学生のクレジットカードは何枚まで作るべきか

学生がクレジットカードを持つ場合に、何枚まで作るべきなのか、またはクレジットカードをたくさん作った時のリスクやデメリットを紹介しています。

スポンサーリンク

学生のクレジットカードは何枚まで持つのが許容範囲?

個人の収入に比例させるべき!

学生は収入がないか、あっても多くはないために使える金額は少ないです。クレジットカードも最終的にはお金を支払う必要があるので、その人の収入からいって払えない使い方はすべきではありません。

クレジットカードは後払いであるために、好き勝手にモノが手に入るという性質はあるものの、支払いのことをきちんと考えて使っていくべきということになるのでしょう。

ただ、どうしても問題なのは”クレジットカードは作ろうと思えばいくらでも作ることができる”という事情です。学生といえども、10枚以上作るのは理論上は可能です。

限度額が少ないために、複数枚持ちたいという欲望を持つ人も少なくないと思われますが、これは危険ですよね。個人の収入を大幅に超えたお金の使い方ができてしまうというのは、後々トラブルの元になりかねないからです。

初めてクレジットカードを作る方はこちら
▶︎初めてのクレジットカード作りで気にして欲しい4つのポイント

盗難や詐欺にあったときに困る

クレジットカードは当然財布に入れていて落とす可能性もありますし、詐欺に利用されるケースもありますから、常にリスクがあるものと思った方が良いでしょう。

持ち歩く場合にはそういった事態を防がなければなりませんが、完全に防げるとは限りません。そのときに持っている枚数が多いと、それだけ被害額も大きくなりやすいので、万が一のことを考えると、やはり少ない方が良いということになります。

財布に何枚も入れていると、カードを入れるスペースがいっぱいになりやすいですし、分厚くなって、重くなって不便でもありますから、やはり少ない方が良いでしょう。

クレカに迷っている方におすすめ
▶︎迷ったらこれ!定番のクレジットカード4選


スポンサーリンク

 

年会費ばかりかかってしまってしょうがない

クレジットカードは基本的に年会費等の費用が発生します。クレジットカードの枚数が多いと、それだけ毎年かかる費用が多くなってしまうということになります。

学生のクレジットカードの場合は、年会費がかからないというタイプのものも少なくありませんが、全てがそういうわけではないので、複数枚作る際には是非気をつけてほしいと思います。あまり多く作っても、使わないカードがだいたい出てくるパターンも多いです。

その場合、利用を全くしないのに、年会費だけかかっているという非常にもったいないことも起きかねませんので、少なくとも年会費がかかるタイプのクレジットカードを作りすぎるのは、金銭的にも損失が大きいのです。

クレジットカードにいくら使ったのかわからなくなる

クレジットカードを複数枚持つと、どれにいくら使ったか?分かりづらくなりますね。

そして、トータルでいくら使ったかのかも分かりづらくなり、お金の管理が杜撰になりやすいです。結果、考えもしなかった金額を使っていて、支払いができなくなるという事態にもなりかねません。

自分でそういう管理ができる人、逐一何にいくら使ったとか、どのカードで使ったということをチェックできている人は、ある程度多くクレジットカードを持っていても、問題ないかもしれませんが、たいていの人はそういうの面倒ですよね。

だから、やらない人が多いですし、結果管理が行き届かなくて、思った以上に使ってしまっている、ということになりかねませんから、やはり適性枚数を越えてクレジットカードを持つのはあまり良くないと思います。

学生はクレジットカードは3枚がおすすめ!

基本的にはバイト等で得られる収入は月に5〜10万円くらいではないでしょうか?

ほとんど学生の収入は月に10万円以下になると思いますので、収入面と上記で紹介してきたポイントを合わせると、多くても3枚くらいが丁度良いでしょう。少ない分には別に良いと思うのですが、多くても3枚くらいにしておくのが利用に際しても失敗が少なくなります。

所持枚数が多ければ多いほど、たくさんのものは買えるが、支払いはしないといけないので、実質買える金額は枚数によって変わらないと考えるのが自然ですし、あとは手間などが増えるだけなのです。

したがって、多くの枚数を持つメリットは学生の間はそんなにないと思われますので、3枚以内に抑えておくのがベストで、特にトラブルが起きづらい枚数とも言えると思います。

まとめ

学生の間は、基本バイトで稼ぐお金が主に使えるお金であり、使えるお金も限られてきます。

多くのクレジットカードを持つ必要はありません。1枚、または2枚程度に抑え、自分の予算に見合った使い方をしましょう。

もしも、今多くのカードを所持している学生は、クレジットカードを解約し、枚数を減らすことをオススメします。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。