周囲を海に囲まれているため、幸いにも大自然を利用した再生可能エネルギーを積極的に利用できる環境にあります。

また、ハワイは石油や石炭も産出されない島です。そして、原子力発電所の建設も憲法によって制限しています。

必然的に再生可能エネルギーへの期待が膨らんできたというわけです。

ポイント2. 再生可能エネルギーの割合を上げ最終的には100%に

再生可能エネルギーへの転換はそう簡単ではありません。

ハワイは1人あたりの化石燃料消費量がアメリカでも最も多い地域です。

無駄なエネルギーを使っていないか、省エネに関する意識を高めると同時に、2050年までに段階的に再生エネルギーへの転換を図る目標を掲げています。

今のところ100%再生可能エネルギーで賄っているアメリカの州はありませんから、野心的でもあり画期的な試みだと言えます。

まずは、2015年までに15%、2020年までに25%、2030年までに40%、2035年までに70%といった段階になっています。

現在、ハワイの再生可能エネルギーの割合は、23%を超えています。

2020年の目標を達成するのも時間の問題で前倒しでの目標達成も実現する可能性が出てきています。

再生可能エネルギーについてはこちらへ!
▶︎注目されている再生可能エネルギー5選


スポンサーリンク

 

ポイント3. ハワイの主力の再生可能エネルギーはこれだ!

ハワイでは当初、再生可能エネルギーを100%に達成することは不可能だと考えていました。

また、当初は2030年に100%にする、という目標でしたが、結果的に2050年に遅らせています。

しかし、計画が始まってからは、ハワイの人々の努力もあって、多くの再生可能エネルギー計画が立ち上がり進んでいます。

ハワイ州には5つの島がありますが、50以上の再生可能エネルギー計画があります。

例えば、地熱発電が盛んです。地熱発電所のある島ではすでに再生可能エネルギーの割合が50%に達しています。

さらに、石油よりもコストは安くなっているため、化石燃料を使用するよりも圧倒的に環境に優しく、節約も出来ます。

日本が抱えるエネルギー分野での問題点について!
▶︎日本がエネルギーの分野で抱えている4つの問題点

ポイント4. ハワイだけでなく、アメリカの他の州や国にも波及している!

ハワイ州では、全ての再生可能エネルギー計画がうまくいっているわけではありません。

大規模なリゾートホテルでは、電力消費量も多く、天然ガスなどの化石燃料による発電を行っているところもあります。

つまり、大量の電力を必要とするところでは、まだコストが安いとされる化石燃料を使うしかないのも現状です。

しかし、すでに23%の再生可能エネルギーへの転換が進んでいることから、ハワイ州だけではなく、サンフランシスコやサンディエゴも同じような取り組み目標を掲げています。

そして、アイスランドはすでに再生可能エネルギーの利用が100%に達しています。環境配慮への意識が高い北欧諸国では、再生可能エネルギーの利用を100%にすることを掲げています。

これからの注目は水素エネルギーだ!
▶︎水素エネルギーが注目される4つのわけ

まとめ

ハワイ州は、もともと石油などの化石燃料によるエネルギー消費が多かったのですが、それを改め、2050年までに段階的に再生可能エネルギー100%にまで移行していく計画を立てています。

既に50以上の再生可能エネルギープロジェクトも立ち上げ、前倒しで目標を達成しつつあります。

ハワイ州の動きは、サンフランシスコやサンディエゴなど、他の自治体にも広がっているのです。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。