グローバル化が進むと日本人も英語を話せないといけない時代の到来か

国際的な分野で活躍できる人材が求められるなど、日本社会においてグローバル化への対応が求められていますが、このような中で、やはり英語に対する意識を芽生えさせないといけないのでしょうか?

目次

スポンサーリンク

グローバル化が進むと日本人も英語を話せないといけないのか

1.英語が話せないとグローバル化の中で生きていけないのか?

グローバル化の社会の中で、英語が話せないと何か支障が出るのか?というと、それはどのフィールドで生きていくか?にもよります。

例えば、就職活動をしていて商社に入りたいと思っている学生であれば、英語を含めて外国語ができないと非常にマズイと言えます。

商社で働く人間は、国内よりも海外で過ごす時間が長い場合もあるため、海外で生活だけではなく、仕事もしていかないといけないとなると、やはり外国語の習得は必須と言えるでしょう。

商社を目指す学生や商社で働く人間は、英語などの外国語が話せないとそもそも務まりません。

こういった分野で活躍するためには、英語が話せないと支障が出ることは間違いありません。

2.英語が話せないと仕事ができないのか?

商社の例は非常に顕著なものとなると思いますが、それ以外の業界では全く事情が異なるでしょう。

商社の場合には入社前に、採用試験を実施する段階で、ある程度英語力などをチェックされます。

それ以外の業界では、そもそもチェックもされないでしょうし、英語の能力がどれだけあるか?は入社にそれほど関係ありません。

3.英語ができなくて困らない企業もたくさんある

商社と違い、国内で仕事をするケースと海外で仕事をするケースを適材適所で分けることがあります。

英語ができる人材は海外で活躍してもらって、そうではない人材は国内で活躍してもらうという形で振り分けを行います。

商社は全員が海外と日本を行き来するようなケースに該当しますので、全員に英語力が必須になってしまうのです。

そういった意味では、将来的に働きたい分野によっては英語は必須だが、分野によっては決してそうでもないと言えます。


スポンサーリンク

 

4.英語を社内公用語に設定した企業もあるが・・・

英語を社内の公用語に設定した企業もありますが、このあり方に関しては各所から反対や疑問の声もあがっています。

これからのグローバル化の時代に、英語に対する意識付けを行う面は決して悪いことではありません。

しかし、英語しか話してはいけない環境を本当に作る必要があるのか?という声もあります。

英語を話せる必要性というのも、結局は部署によるという言い方をしている人もいたりと、社内全体で英語を公用語化することが必ずしも正しいとは言えないという見方もあるのです。

5.英語を話せるようになるべきか?どうかは人によって違う

英語を話す必要性の有無は、仕事においても、それ以外においても人によって全然違います。

英語が話せると便利なのは、外国人とのコミュニケーションがとれるということ、または読書や映画などで、他の国の作品を字幕なしで、吹き替えや翻訳なしで楽しめるということもあるでしょう。

仕事でもそうですが、趣味においても英語が話せると、理解できると便利に感じる側面は少なからずあります。

しかし、そういった必要性は全員にあるわけではないので、必ずしも英語が話せないといけないわけではありません。

6.それぞれにおいて英語に対する必要性次第

仕事において、またはさまざまな側面において、英語を聞けたり話せたり方が、得する機会が多いのは間違いありません。

しかし、英語が話せるようになるには相当な苦労を伴います。

そのため、そこまでする必要性を各自感じた場合に、初めて英語に対する意識の改革や取り組みを行えば良いのです。

それぞれの生き方によって、各自の英語の必要性は変わります。

自分の人生の希望に合わせて先を読み、英語に対する必要性を考えて、どのように英語に対して接していくか?を決めていくと良くことが大切です。

まとめ

グローバル化の影響により英語の必要性が高まってきているのは間違いありませんが、それは皆が決してそうではありません。

将来したい仕事や国によって異なってくるというのが今現在の状況と言えます。

しかし、これからいきなり英語が本当に必要な時代が急に訪れないとも言い切れないのも事実です。

それは、日本近隣諸国の発展が進みつつあるからです。

だからこそ、英語は身に付けて決して損はしないツールであると言えます。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。