学生のクレジットカードの利用限度額はいくら?

学生がクレジットカードを持つケースというのは別に珍しくない時代になりましたが、
学生の場合はそこまで多くの金額は扱えませんが、だいたい限度額はいくらになっているのでしょうか?

スポンサーリンク

学生はクレジットカードでいくらまで使う?

1、学生のクレジットカード限度額は10万円が一般的

どの会社のクレジットカードでも、だいたい限度額は10万円になっていることが多いです。

これは当然収入がない、または少ないので大きく認めてしまうと、支払いにあったてトラブルが起きやすいからです。

学生は学生の収入に見合った金額を使ってほしいという気持ちの表れなのでしょう。学生の場合、10万円で足りないケースというのは、そうはないと思われます。

毎月10万円あれば、大学生が必要になる出費はだいたい賄えるでしょうから。
10万円という限度額は、大学生という身分を考慮してもだいたい整合性がとれているのではないでしょうか?

2、そもそも10万円を越える出費があるということが問題?

実際、10万円を越える出費があるケースが全くないとは言えないですけど、

例えば、バイトをしている人でも月に10万円以上を稼ぐ人って少数派ではないでしょうか?

よほど時給の良いバイトをしていて、かつ出勤日数や労働時間が長いケース以外では、

月に10万円を稼ぐのは非常に難しいですし、そういう人は少数派に分類されるでしょう。

つまり、個人の毎月の収入を越えて出費をするとしたら、それはやはり問題行為になってしまうでしょう。

収入に見合ったお金の使い方をするのがベストだと思いますから、10万円を越える金額の出費自体が本来不自然なのです。

よくクレジットカードを使う方はこちら
▶︎クレジットカードで注意してほしい5つの性格!

3、学生のクレジットカードの限度額を上げることは一般的には不可能

とはいっても、たまに10万円では足りないと思われるケースはあります。

収入に見合ったお金の使い方をすべきなのはその通りですが、そうはいってもどうしてもお金が必要というケースもあります。

例えば、高い楽器を買いたいとか、海外旅行に行きたいとか、そういう需要は大学生でもあると思います。

その場合に、クレジットカードの限度額が10万円だととても足りないケースもあります。

基本的に学生のクレジットカードは限度額を上げるのはほぼ不可能とされています。

社会人などが持っている場合では、限度額を上げることは、可能といえば可能です。

ただ、収入面を考慮されている学生は、限度額を上げてもらうことは、信用を得ていたとしても厳しいです。

クレジットカードで得したい方はこちら
▶︎クレジットカードでポイントを貯めるやり方!


スポンサーリンク

 

4、学生でも限度額を引き上げてもらうことは可能なケース

限度額は基本的に学生のクレジットカード利用のケースでは厳しいと思われます。

ただ、どうしても必要なときだけ臨時で引き上げてもらうことは不可能ではなさいとされています。

限度額を恒常的に維持するような引き上げは厳しいですが、一時的な引き上げに終始する場合には可能なケースも存在するのです。

それを希望するには、カード会社に直接問い合わせをして、事情を話してみる。そうすると、場合によっては一時的に限度額を上げてくれるケースもあります。

だから、可能性が0ではないので、やってみる価値はあると思います。

5、一時的な引き上げは何度も利用するのは厳しい

これは本当に裏技みたいなものですから、特別に認められることはあるかもしれないです。

ただ、それが何度も利用できるとは思わない方が良いです。そもそも、何度も一時的に引き上げていたら、もはや一時的ではないですから。

これは特別措置なので、1回きりというケースもあるでしょうし、本当にたまに認められることと認識しましょう。

限度額を超えて利用したいという気持ちは分かりますが、それを何度もやっていると、さすがに学生のお金の使い方として問題があります。

・まとめ

学生のクレジットカードの限度額は基本決められています。確かに一時的に引き上げてもらえる場合がありますが、そこでクレジットカードを使いすぎてはいけません。

限度額は10万円が一般的です。学生のうちは自分の予算に見合った使い方をするのがベストです。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。