中国人はなぜ爆買いできるほどお金があるのか

中国人が日本に旅行に来て、大量に買い物をして行く爆買いが注目を浴びています。爆買いする中国人旅行客を見て、中国人はお金持ちだと思う人も多いでしょう。ここでは、なぜ中国人が爆買いできる理由を説明して行きます。

目次

スポンサーリンク

中国人はなぜ海外で爆買いできるほどのお金があるのか

1.中国人は貧富の差が非常に大きい

中国は日本よりも物価水準が低いです。

しかし、日本よりも貧富の差が大きく、主に農村部に住む貧困層の人たちと、都市部に住む富裕層の人たちとでは、経済力に大きな差があります。

日本においても、都市部と地方でだいぶ差があると思う人が多いかも知れませんが、中国ではもっと貧富の差が大きいのです。

中国人全体で平均して見てみると、日本よりも所得水準がだいぶ低いですが、中国の富裕層の人たちに限って見てみれば、一般的な日本人よりも遙かに裕福なのです。

2.爆買いをしているのは富裕層の人たち

日本に旅行に来て爆買いをしているのは、中国人の中でも裕福な人たちが中心です。

貧困層の人たちは、毎日の生活だけでも精一杯で、日本に旅行に来ることなんてできません。

爆買いをしている様子を見ると、かなりお金持ちのように見えますが、見たとおり、お金持ちなのです。

しかし、爆買いできるくらいの富裕層の人たちは、中国人の中でもほんのごくわずかです。

メディアなどでよく取り上げられるため、あたかも中国人の多くが爆買いをしに日本に来ているような印象を受けます。

しかし、爆買いをしているのは投資などで成功したごく一部の人たちです。

中国バブルを知りたい方に向けた記事!
▶︎簡単に理解できる!中国バブルとはいったい何だったのか

3.最近では、中間層の人たちも爆買いをする?

最近では、爆買いをする人たちの層が広まってきています。

ごく一部の人たちから、次第に中間層の人たちも日本に旅行にやってきています。

ただ、中間層の人たちは富裕層の人たちほどお金を持っていません。

爆買いというよりは、少し多めにお土産を買って行くぐらいです。

中国バブルに関するおすすめの記事!
▶︎本当に中国バブルは崩壊してしまったのか!?


スポンサーリンク

 

4.円安が追い風になっている

アベノミクスにより、外国為替市場が円安に大きく傾いたことも、中国人観光客の爆買いを牽引した要因の1つとして挙げられます。

円安に傾けば、円以外の通貨を使っている国の人たちにとっては、日本に旅行しやすくなるためです。

宿泊費が安く済むばかりでなく、買い物をするのも自国通貨建てで見ると安く済みます。

さらに、中国人観光客向けの免税店などもあり、外国人観光客が買い物をしやすい環境が整っているのです。

最近では、がん検診を受けるために、日本に旅行に来る中国人もいます。

日本の商品や日本人が提供するサービスは、世界的に見てもクオリティーが高いと評価されているのです。

中国に関する注目の記事!
▶︎まだ心配する必要なし?中国経済はこれからどうなるのか

5.日本人のように貯蓄にこだわらない

爆買いをしている中国人のほとんどは富裕層の人たちですが、その人たちの中には2015年6月の中国株の大暴落により大きな損失を被った人も少なくありません。

日本人であれば、投資で大損してしまった場合、これ以上財産を減らさないように消費を極力控えるようにする人が多いでしょう。

ハイリスクな投資は避けて堅実に貯蓄をしようとします。

しかし、中国人は日本人ほど貯蓄することにこだわりを持っていません。

投資で大損して落ち込んだ気持ちを紛らわすために爆買いしている中国人もたくさんいます。

中国人が爆買いをするのは、こういった国民性の違いも大きな要因とされています。

まとめ

中国人のイメージとしてすっかり定着してしまった爆買いですが、実際に爆買いをしているのは中国人の中でもごくわずかの富裕層の人たちばかりです。

大半の中国人は、日本に旅行に来る経済的な余裕はありません。

しかし、裕福な中国人が爆買いをすることで、日本の経済が潤っているのは事実です。

中国経済が回復すれば、さらに爆買いが加速して、日本も好景気に向かって行くかも知れません。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。