新生銀行を選ぶ4つのメリット

shutterstock_247251340済

新生銀行というと、メガバンクや都市銀行のようなイメージもありますが、実際はネットバンクとして存在しており、他行に比べても大変メリットの多いネットバンクになっています。
本記事ではその利便性や運用のしやすさなど総合評価の高い新生銀行について紹介していきます!

スポンサーリンク

1.振り込み手数料の無料条件が多い

新生銀行の場合、総合的に評価が高いということで、どの分野を取り上げてもそこそこのメリットがあり、平均よりもいいということになります。最も気になる振り込み手数料に関していえば、自行間の振り込み手数料は無料になっています。

そして、ポイントは他行間の振り込み手数料です。

月1回から10回まで条件により無料になっています。その後は103円から308円の振り込み手数料です。

新生ステップアッププログラムでプラチナグレードになれば、月10回までが無料になります。
新生ステップアッププログラムは、3段階のグレードに分かれていますが、取引内容により簡単にプラチナグレードになりますので、かなりお得感があります。

2.提携ATMなら制限なしで無料

新生銀行は、ATMをよく利用する現金派の人には、最も使い勝手のよいネットバンクになるでしょう。
大手のコンビニチェーンなら

  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • イーネット

などで入出金手数料が無料さらに、時間外手数料も無料です。

さらに各都市銀行やゆうちょ銀行とも同様に提携していますから、無料で利用することができます。

出張があっても、地方に住んでいても、銀行がないところでも、ほぼ全国で利用できるので、不便な場所に住んでいる人なら絶対に開いておきたいネットバンク口座になります。


スポンサーリンク

 

3.お得な定期預金がたくさんある

新生銀行で最も特徴のある点といえば、種類が豊富で独自商品のそろった定期預金です。

おススメは、オリジナル商品の「2週間満期預金」です。

2週間という超短期の定期預金ですが、利率は0.2%程度と長期の定期預金と変わらないほどの高金利を誇っています。
もちろん、他の預金と同じく元本保証ですし、預金保険の対象です。一時的に運用資金をプールしておくときにも使える大変有利な定期預金で、2週間満期預金の利用者は増加していく一方のようです。

他には仕組預金として、3年固定で最長10年まで満期を延ばすことができる預金があります。年数が延びればそれだけ金利も上がります。仕組外貨預金も用意されていますので、高利回りで安全運用したい人にぴったりです。

4.住宅ローン利用者は自動的にプラチナグレードへ!

新生銀行住宅ローンは、最近住宅を購入する機会があったり、借り換えを検討している人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

それもそのはずで、ネットバンクでも最も魅力ある住宅ローン商品を提供しているからです。

新生銀行の住宅ローン利用で新生ステップアッププログラムの最上級のプラチナグレードに一気に昇格できるので、預金口座と住宅ローンをセットで利用すれば、さらにお得になることには間違いありません。

住宅ローンは金利も低く、保証料や繰り上げ返済手数料も無料で、団信込み、借り換えローンも可能と大変充実した内容になっています。

新生銀行 公式ホームページはこちら

あとがき

ネットバンクでも総合的に評価の高い新生銀行ですが、振り込み手数料の無料回数が取引内容によって10回まで無料と大変有利になります。ATM利用手数料は、制限なしで無料というところが多く、ゆうちょ銀行での利用も無料です。オリジナルの「2週間満期預金」も長期定期預金と同じ利率が魅力です。住宅ローンは業界でも最も魅力ある商品内容になっています。いずれにしても、新生銀行はメリットが多いネットバンクだといっていいでしょう。以上「新生銀行を選ぶ4つの理由」でした。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

masariya

masariya

投資・実物資産・貯金・預金についてレポートしています。 投資は情報戦、皆様が得したと感じてもらえるような情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願い致します。