カードローンの借り換えをする3つのメリット

shutterstock_221549029済

カードローンの金利は高めに設定されており、また複数のカードローンの支払いを行っていると支払いの管理が大変ですよね。このような時に、カードローンの借り換えが役に立つことはご存知でしょうか?本記事ではカードローン借り換えによるメリットについて紹介していきます。

スポンサーリンク

1.金利を抑えることができる

カードローンの借り換えとは?

借り換えとは高い金利で組んでいたローンをより低い金利で組み直すなど、有利な条件で借り入れし直すことをいいます。

多くのカードローン会社から融資を得ている人は少なくなくそういった多くの方に注目されています。

利息の負担が減る

カードローンの借り換えにより、金利が抑えられるというメリットがあります。

現在、借りているカードローンより低い金利のカードローンに借り換えすることで、利息の負担が減り、その結果、利息の減少分が元金の返済分に充当され、返済期間を短縮することができます。

よって、借り換えにより、今までのカードローンの金利と比較して、どの程度の金利が下がるのかを把握することがポイントとなります。

カードローンの借り換えによる金利の引き下げにより、最終的には支払総額を引き下げるメリットが得られます。

2.おまとめローンの利用ができる

返済総額を理解していない人は多い

カードローンを複数の業者から利用している人は、ローンの金利を把握していないで、返済総額がいくらになるか分かっていない人が多いです。

さらに、毎月の返済額も分かっていないで、給料のうちほとんどがカードローンの返済に回っている場合もあります。

この状況では、いつまで経っても借金を減らすことはできません。

そんな人へおすすめしたいのが、おまとめローンへの借り換えです。

返済日を統一することができる

挙げられるメリットとして返済日を統一する、ということが挙げられます。

複数の業者を利用している場合、返済日が異なり、返済計画が立てづらいことも多いですよね。

そのため、返済日を統一できれば、返済計画が立てやすく、毎月の家計管理もしやすくなります。

金利が低い場合が多い

また、一般的におまとめローンは、普通のカードローンより金利が低めに設定されています。

おまとめローンは、借入金額が大きいほど、金利が低くなるような設定になっているところもあります。

よって、最終的な返済総額が、複数の業者へ払い続けるよりも少なくなるケースが多いです。


スポンサーリンク

 

3.返済専用ローンが利用できる

メリットばかりではない借り換え

カードローンの借り換え目的は返済金額を圧縮し、返済を早めていくことにあります。

ところが、カードローンの借り換えにより、金利が抑えられ、今までのカードローンより多く借り入れができてしまうことがあるのです。

その結果、借金が減るどころか余計に増えてしまう結果になり、返済と借入を同時に繰り返すという悪循環に陥ります。
このような事態にならないためにお勧めしたいのが、返済専用ローンへの借り換えです。

新たな借金をつくらない

返済専用ローンは、新たな借り入れができず、返済のみを行うローンです。

カードローンの場合だと、限度額目いっぱいの借り入れができるため、借入金額が増えてしまう結果を招くことが多いです。

しかし返済専用ローンは、この新たな借り入れに関しての歯止めができるので、着実に借金を減らすことができます。

返済専用ローンの借り換えにより、金利を抑えることができる可能性もあります。

あとがき

カードローン借り換えの最大のメリットは金利を抑えられることにあります。よって、まずは今借りているカードローンの金利や返済条件などをよく確認することが必要になってきます。この金利や返済条件と比較して、条件のいいカードローンへの借り換えをしなければ意味がありません。カードローンの借り換え目的は返済を楽にしていくことにありますから新たな借り入れが増えてしまうのは、本末転倒です。借り入れの返済金額を圧縮でき、返済期間を早められようなカードローンの借り換えを検討してみてください。以上「カードローンを借り換える3つのメリット」でした。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。