老後のために注目されているリバースモーゲージに潜む4つのリスク

老後の資金調達手段として今最も注目されているのがリバースモーゲージです。マイホームを担保にお金が借りることができ、生きている間は返済も不要ですがそこには落とし穴があります。リバースモーゲージのデメリットに絞ってお伝えします。

スポンサーリンク

リバースモーゲージに潜む4つのリスク

ポイント1.マイホームの現在価値の半分以下しか貸してくれない

マイホームは、自分の持ち物で唯一の財産だと思って大切にしていても、売却をしようとしたが思ったような不動産評価額が出ないことがあります。

基本的に、現在のマイホームを評価してその評価分のお金を貸し出すのがリバースモーゲージです。

しかし、担保となる自宅に価値がないとすれば全くお金を貸してくれないこともあります。

金融機関にもよりますが、意外と評価は低めです。

メガバンクでもマイホームの時価の50%までか1500万円のどちらか低い金額でしか借りることができない場合があります。

自宅を処分したいとなると値段を下げて売却したほうが手元にたくさんのキャッシュが残る場合もあります。

ポイント2.マンションは対象外となる金融機関もある

リバースモーゲージは、以前は土地付き一戸建てが対象でしたが、その対象範囲を広げマンション向けの融資も始まっています。

しかし、多くは土地のある一戸建て住宅が中心で、まだ土地の力は強いと言えます。

ただ、一戸建ては全国を対象範囲としていますが、マンションはあくまでも都市部の資産評価の出る地域に限定されています。

今現在、マンションを購入する人が多くなっていますので、地方都市でマンションを購入した人は、リバースモーゲージを使わず売却した方が手元にお金が残ることになります。

信託銀行であっても、東京都や神奈川県、愛知県、大阪府といった人口が一定以上ある大都市でないとリバースモーゲージの利用ができないことがあります。

そのため、リバースモーゲージの利用がまだ普及していないのも無理はないでしょう。

リバースモーゲージを選ぶ4つの理由について!
▶︎老後の強い味方!リバースモーゲージを選ぶ4つの理由


スポンサーリンク

 

ポイント3.変動金利で住宅ローンよりも金利が高い

リバースモーゲージはマイホームを担保にお金を貸してくれる仕組みです。

しかし、変動金利が採用されていることが多く、契約期間中に金利が大幅に上昇した場合は時間と共に借入残高が上昇していきます。

つまり、マイホームが担保になっているけれど、現金を借りているのと同じことになっています。

リバースモーゲージの場合は、金利が3%程度となっており、住宅ローンよりも圧倒的に高い金利が適用されています。

そのため、この金利が上昇すれば利息の負担が増えてしまい、毎月利息の支払いを求められることもあります。

マイホームを手放す必要がないとはいえ、追加で支払いを求められたり、高金利が適用されて借金が増えていく事実を知ると少し気が重くなってしまいます。

長生きすることがリスクになってしまう典型的な例です。

リバースモーゲージのこれからを紹介!
▶︎年金の代わりとして注目を集めるリバースモーゲージのこれから

ポイント4.不動産価値が下がったり、長生きすることで借入枠の制限がかかることもある

先ほども指摘しましたが、長生きをすると借入当初に予定していた年齢を超えてしまうことがあります。

長生きはとても良いことです。

しかし、借入残高が不動産の評価額を超えてしまうとそこで融資がストップしてしまいます。

また、逆に契約期間中にマイホームの不動産評価額が下落し、担保割れが発生することもよくあることです。

こうして、逆に利用する側に不利益をもたらすこともあるのがリバースモーゲージのデメリットです。

金融機関側も担保価値のある不動産しか対象にしておらず、首都圏や大都市でなおかつ土地付き一戸建てでなければ貸し出しは行いません。

高額物件であっても、貸し出す金額は1500万円程度です。

亡くなった後に全てを失うわけですので、利用限度額が少なすぎるケースも大いにあるということです。

リバースモーゲージを取り扱うおすすめ金融機関についてはこちら!
▶︎リバースモーゲージを取り扱うおすすめ金融機関4選

あとがき

リバースモーゲージはマイホームを担保に返済不要の老後資金を借りることができます。

しかし、最高でも1500万円までしか利用できず、マンションや都市部以外では利用できなかたり、変動金利で金利がとても高いというデメリットがあります。

長生きをしたり、不動産担保価値が下がったりすると借入枠に制限がかかり融資がストップする場合もあります。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。