水素エネルギーが注目される4つのわけ

原子力発電所の事故が現実のものとなり、今後も安全性に疑問が残ります。一方で石油、石炭などの化石燃料はその原料の全てを輸入に頼っている現在、今までのエネルギーに代わる新しいエネルギーを研究・開発する必要が出ています。

そこで注目されているのが、クリーンで製造コストも安く、いろいろな原料から作ることができる水素エネルギーです。水素エネルギーが注目されている理由をいくつか見ていきましょう。

スポンサーリンク

水素エネルギーが注目されているわけとは

ポイント1.

既存のエネルギーよりも製造コストが安い

水素エネルギーは、いろいろな製造方法がありますが、できるだけコストをかけない製造方法もあります。

水素を天然ガスなどの化石燃料から取り出すときは、原料や排出される副次的物質があります。

当然ですが、水を電気分解する方法では、電気を必要とします。

今のところ、水素製造設備は大規模なものになっていて、まだまだ低コストとはいえません。

水素を発生させる電極で白金があります。しかし、それに代わる物質が、多孔質グラフェンと呼ばれ、その多孔質グラフェンを利用して、より低コストで小型の水素ステーションを設置する試みが進んでいます。

水素ステーションでは、その場で水素燃料を作り出すことから、水素の貯蔵の心配も少なくなっています。

ポイント2.

水素エネルギーの原料は、化石燃料だけではなく、バイオマスや水などさまざまである

水素はどこから手に入れることができるでしょうか?燃料電池として使うには、低コストで大量に作る必要があります。

一般的には天然ガス、石油から水素を作り出す方法があります。しかし、従来の化石燃料を使う方法では、多少のロスがあります。

他には低コストで水から作る方法もあります。電気を使い、水から水素と酸素を取り出す方法です。

いわゆる「電気分解」を応用します。二酸化炭素も発生しませんが、電気を使うため結果的には化石燃料を使う必要があります。

もうひとつが、エタノールやメタノールを改質して水素を作る方法です。

それぞれ実際に水素ステーションが稼働しています。ゴミから生まれたメタンガスやエタノールもバイオマス燃料として注目を浴びています。

原子力と太陽光発電はこれからどうなるのか
▶︎5つの視点からみた原子力発電と太陽光発電のこれから


スポンサーリンク

 

ポイント3.

燃料として使用しても後に残るのは水だけのクリーンエネルギー

水素を作り出す方法として、低コストでしかも水素の他に水しか発生しない製造方法もあります。先ほどの水の電気分解を応用した水素燃料電池の製造方法です。

しかし、火力発電のような化石燃料を燃やす方法で電力を作ると、逆にクリーンどころか無駄な資源を使ってしまいます。

そこで、太陽光エネルギーや風力発電といった発電方法で電力を供給し、水の電気分解を行うことで、水素エネルギーを発生させることができます。

水の電気分解によってできるのは、水素と酸素であることから、もし実現すれば自然界にある物質で電気を作ることができ理想的なクリーンエネルギーとして、水素エネルギーの利用が普及するでしょう。

太陽光発電についてはこちらへ!
▶︎太陽光発電を理解する5つのポイント

ポイント4.

発電効率もよく送電ロスもない理想的なエネルギー

水素エネルギーは、低コストで環境にも優しい製造方法が研究されており、近い将来、街には電気ステーションと同じように、水素ステーションも設置されていく可能性が極めて高いと言えます。

水素エネルギーは、貯蔵の問題もクリアされており、発電効率もいいとされています。

これは、燃料電池が化学エネルギーを直接電力に変換できるからです。

従来の化石燃料を使った発電では、送電線を通って送られますが、必ずロスがあります。

しかし、水素エネルギーなどの燃料電池は、その場で作り出し、その場で水素エネルギーを消費しますので、無駄がないというわけです。

あとがき

水素エネルギーや燃料電池の普及には時間がかかりますが、水素エネルギーは、製造コストも安く、製造方法も化石燃料を使わないクリーンな方法もあります。

発電効率や送電ロスも少ないため、実現すれば爆発的に普及し、今までの原子力発電や火力発電に代わるエネルギーとなることは間違いありません。

今後の研究成果が待ち遠しくなります。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。