お金がない!そんな時に行う主婦の行動パターン6つ

お金がないとき、主婦のあなたはどうしていますか?非常に気を付けて頂きたいのが、やはり誰にも相談せず借金をしてしまうこと。ここでは、急にお金が必要になった時の主婦がどのような行動をとっているかをまとめてみました。

続きを読む お金がない!そんな時に行う主婦の行動パターン6つ

簡単に理解できる!中国バブルとはいったい何だったのか

中国バブルが崩壊して世界経済が不安定な状態が続いています。しかし、この中国バブルについてあまり詳しく理解している人は少ないでしょう。ここでは中国バブルの詳細について解説して行きます。

続きを読む 簡単に理解できる!中国バブルとはいったい何だったのか

注目が集まっている電力の自由化

「あなたに合った電力を選べる時代へ。」これは、2016年4月1日から始まる、電気の小売全面自由化のキャッチコピーです。資源エネルギー庁が宣伝する「電力の自由化」とは、いったいどんなことなのでしょうか?

続きを読む 注目が集まっている電力の自由化

オリンピックで受賞されるメダルはどう作成されているのか

オリンピックで1位、2位、3位になれば必ずもらえる金メダル、銀メダル、銅メダル。そのメダルには、細かい作業が丁寧に施されています。ここでは、オリンピックのメダルの作り方について解説して行きます。

続きを読む オリンピックで受賞されるメダルはどう作成されているのか

海外旅行におすすめできる世界の物価の安い国トップ5

海外旅行に行くなら、物価の安い国を選びたいと思っている人は多いでしょう。宿泊費が安く済み、お土産もたくさん買えます。ここでは旅行におすすめの物価の安い国を5ヶ国紹介して行きます。

続きを読む 海外旅行におすすめできる世界の物価の安い国トップ5

オリンピックで得たメダルは売るといくらになるのか

オリンピックでは、1位は金メダル、2位は銀メダル、3位は銅メダルをもらうことが出来ますが、このメダルは一体売るといくらになるのか気になる方がいるでしょう。ここでは、オリンピックのメダルを売った方の例と、もしも売った場合の金額を推察して行きます。

続きを読む オリンピックで得たメダルは売るといくらになるのか

世界で最も物価の安い国トップ5

発展途上国では、物価が安いということが比較的多いです。実際にどの国が物価が安いのか気になる人もいるでしょう。安くて治安が良ければ、海外旅行に最適なことは間違いありませんよね。ここでは、物価の安い国を5ヶ国紹介して行きます。

続きを読む 世界で最も物価の安い国トップ5

海外の物は高すぎる!世界で最も物価の高い国5選

物価が高い国と聞くと、日本や欧米などを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、それ以外の地域でも物価の高い国がかなり多くあります。ここでは、物価の高い国を5ヶ国紹介して行きます。

