水素エネルギーは今後どうなっていくのか

将来の電気に代わるものとして期待されている燃料電池ですが、その中でも水素エネルギーには大きな期待を寄せています。各メーカーにおいても、近い将来、未来の青写真は描けているものの、今のところ、水素エネルギーを使った実用的な燃料電池や自動車など普及するには至っていません。水素エネルギーの秘めた可能性についていろいろな視点から探っていきましょう。

続きを読む 水素エネルギーは今後どうなっていくのか

急な相続で大変なことになった3のケース

相続とは「3年後」、「10年後」に起こるなどと計画性のあるものではありません。人はいつか死を迎えますが、それは不意に起こる事の方が多いのです。つまり、相続は不意に起こることです。本記事では、急な相続の例をあげて紹介します。

続きを読む 急な相続で大変なことになった3のケース

ドイツが財政再建できた4つの理由

世界主要国の中で最も国債の格付けが高いとされるのがドイツです。もちろん、トリプルAの格付けですから、日本よりもはるかに債務履行能力があると考えてください。しかし、そのドイツであっても46年近く赤字国債を発行し続けてきました。

そして、緊縮財政を取ることにより、財政健全化を推し進めてきたおかげで、赤字国債発行もゼロとなったのです。日本とドイツでは借金の面では大きな差があります。そこで、ドイツから学べることがあるのか見ていきます。

続きを読む ドイツが財政再建できた4つの理由

注目!スイスフランが急騰した際にみる5つのチェックポイント

日本でも取引量が大きくなってきているスイスフランですが、その相場がどのような要因に影響を受けるのかは以外と知られていません。今回はスイスフランが急騰したときにみるべき5つのポイントについて解説します。

続きを読む 注目!スイスフランが急騰した際にみる5つのチェックポイント

水素エネルギーに課せられた4つの問題

水素エネルギーは、太陽光発電や風力発電ほどメジャーではなく、どちらかというとこれらのエネルギーよりもマイナーな存在として認識されています。これもまだ、水素エネルギーを利用した燃料電池などが、一般に普及するには時間がかかると言えるからです。

つまり、実用化にはさまざまなハードルがあって、いくつか解決しなければならない課題もあるようです。そこで、水素エネルギーがもっと身近になるには、どのような問題を解決すればいいのか、4つに絞って考えていきましょう。

続きを読む 水素エネルギーに課せられた4つの問題

リオ五輪開催 ブラジルの国民性を理解する4つのポイント

2016年夏、南米で初めて夏季のオリンピック、ブラジル・リオデジャネイロ五輪が開催されます。これからさらに、注目を集めるブラジルですが、一体どんな国民性を持っているのかまとめました。

続きを読む リオ五輪開催 ブラジルの国民性を理解する4つのポイント

今!注目されている再生可能エネルギー5選

電力や電池などのエネルギーが人々の生活を豊かにしてきたことは事実です。しかし、石油や石炭、天然ガスといった天然自然の化石燃料を多く使用し、消費していることや、9割以上を国外からの輸入に頼っている日本では、化石燃料に代わる再生可能エネルギーに早急に切り替えて行く必要があります。

再生可能エネルギーには、太陽光や風力、地熱、バイオマスなどといった自然界のエネルギーを利用して発電や給油、冷暖房、輸送といった需要に応えているといっていいでしょう。

続きを読む 今!注目されている再生可能エネルギー5選

水素エネルギーが注目される4つのわけ

原子力発電所の事故が現実のものとなり、今後も安全性に疑問が残ります。一方で石油、石炭などの化石燃料はその原料の全てを輸入に頼っている現在、今までのエネルギーに代わる新しいエネルギーを研究・開発する必要が出ています。

そこで注目されているのが、クリーンで製造コストも安く、いろいろな原料から作ることができる水素エネルギーです。水素エネルギーが注目されている理由をいくつか見ていきましょう。

続きを読む 水素エネルギーが注目される4つのわけ

実用化されている水素エネルギーの技術5選

実用化されている水素エネルギー技術をいくつかご紹介します。日本は意外にも水素エネルギーの技術がたくさんあります。これは,
言わば資産ともいうべきものです。

技術資産を活かすことで、今後の日本のエネルギー問題に近づきます。ただ、まだ普及しているとはいえず、実用化された技術をさらに応用し効率のよいエネルギー供給を目指すべきです。

続きを読む 実用化されている水素エネルギーの技術5選