viewカードをフル活用してポイントを貯める6つの方法

IMG_0241済

通勤や出張、通学にお出かけに、日本全国の鉄道各社の中でも特に利用者数が多いJR線。そんなJRのカードViewカードは、Suica機能も併せ持つクレジットカードです。そんな今人気のViewカードのポイント、ビューサンクスポイントの効率的な貯め方を紹介していきます!

スポンサーリンク

1.オートチャージで貯める!

チャージ金額不足により、自動改札で足止めされてしまった経験を持つ人の数は少なくないはず。

オートチャージ機能を持つViewカードなら、いつでも改札をスイスイ通過。オートチャージの利用は無料で適用範囲は、首都圏、仙台・新潟のSuicaのエリアのほか、首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリアでもオートチャージとなります。

オートチャージ機能は、改札入場時にSuicaをタッチしたとき、残額が設定した金額を下回っていた場合、自動的に設定金額までチャージ(入金)。なおかつ、通常利用時の3倍のポイントが加算されます。

また、「Suicaリンク」を設定すれば、今持っているSuisaをそのまま利用することが可能になります。

2.定期券利用で貯める!

クレジットカード機能を持ったViewカード。

定期券と一緒になることでもっと便利に使うことができます。例えば、JR線と他社路線にまたがった定期券や、一部のバス会社の定期券とを1枚にまとめることが可能。JR東日本の駅の多機能券売機で、定期券情報の書き込みをすると利用が可能になります。

また、JR東日本のみどりの窓口や券売機で購入した場合、ポイントが3倍加算されます。つまり1,000円の利用で6ポイント(15円相当)のポイントが付与されます。

Suicaとの一体型となる「ビューカードは」だ定期券で入場して区間外へ乗り越した場合も、改札機にタッチするだけで自動的にSuicaで精算が可能。降車時に精算する手間を省くことが可能です。


スポンサーリンク

 

3.ETC利用で貯める!

また、高速料金の料金所をノンストップで通過できる「ビューETCカード」を利用した場合、高速道路料金でもポイントを貯めることができます。

JRの提供するサービスwebサイト「えきねっと」にViewカードを登録しておけば、「えきねっとポイント」のポイントも貯めることができ、なおかつ「ビューサンクスポイント」への交換も可能です。

4.特約店で貯める!

基本は公共料金や買い物・食事の支払い時の利用。1,000円につき2ポイント(5円相当)のポイントが加算されます。

特約店での利用については通常のポイントに加えてさらに加算され、中でもENEOS店舗の利用では、通常の2倍、1,000円につき4ポイントが加算されます。その他の店舗でも期間限定のポイントアップキャンペーンが随時実施されています。

5.ボーナスポイントで貯める!

4月~翌年3月作成のご利用代金明細書の利用累計が対象となる、ボーナスポイントも存在しています。

年間利用額が

  • 30万円で100ポイント
  • 70万円で400ポイント
  • 100万円で600ポイント
  • 150万円で1,000ポイント

と通常のビューサンクスポイントに加え、それぞれボーナスポイントとして付与されます。

6.ポイントを使う!

駅でも街でもおトクにポイントを貯められるViewカード。さてその使い道はというと、もちろん多彩に用意されています。

まずは、Suica(電子マネー)への交換。Suicaなら、通勤途中の電車や駅ナカ、自販機はもちろん、コンビニでも使えてとっても便利。普段の生活で使うことが可能です。

また、気になる還元率はというと、1ポイントについて2.5円相当のSuica(電子マネー)に交換が可能。そして、JR東日本のみどりの窓口や券売機で定期券を購入した場合やオートチャージの際はポイントが3倍。つまり1,000円あたり6ポイント=Suica交換で15円相当となり、ポイント還元率は実質1.5%となり一層おトク。

交換可能なポイントとしては、りそな銀行の取引で貯められる「りそなポイント」も、「ビューサンクスポイント」への交換が可能です。

そのほか

  • びゅう商品券
  • ルミネ商品券
  • クーポンやグリーン車の乗車券
  • Suicaペンギングッズ

などとの交換も可能です。

2015年2月以前に獲得されたポイントの場合、ポイントは獲得された年度の翌年1月末まで有効です。また、2015年3月以降に獲得されたポイントの場合は、獲得された月から24ヶ月後の月末まで有効となっています。

Viewカード 公式ホームページはこちら

あとがき

日常生活と切っても切れない通勤や通学シーンでの活用度はもちろん、ライフスタイルに合わせたお得なカードも用意されているのがViewカード。払いっぱなしではもったいない交通費へのポイント付与はもちろん、自分に合ったカード選びをすることにより、もっとおトクな利用も可能です。JR線を利用している場合には、まず検討に入れて間違いがないカードです。

投稿者:

ahty

ahty

クレジットカード、税金についてレポートしています。趣味は読書と料理、豊富な経験で皆様のお役に立てるように頑張ります!