ジャパンネット銀行を選ぶ5つのメリット

shutterstock_88719484

ジャパンネット銀行はネットバンクの中でももはや老舗ともいっていいほどの歴史があり、ネットキャッシングも充実しています。本記事では日本で初めてのネットバンク、ジャパンネット銀行の特徴やメリットについて説明していきます。

スポンサーリンク

1.振り込み手数料が低めに設定されている

ジャパンネット銀行は、最も歴史の古いネットバンクでその利用者も安定して増加しています。

2012年には口座維持管理手数料が廃止されたことにより、既存の利用者も使いやすくなっており、振り込み手数料は

  • 自行宛てなら54円
  • 他行宛ては3万円未満が172円、3万円以上が270円

となっています。

自行間の振り込みが有料なのは残念ですが、低めに抑えられているといっていいでしょう。他行宛ての振り込みのほうが多いなら、ジャパンネット銀行の振り込み手数料のほうが意外にも安くなることを覚えておきましょう。

2.ATMの利用は3万円以上ならどこでも無料

ジャパネンット銀行ではATMの利用手数料が初回が無料で、その後も3万円以上の入出金であれば無料となっています。

しかも使えるATMがたくさんあり

  • セブン銀行
  • ローソン
  • イーネット
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

などは全て利用可能になっています!

毎月一回だけ必要な現金だけを出金する人なら、全く問題ありません。普段は電子マネーでの決済でも構わないでしょう。


スポンサーリンク

 

3.ネットキャッシングの金利が低い

普通預金金利はメガバンクよりは高くなっていますし、定期預金の金利も他のネットバンクと同じくらいか平均の水準になっています。

ジャパネンット銀行は、どちらかというと便利に使える決済口座として考えたほうがいいかもしれません。

また24時間のリアルタイム送金やネットキャッシングもとっても魅力的です。

ジャパンネット銀行に口座があるなら、審査も速く利用しやくなっています。しかも自動融資機能もついています。金利も2.5%から18%で最高1000万円まで借りることができます。

4.セキュリティも充実、鉄壁の守りとなっている

ジャパンネット銀行は、ネット専業ということもあって、他のネットバンクよりもセキュリティに力を入れています。

トークンを使ったパスワードシステムですから不正利用があった場合でもすぐにストップがかかりますし、もし被害額があったとしても不正利用に対する損失も最高で500万円まで補償する保険に加入しています。

決済口座として使うなら、こうした補償に無料で加入していることで安全にオンラインバンキングを利用できます。

5.モバイルでのセキュリティやワンタイムデビットも魅力

ネットでは、オンラインショッピングを利用することが多くなります。

その場合、クレジットカードを利用するよりもよりセキュリティの高い「ワンタイムデビット」の利用がおススメです。
1回限りのデビットカード番号を発行し不正利用の可能性を少なくしてくれます。オンラインショッピング以外にも外出先のコンビニやお店で使えるのが、JNBVISAデビットカードであり、キャッシュカードにVISAデビット機能がついています。

オンラインでも実際の店舗での利用も両方安全になっています。

ジャパンネット銀行 公式ホームページはこちら

あとがき

ジャパンネット銀行は、ネットバンクの老舗でどちらかといえば、決済サービスの充実やセキュリティに力を入れているネットバンクです。そのため、ネットキャッシングやワンタイムデビットなど決済や便利さ、不正利用に関する補償など安全にオンラインでお金をやり取りしたい人におススメです。以上「ジャパンネット銀行を選ぶ5つの理由」でした。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

masariya

masariya

投資・実物資産・貯金・預金についてレポートしています。 投資は情報戦、皆様が得したと感じてもらえるような情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願い致します。