自営業者専用カードローンを選ぶ3つのメリット

自営業や個人事業主は、資金繰りに追われる状況になることがあります。そんな時に自営業者専用カードローンが利用できると大変役に立ちます。自営業者専用向けのカードローンを利用することで得られる3つのメリットについて確認していきます。

スポンサーリンク

自営業者専用カードローンを選ぶ3つのメリット

1.資金の使い途が自由なフリーローンが利用できる

自営業者向けのローンは、フリーローンと事業専用ローンの2つに分けられます。

フリーローンは資金の使い途が自由なローンです。

事業専用ローンは、事業資金にのみ利用が可能なローンです。

ただし、フリーローンであっても原則自由ですが、事業資金は除くという条件つきのものもあるので注意が必要です。

よって、フリーローンでは、事業資金と生計費の両方に利用できるものを選択しておくと良いです。

しかし、基本的には事業資金と生計費は別管理にしておくべきと言えます。

フリーローンで生計費を、事業専用ローンで事業資金は賄うようにしましょう。

そして、どうしても事業資金が事業専用ローンで賄えない場合は、事業資金にも使えるフリーローンでカバーするようにすると良いでしょう。

2.事業専用ローンの審査は通りやすい

フリーローンに自営業者が申し込むを行う場合は、審査が厳しく行われます。

一般の会社員がローンを申し込み際は、一般的に50万円までの借り入れに対しては、収入証明が提出不要とされています。

これに対して、自営業者の場合は借入金額に関係なく、収入証明書類を提出する必要があります。

また、収入証明書類以外にも、事業計画書など他の書類を出す必要があります。

ここで、事業者専用ローンに申し込むと審査が通りやすくなるというメリットがあります。

この事業者専用ローンは、事業者であることを前提に審査が行われます

様々なカードローンの中で、消費者金融カードローンが一番に審査が受けやすいです。

自営業者として、会社員より不利であるという感覚を受けずに、審査を受ける事が出来ます。

ただし、事業専用ローンは一般のローンよりも審査に時間がかかるケースが多いです。

よって、余裕を持って準備を行い、ローンを申し込むを行う必要があります。

カードローンをお考えの方はこちらへ!
▶︎カードローンの審査に通る大切な4つのポイント


スポンサーリンク

 

3.自営業者専用カードローンは総量規制の対象外である

通常のカードローンは、総量規制の対象であり、年収の3分の1を超えての借り入れを行うことができません。

これに対して、自営業者専用カードローンは事業資金目的なので、総量規制の対象外になります。

よって、年収の3分の1を超えて借入れを行うことも可能です。

ただし、事業資金目的なので、審査書類として、事業の内容を示す書類や確定申告書の写しなどを求められます。

しかし、総量規制の対象外のため、自営業者が高額な借り入れを行いたい場合に役に立ちます。

あくまでも、事業資金のみの目的ですが、資金繰りに追われる状況になった場合、自営業者にとっては心強い味方となります。

主婦の味方!銀行系ローン3つの魅力
▶︎家計を担う主婦への味方!銀行系ローン3つの魅力

4.まとめ

自営業者は、会社員と違い、収入が不安定であるという面がカードローンを利用するにあたり、どうしてもネックとなります。

年収が現在1,000万円であるとしても、来年はゼロになる可能性もあります。

年収がゼロになった場合は、銀行のカードローンを利用することもできます。この銀行のカードローンも、自営業者専用カードローンと同じく、総量規制の対象外となります。

いずれのカードローンを利用する場合でも、信用情報の照会はどのカード会社も必ず行います。

よって、今までのカードローン残高やカードローンの返済実績をきちんとしておくべきです。

また、当然のことながら、事業を証明する書類をきちんと管理しておくことも大事です。そうすることで、自営業者であってもカードローンを利用することが可能となります。

カードローン借り換え時の3つの注意点について
▶︎カードローン借り換え時の3つの注意点

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。