カードローン借り換え時の3つの注意点

カードローンの借り換えにより金利が抑えられるメリットがあります。ただし、借り換え時の手続きや借り換え先の条件をよく確認しないと、損することも有り得るのです。カードローン借り換え時の3つの注意点について確認していきます。

スポンサーリンク

カードローン借り換え時の3つの注意点

1.借り換えの審査基準が厳しい

カードローンの借り換え審査基準は厳しいです。

なぜなら、カードローン借り換えにはある程度の金額を要し、無担保での借り入れが可能になる場合もあるからです。

よって、借り換え先としては、当然、支払い能力のある人に融資を行いたくなります。

そのため、あらかじめ借り換えの審査に通るかどうかを事前に借り換え先に相談に行く必要があります。

また、借り換え前にはきちんと返済期日を守れるとしても、借り換え後に返済期日を守れなくなるようなことも有り得るのです。

このような場合も考えて審査は厳しく行われます。

銀行の場合は、特に金利が低く設定されているため、審査基準が厳しくなっているので注意が必要です。

2.金利や返済期間の条件がいい借り換え先を選択して、かえって不利になる場合がある

カードローンの借り換えを行う場合には、借り換え先の選択が大事なポイントになります。

カードローンの借り換えは金利を抑えることにあるので、金利の高いところを選択することはないでしょう。

気を付けなければならないのが、金利が低すぎるところです。

特に、あまり名の知れていない業者で、銀行と変わらないような低い金利を設定しているところです。

金利を低く抑えられるのは銀行のみといってもいいです。

よって、金利が低すぎるところは悪徳業者の場合もあるので注意が必要です。

また、金利は個人の信用度により決定されますが、借入金額でも変わります。一般的に、借入金額が大きいほど金利が低くなります。

よって、金利を抑えようとするあまり、借入金額が増えてしまうこともあるので注意が必要です。

また、返済期間が長い借り換え先です。

返済期間が長いのは、毎月の返済の負担が軽減されるというメリットがあります。

ただし、返済期間が長くなる分、利息の金額がトータルで増えることになり、結果として支払総額が増えることになります。

よって、目先の金利や返済期間の条件にとらわれずに、支払総額が借り換え時に軽減されるようにすることを目標としましょう。

カードローンの借り換えをするメリットについて
▶︎カードローンの借り換えをする3つのメリット


スポンサーリンク

 

3.借り換えの時、総量規制により全額の借り入れができない場合がある

カードローンの借り換え時に、現在、借入している全額を融資してもらえるかどうかは定かではないです。

消費者金融では、総量規制があります。

総量規制とは年収の3分の1を超えて、貸し出しをしてはならないという制度です。

よって、消費者金融では、カードローン借り換えの融資を行う場合、現在の借り入れの一部の金額のみしか返済できないことも有り得ます。

このような事態にならないためにも、先ほど述べたように事前に相談をしておくべきでしょう。

また、おまとめローンや銀行のカードローンの場合は、総量規制の対象外となります。

まとまった金額を借り換えたい場合は検討しても良いでしょう。

海外に行かれる方必見!
▶︎新生銀行を選ぶ4つのメリット

4.まとめ

カードローンの借入金額が増えていくと冷静さを失うことになります。

よって、その場しのぎで借り換えをしてしまうことにもなりかねません。

あくまでも、借り換えは金利を抑えることが大前提であり、支払総額を減らすことが目的です。

よって、借り換え前の条件と借り換え後の条件をよく比較して、トータルな観点で借り換えを検討すべきです。

また、審査基準は借り換え先により条件が異なるので注意が必要です。

そして、金利や返済期間の条件だけに注目するのではなく、相談に乗りやすい借り換え先であるかも検討すべきです。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。