目次

世界で最も物価の高い国とは

1.アフリカなのに物価が異常?アンゴラ共和国

アフリカ大陸の中央よりやや南部に位置し大西洋に面しているアンゴラ共和国は、世界一物価の高い国だと言われています。

日本人にとってはあまり馴染みが薄く、アンゴラ共和国という国を知らなかったという人も多いでしょう。

長期間内戦をしていた国ですが、2002年にその内戦が終結しました。

原油が採れるため、現在ではかなり裕福な国になっています。

アンゴラ共和国のハンバーガーショップでは、ハンバーガーセットが日本円で約2000円くらいします。

生鮮食料品なども日本人の感覚では非常に高いです。

アフリカの国は物価が安いというイメージを抱いていた人にとってはかなり驚くことでしょう。

詳細はこちらのサイトをご覧ください
▶︎http://matome.naver.jp/odai/2141943241038147601

2.世界一通貨のセキュリティが優れているスイス

スイスはヨーロッパの内陸に位置し、永世中立国として知られています。

スイスで使用されている通貨スイスフランは、日本円と同様に、有事の際に買われやすく、日本円と並んで安全資産として知られています。

スイスで鉄道に乗るときには、スーパーセイバーチケットという格安チケットを使用すると運賃が安く済み、レンタルサイクルを無料で利用することができます。

観光客に優しい国であることでも知られており、物価は高くても海外旅行をするのにおすすめの国です。

日本ほどではありませんが、治安も良い方です。

ヨーロッパを旅行してみたいと考えている人は、ぜひスイスを行き先に選ぶといいでしょう。

スイスに興味ある方におすすめの記事!
▶︎世界最高のセキュリティ、スイス・フランを理解する4つのポイント

3.発展が著しいシンガポール

アジアの国は日本よりも物価が安いというイメージが強い傾向があります。

しかし、シンガポールに至っては物価がかなり高めです。

日本と比べても高く、海外旅行に行ってみると小売店などで売られているものの値段を見てちょっと驚いてしまう人も多いでしょう。

飲食店などのメニューも日本よりも高めで、カジュアルな雰囲気のお店でラーメンが1杯1000円を超えます。

パスタが1400円くらいと、日本よりも3割から4割くらい高いです。

レストランなどに行けばもっと高くなります。

シンガポールは生活費が世界で最も高い国と言われており、食べ物だけでなく日用品なども高めの傾向にあります。

シンガポールに関する注目の記事!
▶︎シンガポールへ旅行する前に知っておきたい4つのポイント

4.食と美の国フランス

凱旋門など観光名所が多いフランスですが、やはりヨーロッパの先進国ということでイメージ通り物価が高いです。

ホテルなどの宿泊料金も高めですが、観光にあまり力を入れていないことから、サービス内容はそれほどよくありません。

交通費や飲食店のメニューも高めであるため、フランスに旅行に行くにはかなりお金がかかります。

それでもオシャレなイメージが強い国であることから、海外旅行の行き先としては高い人気を誇ります。

一度は行っておきたい国です。

海外旅行をお考えの方におすすめの記事!
▶︎円を外貨に、外貨を円に両替したい時におすすめする場所4つ

5.紳士の国イギリス

イギリスもフランスと並んで日本人観光客に人気のある国です。

ロンドン市内では物価は高めですが、郊外には比較的安い飲食店もあります。

サンドイッチやファーストフードが安いですが、日本のファーストフードとは異なる味を楽しむことができます。

公共のミュージアムなどは無料で見て回ることができるため、フランスの観光地を回るよりは低予算で済む場合が多いです。

世界の紙幣に関する注目の記事!
▶︎世界に広がる最も価値のある紙幣 トップ5

まとめ

フランスとイギリスの他にも、西ヨーロッパの国は軒並み物価が高めです。

また、福祉が充実している北ヨーロッパの国、スウェーデェンやノルウェーに関しても非常に物価が高いです。

アジア圏でも決してシンガポールだけではなく、オーストラリアやニュージーランドも物価は非常に高いです。

それは、雨があまり降らないといった環境や、人口の少なさ、そして治安の良さなどが影響しています。

物価の高い国に旅行に行く際には、予算が多く必要になりますが、物価の安い国と比べて治安がよく衛生面でも安心できます。

どれだけ持っている?夫婦が持っている貯金額

貯金したいけど中々できない。しかし、子供の養育費や家のローン、家族旅行や老後の資金準備のために、貯金をしたい方がほとんどでしょう。では、世間の方々はどのくらい貯金を持っているのかお答えしましょう。

続きを読む どれだけ持っている?夫婦が持っている貯金額

専業主婦がすべきおすすめの電気代節約のための知識 5つ

電気代を節約したいけど、電気をこまめに消すことぐらいしかわからない方が非常に多いです。電気代を減らそうとすることは節約を始める良い機会。兼業主婦に比べ、家にいる時間の長い専業主婦が、電気代を安くするコツをまとめました。

続きを読む 専業主婦がすべきおすすめの電気代節約のための知識 5つ