クレジットカードの審査が通らない理由。どのくらい期間を開ければ良い?

クレジットカードの審査が通らない理由を記載していきます。

これからクレジットカードの審査を申し込む予定の人や、なかなか審査が通らなくて悩んでいる人は是非参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

クレジットカード審査が通らない理由

1、属性(年収、雇用形態、借金の有無)に問題がある

カード申し込み者の属性に問題がある場合、カードの審査に落とされるケースが多いです。

この属性というのは、申込者の年収や勤務先、雇用形態や借金の有無などのことを言います。

この属性が悪いと、言い換えると年収が低かったり借金があったりすると、借りたお金の返済能力に疑問符がつくことになり、審査に落とされることが多くなります。

属性が悪いと必ずカードの審査に落ちるとは限りませんが、悪ければ悪いほど、審査で不利になることは確かです。

ちなみに、この属性の中にも重要視される属性とそうでない属性があります。

年収、雇用形態、借金の有無は重要視されますが、それ以外の属性は、そこまで重要視されません。

(もちろん、勤務先や持ち家の有無などの要素もそれなりに審査に影響してきますが、年収や雇用形態ほど重要ではありません)

なので、カード審査に通りたいなら、せめて借金だけは整理してから申込みをした方がいいでしょう。

2、クレジットヒストリー(クレヒス)がない

クレジットヒストリー(クレヒス)とは、クレジットカードの使用履歴のことです。

どこのカード会社も、カードを発行する時、このクレヒスを参考にしてカードを発行するかどうかを決めます。

なので、よいクレヒスを積んでいる人ほど、カードが発行されやすくなるのですが、たまに、このクレヒスがない人がカードを申し込んでくる場合があります。

クレヒスがないと、カード会社はこの人がちゃんとお金を返してくれる人なのか、判断することが難しくなります。

しかも、クレヒスがないということは、昔金融事故を起こした可能性があるということなので、

(債務整理をした後しばらく放置すると、事故情報もクレヒスもなくなります。)

なおさらカード会社はカードを出しにくくなります。

クレヒスがなくても、気にせずカードを発行してくれるカード会社もありますが、審査が厳しい会社の場合、クレヒスがないだけで審査に落とされることもあります。

それだけの理由で審査に落とされることがなくても、属性など他の情報がカード発行ラインぎりぎりの場合、合わせ技1本(総合的評価)で審査に落とされるので、クレヒスがない場合、まずは審査の緩いカード会社にカードを申し込み、クレヒスを積むところから始めましょう。


スポンサーリンク

 

3、そもそもカード会社の想定している顧客ではない

 

カード会社の発行しているカードには、想定している顧客層というものがあります。

例えば、お固い銀行系カードや、ゴールド、プラチナなど格の高いカードは、公務員や会社経営者、医者などのエリートを顧客層に想定しています。

そういうカードに、それ以外の層(例えば自営業者)が申し込むと、かなりの確率で審査落ちします。

もちろん、副業でものすごく稼いでいる派遣社員や、年収3000万の自営業者なら、これらの審査に通ってカードを持つことができるかもしれませんが、基本的には、カード会社が想定している顧客層からはずれた人が審査に申し込んでも、あまりいいことはありません。

なので、カード発行をしてもらいたいなら、そのカードに申し込みをする前に、そのカードの顧客層がどういうものなのか、どういう人がそのカードを持っているのか、そういった情報をネット上で調べてから、申込をすることをお勧めします。

 

4、昔金融事故を起こしたことがある

 

昔自己破産をしたことがある、何度か借金の返済が滞ったことがある、

こういう経歴を持つ人がカード申し込みをすると、ほぼ確実に落とされます。

(正確に言えば、その情報が信用情報機関に記録されている場合、ほぼ確実に落とされるということです)

なぜこういう経歴の人が審査に落とされるか、その理由は単純です。一度事故を起こした人はまた事故を起こすかもしれない、そうカード会社に思われてしまうからです。

なので、一度金融事故を起こしたことのある人がカードに申し込みをするなら、信用情報機関に載せられている事故情報が消えた後で、申し込みをするとよいでしょう。

ちなみに、債務整理などをせずに返済を現在進行形で延滞している人は、その返済をなんとかしない限り、未来永劫事故情報が消えることがありませんので、その返済を処理してから、改めてカードを申し込むとよいでしょう。

 

5、あまりにも大量にカードを持っている

基本的に、カード会社は申込者にカードを使ってもらうためにカードを発行します。なので、申込者がすでに10枚、20枚カードを持っていた場合、

「こんなにカードを持っているのなら、うちのカードを使うこともないだろう」

と判断され、審査に落とされることがあります。なので、カードをたくさん持っている人は、使わないカードを解約してから申込みしましょう。

 

 

1度クレジットカード審査に落ちた人は、どのくらいの期間を開ければ良い?

 

1度カードの審査に落ちた人が、再度カードの申し込みをする場合、だいたい半年ほどの間隔を空けてから、申込をするとよいです。

なぜ半年ほど間隔を空けないといけないのかというと、それは、カード申し込みの履歴が半年間、信用情報機関に登録されてしまうからです。

何度もカードに申し込みをしていることがカード会社にばれてしまうと、「この人はお金に困っているから、何度もカードを申し込んでいるのではないか」と邪推され、審査に悪影響を与える恐れがあるので、連続でカードを申し込むことはお勧めできません。

なので、カードの審査に落とされたら、その申し込み履歴が消去される半年後に再度申し込みをするとよいです。

 

参考記事

クレジットカードのブラックリストについて理解する7つのポイント

クレジットカードが使えない!10の主な原因とその対処法

クレジットカードをなくした場合の対処5ステップ